“究極”を越える“至高”の容量1,200WATX電源「XP-1200W」が恵安から

アキバ総研 | 2007年03月22日 18:06

ATX電源としては最大となる容量1,200WATX電源「XP-1200W」が恵安から登場した。

「XP-1200W」は、昨年末に登場した同社製「XP-1100W」の上位モデルにあたる製品で、電源容量が1100Wから1200W(ピーク時は1200Wから1400W)にアップしているのが特徴だ。増えた容量は12Vラインに割り当てられており、「XP-1100W」の6系統/合計972Wから1,032Wとなっている。

また、今後発売予定のATI製物理演算用カード「ATI Physics Graphics Card」に対応する電源ケーブルや、PCの電源がオフの状態でもUSB機器の充電が可能な「Power USBケーブル」が同梱される点も大きな魅力だろう。

 主な仕様だが、サイズは150(幅)×175(奥行き)×86(高さ)。容量は1,200W(ピーク時1,400W)。搭載ファンは12cmファン×1。 コネクタ部は標準搭載のATXメイン24ピン(20ピン+4ピン)×1、ATX12V 8ピン(4ピン+4ピン)×1、PCI Express 8ピン(6ピン+2ピン)、シリアルATA×4、 ファン用4ピン(大4ピン)×1、ファン用4ピン(小4ピン)×2、Power USBケーブル×1、ATI Physics Graphics Card用ケーブル×1のほか、着脱式のプラグインケーブルとしてPCI Express 8ピン(6ピン+2ピン)×2、 HDD用4ピン×3、FDD用4ピン×2、PCI Express 8ピン(6ピン+2ピン)×2、シリアルATA(4コネクタ)×2、シリアルATA→HDD用4ピン変換コネクタ×2が付属する。

 各ショップでの販売価格は以下の通り。

ショップ名
価格
高速電脳 4,9800円
ツクモeX. 4,9800円
BLESS 秋葉原本店 4,9800円

20070322newpro_powrer_xp-1200_01.jpg 20070322newpro_powrer_xp-1200_02.jpg 20070322newpro_powrer_xp-1200_03.jpg

パッケージ

外観デザインは前モデル「XP-1100W」と同様

増加した容量はすべて12Vラインに割り振られている

20070322newpro_powrer_xp-1200_04.jpg 20070322newpro_powrer_xp-1200_05.jpg 20070322newpro_powrer_xp-1200_06.jpg

一般的な電源ケーブルに加えて、「Power USB」ケーブルや「ATI Physics Graphics Card」用ケーブルが付属

販促POP

“究極”の「XP-1100W」と“至高”の「XP-1200W」の「美味しんぼ」対決は、価格/容量ともに“至高”の勝利?


【関連記事】
容量1,100Wの大容量ATX電源「XP-1100W」が恵安から登場!(2007年12月28日)

【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ-電源ユニット
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
恵安
「XP-1200W」製品紹介ページ

【取材協力ショップ】:BLESS 秋葉原本店&ツクモeX.

  • “究極”を越える“至高”の容量1,200WATX電源「XP-1200W」が恵安から

  • “究極”を越える“至高”の容量1,200WATX電源「XP-1200W」が恵安から

  • “究極”を越える“至高”の容量1,200WATX電源「XP-1200W」が恵安から

  • “究極”を越える“至高”の容量1,200WATX電源「XP-1200W」が恵安から

  • “究極”を越える“至高”の容量1,200WATX電源「XP-1200W」が恵安から

  • “究極”を越える“至高”の容量1,200WATX電源「XP-1200W」が恵安から