アビー「AS Enclosure 450ST」登場! 「3層セパレート構造」採用のハイエンドPCケース

アキバ総研 | 2009年05月27日 20:00

アビー製のタワー型PCケース「AS Enclosure 450ST」が28日(木)に発売となる。


アビー「AS Enclosure 450ST」は、静音性と冷却性を実現したというタワー型のPCケース。Extended ATXをはじめとした各フォームファクタに対応しており、電源スペース・拡張カードスペース・CPUスペースと、内部空間を3つの構造に分けた「3層セパレート構造」を採用するのが特徴。

電源スペースと拡張カードスペースは、2層構造の金属製カバーで覆うことで静音性を向上。また、隣接している3.5インチベイ付近には120mmファンを備え、PC前面から背面への直線的なエアフローを実現、冷却性を高めている。なお、奥行きが340mmあるため、大型のビデオカードなども装着できるとされている。

主な仕様は、ドライブベイ数が5インチベイ×4、3.5インチベイ×1(5インチベイと共有)、3.5インチシャドウベイ×8、2.5インチシャドウベイ×1(3.5インチシャドウベイと共有)。

ファンはリアに120mmを1基備えているほか、前述の3.5インチベイ付近にも120mmを2基設置。このほか、フロントにもオプションで最大2基まで取り付けが可能となっている。主なフロントI/Oは、USB×2、eSATA×1、AUDIO IN/OUTで、サイズは219(幅)×499(高さ)×579(奥行き)。カラーは、シルバーとブラックの2種類。

予価は、39,980円。主な取り扱い予定店舗は以下のとおり。

ツクモeX.&クレバリー1号店&T-ZONE PC DIY SHOP&TWOTOP秋葉原本店他

akiba20090527__131.jpg 20090527200000.jpg akiba20090527__143.jpg
アビー「AS Enclosure 450ST」 3層セパレート構造。下から順に電源/拡張カード/CPUスペースとなる。なお、各スペースには120mmファンが1基ずつ備えられている
akiba20090527__148.jpg akiba20090527__160.jpg akiba20090527__161.jpg
セパレート構造部のカバー。2層構造を採用しており、効果的にノイズを遮断するという HDDを取り付けする際は、通常のサイドパネルの反対側から行なうようになっている  

  • アビー「AS Enclosure 450ST」登場! 「3層セパレート構造」採用のハイエンドPCケース

  • アビー「AS Enclosure 450ST」登場! 「3層セパレート構造」採用のハイエンドPCケース

  • アビー「AS Enclosure 450ST」登場! 「3層セパレート構造」採用のハイエンドPCケース

  • アビー「AS Enclosure 450ST」登場! 「3層セパレート構造」採用のハイエンドPCケース

  • アビー「AS Enclosure 450ST」登場! 「3層セパレート構造」採用のハイエンドPCケース

  • アビー「AS Enclosure 450ST」登場! 「3層セパレート構造」採用のハイエンドPCケース