サイズ製の80PLUS GOLD電源「Energia」が発売! 1000Wで3万円切り

アキバ総研 | 2009年09月17日 22:45

サイズからATX電源の新シリーズ「Energia」が登場。容量800Wの「ENERGIA-800P」と1000Wの「ENERGIA-1000P」の2モデルが発売となった。


「Energia」は、80PLUS GOLD認証を取得したハイエンド向けの電源ユニット。高出力/高効率をうたいながらも、両モデルとも30,000円切りの実売価格を実現しており、コストパフォーマンスに優れた製品となっている。

本体には、大口径の135mm角ファンを1基搭載し、ケーブルは着脱可能なプラグインケーブルを採用。ビデオカードで利用する+12Vは、いずれのモデルも1系統となっており、1000Wが75A、850Wモデルは64Aの高出力に対応する。また、回路の1次側はオール日本製105℃コンデンサを搭載。各種保護回路に過電流保護/OCP、過電圧保護/OVP、過負荷保護/OLP、ショート防止回路/SCPなどを搭載する。

20090917224500.jpg akiba20090911__403.jpg akiba20090911__405.jpg
akiba20090917__929.jpg akiba20090917__926.jpg

各モデルの共通コネクタは、ATXメイン 20+4ピン×1、EPS12V 8ピン×1、ペリフェラル 4ピン×6、FDD×2。このほか、ATX12V 4+4ピン×1(1000Wのみ)、ATX12V 4ピン×1(850Wのみ)、PCI Express 6+2ピン×3/2(1000W/850W)、PCI Express 6ピン×3/2(1000W/850W)、SATA×9/6(1000W/850W)。

本体サイズはいずれも150(幅)×165(奥行き)×86(高さ)mm、重量は1000Wモデルが2.5kg、850Wモデルが2.44kgとなっている。

価格は、800Wモデル「NERGIA-800P」がTWOTOP秋葉原本店で23,780円、BLESS秋葉原本店で24,480円、クレバリー1号店で24,775円、パソコンショップ アークで24,790円、T-ZONE PC DIY SHOPで24,800円。

1000Wモデル「ENERGIA-1000P」がTWOTOP秋葉原本店で27,980円、BLESS秋葉原本店で29,480円、クレバリー1号店で29,775円、T-ZONE PC DIY SHOPとパソコンショップ アークで29,800円。


【関連記事】
80PLUS BRONZE取得のZUMAX製ATX電源が登場! 650Wで1万円切り(2009年08月12日)
「80 PLUS GOLD」認証電源が初登場! OCZ「Z Series 850W/1000W」発売(2009年08月02日)
インテル純正Atomマザーに対応する80WのACアダプタ! 日本PCサービス「EW8012-B」発売(2009年06月09日)

【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ‐電源ユニット
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
サイズ
□「ENERGIA-800P」「ENERGIA-1000P」製品情報


【取材協力ショップ】:BLESS秋葉原本店&クレバリー1号店&T-ZONE PC DIY SHOP&TWOTOP秋葉原本店&パソコンショップ アーク

  • サイズ製の80PLUS GOLD電源「Energia」が発売! 1000Wで3万円切り

  • サイズ製の80PLUS GOLD電源「Energia」が発売! 1000Wで3万円切り

  • サイズ製の80PLUS GOLD電源「Energia」が発売! 1000Wで3万円切り

  • サイズ製の80PLUS GOLD電源「Energia」が発売! 1000Wで3万円切り

  • サイズ製の80PLUS GOLD電源「Energia」が発売! 1000Wで3万円切り