SanDisk製SSDがアキバ初登場! 1.8/2.5インチのSLC採用32GBモデル

アキバ総研 | 2009年05月15日 20:00

SanDisk製SSDが新登場。2.5インチモデル「SSD SATA 5000 2.5"(SDS5C-032G)」と1.8インチモデル「SSD UATA 5000 1.8"(SDU5B-032G)」が発売となった。



今回発売となった2モデルは、SLCチップを採用する容量32GBのSSD。データ転送速度は両者共通で、読み込み67MB/sec、書き込み47MB/sec。

サイズ以外の2モデルの主な違いはインターフェイスで、「SSD SATA 5000 2.5"(SDS5C-032G)」がSerial ATA(1.5Gbps)、「SSD UATA 5000 1.8"(SDU5B-032G)」がIDE(ZIFコネクタ)接続モデルとなっている。

価格は、クレバリー1号店で「SSD SATA 5000 2.5"(SDS5C-032G)」が29,373円、「SSD UATA 5000 1.8"(SDU5B-032G)」が29,373円。

akiba20090515__842.jpg akiba20090515__843.jpg 20090515200000.jpg akiba20090515__831.jpg
SSD SATA 5000 2.5"(SDS5C-032G)SSD UATA 5000 1.8"(SDU5B-032G)

  • SanDisk製SSDがアキバ初登場! 1.8/2.5インチのSLC採用32GBモデル

  • SanDisk製SSDがアキバ初登場! 1.8/2.5インチのSLC採用32GBモデル

  • SanDisk製SSDがアキバ初登場! 1.8/2.5インチのSLC採用32GBモデル

  • SanDisk製SSDがアキバ初登場! 1.8/2.5インチのSLC採用32GBモデル