スリムデスクトップ型のインテル製NASキットが登場! HDD4台搭載可能

アキバ総研 | 2009年11月27日 18:00

Intel製のNASキット「Entry Storage System SS4200-E」が新発売となった。


「Entry Storage System SS4200-E」は、Mini-ITXマザーよりも一回り大きいマザーボードを搭載したNASキット。NASキットとしては珍しいPC風(Intel Architectureベース)の構成を採用しているのが特徴で、CPUに「Celeron M 420(1.6GHz)」、チップセットに「945GZ+ICH7R」、メモリにDDR2 512MBを搭載している。

筐体は、スリム型デスクトップのようなデザインで、サイズは406(幅)×122(高さ)×336(奥行き)mmと、NASキットとしては大きめ。HDDは最大4台取り付け可能で、最大容量は4TB(1TB×4台)。内蔵したHDDはRAID 1/0+1/5も構築可能となっている。

ソフトウェアには、EMC社「lifeline」らしきOSが採用されており、ファイルサーバーや各種マルチメディアサーバ(DLNA)機能を搭載。また、各種設定はウェブブラウザから操作可能で、画面表示は日本語にも対応している。そのほか、マイクロソフト社の家庭用サーバーソフト「Windows Home Server」のインストールが可能な点もポイントだろう(同製品のウェブページには、インストール方法が紹介されている)。

20091127180000.jpg akiba20091126__280.jpg akiba20091126__297.jpg
akiba20091126__285.jpg akiba20091126__286.jpg akiba20091126__290.jpg
akiba20091126__299.jpg akiba20091126__304.jpg akiba20091126__296.jpg


主な仕様が、PCI Express x1×1(Debug Port※詳細不明)、ギガビットLAN(Intel 82573E)、eSATA×2(リア)、USB×4(フロント×2/リア×2)。搭載ファンは70mm角×2(厚さ15mm)で、電源は容量250W。フロントには、HDDアクセス用LEDやLAN用のLEDなども搭載されている。なお、IDE接続のPQI製DOM(Disk On Module)にOS/Firmwareなどがインストールされていると見られる。

ディスプレイ用端子などは非搭載となっているが、USB接続のモニタを使用すれば、Intel ArchitectureベースのSOHO/ホームサーバが手軽に構築可能だ。

価格は、パソコンハウス東映で29,800円。


  • スリムデスクトップ型のインテル製NASキットが登場! HDD4台搭載可能

  • スリムデスクトップ型のインテル製NASキットが登場! HDD4台搭載可能

  • スリムデスクトップ型のインテル製NASキットが登場! HDD4台搭載可能

  • スリムデスクトップ型のインテル製NASキットが登場! HDD4台搭載可能

  • スリムデスクトップ型のインテル製NASキットが登場! HDD4台搭載可能

  • スリムデスクトップ型のインテル製NASキットが登場! HDD4台搭載可能

  • スリムデスクトップ型のインテル製NASキットが登場! HDD4台搭載可能

  • スリムデスクトップ型のインテル製NASキットが登場! HDD4台搭載可能

  • スリムデスクトップ型のインテル製NASキットが登場! HDD4台搭載可能