無線LAN電波状況解析ツール「Wi-Spy」がMetaGeekから!

アキバ総研 | 2009年12月25日 22:45

無線LANの電波が解析できるMetaGeek製USBアダプタとソフトウェアのセット「Wi-Spy」が発売された。


「Wi-Spy」は、無線LANの電波状況をグラフィカルに表示するスペクトラムアナライザー。製品は、アンテナの付いたUSB接続のアダプタ「Wi-Spy 2.4X」と、無線LANの電波状況を解析するソフト「Chanalyzer」のセットで、アダプタが受信した電波を付属ソフトで表示・分析できるというもの。具体的には、電波の分布や密度、規則性のパターンなどが確認できるとしている。

20091225224500.jpg akiba20091225__619.jpg akiba20091225__616.jpg


付属ソフトの「Chanalyzer」は、長時間の電波状況のログをとる「データロギング」に対応するほか、電波のリアルタイムのグラフィカル表示にも対応。ワイヤレス環境でありがちな家電製品(電子レンジ、家庭内ワイヤレス電話など)との干渉問題を、事前に防ぐこともできるという。

無線LANの対応電波はIEEE802.11g/bで、動作OSはWindows Vista/XP/2000。

価格は、パソコンハウス東映で44,800円。


  • 無線LAN電波状況解析ツール「Wi-Spy」がMetaGeekから!

  • 無線LAN電波状況解析ツール「Wi-Spy」がMetaGeekから!

  • 無線LAN電波状況解析ツール「Wi-Spy」がMetaGeekから!