展示に最適な検査台型アクリルケース! 海連「LUBIC-Stage Layout Case」発売

アキバ総研 | 2009年07月17日 19:45

見た目と機能にこだわったという検査台型PCケース「LUBIC-Stage Layout Case」(型番:LUBIC-SLC)が海連から新発売となった。


海連 「LUBIC-Stage Layout Case」は、上下2段にパーツを配置する「ステージレイアウト」方式を採用した検査台型のPCケース。上段に固定したマザーボードを保護するという無色透明なアクリル製パネル「ドームパネル」が付属されるのが特徴となっている。

ケースは、同社のLUBICフレームとアルミパネルからなるシンプルな構造。2005年に発売になったアクリル製PCケース「Jules-ジュール」を彷彿とさせるデザインになっており、下段部分にLUBICフレームを使用することで、頑強さを実現したという。

主な仕様は、搭載ドライブ数が5インチ×2、3.5インチ×1で、拡張スロット×7。120mmファン用ホールが側面に各1個ずつ設けられている。電源は非搭載。対応フォームファクターはATXで、本体サイズは約353(高さ)×約384(幅)×約330mm(奥行き)。

価格は、パソコンショップ アークとT-ZONE PC DIY SHOPで19,800円。

20090717194500.jpg akiba20090716__309b.jpg
akiba20090716__306.jpg akiba20090716__311.jpg
akiba20090716__309.jpg

  • 展示に最適な検査台型アクリルケース! 海連「LUBIC-Stage Layout Case」発売

  • 展示に最適な検査台型アクリルケース! 海連「LUBIC-Stage Layout Case」発売

  • 展示に最適な検査台型アクリルケース! 海連「LUBIC-Stage Layout Case」発売

  • 展示に最適な検査台型アクリルケース! 海連「LUBIC-Stage Layout Case」発売

  • 展示に最適な検査台型アクリルケース! 海連「LUBIC-Stage Layout Case」発売