「Athlon 64 X2」シリーズの最廉価モデル「Athlon 64 X2 3600+」に、2次キャッシュ容量512KB×2モデルが登場

アキバ総研 | 2007年03月17日 21:30

P1310496.jpg 「Athlon 64 X2」シリーズの最廉価モデル「Athlon 64 X2 3600+」に、2次キャッシュ容量512KB×2モデルが登場した。

2次キャッシュ容量512KB×2版「Athlon 64 X2 3600+」は、昨年8月に登場した2次キャッシュ容量256KB×2版「Athlon 64 X2 3600+」の2次キャッシュを倍増した代わりに動作クロックを100MHz低い1.9GHzにした製品だ。また、製造プロセスが90nm SOIから65nm SOIにシュリンクされているが、TDPは従来モデルと同じ65Wとなっている。

主な仕様だが、CPUソケットはSocket AM2。動作クロックが1.9GHz。2次キャッシュ容量は512KB×2。TDPが65Wで最大動作電圧は1.35V。OPNはADO3600IAA5DDとなっている。

価格は「ツクモeX.」で11,980円。

P1310503.jpg P1310505.jpg P1310506.jpg




【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ-CPU
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
AMD
「Athlon 64 X2 3600+」製品紹介ページ

【取材協力ショップ】:ツクモeX.

  • 「Athlon 64 X2」シリーズの最廉価モデル「Athlon 64 X2 3600+」に、2次キャッシュ容量512KB×2モデルが登場

  • 「Athlon 64 X2」シリーズの最廉価モデル「Athlon 64 X2 3600+」に、2次キャッシュ容量512KB×2モデルが登場

  • 「Athlon 64 X2」シリーズの最廉価モデル「Athlon 64 X2 3600+」に、2次キャッシュ容量512KB×2モデルが登場

  • 「Athlon 64 X2」シリーズの最廉価モデル「Athlon 64 X2 3600+」に、2次キャッシュ容量512KB×2モデルが登場