ルパン三世の少年時代が明かされる! アニメ「LUPIN ZERO」配信記念、畠中祐(ルパン役)×武内駿輔(次元役)インタビュー!前編

2022年12月16日 17:000
ルパン三世の少年時代が明かされる! アニメ「LUPIN ZERO」配信記念、畠中祐(ルパン役)×武内駿輔(次元役)インタビュー!前編

ルパン三世の少年時代を描くオリジナルアニメ「LUPIN ZERO」が、2022年12月16日(金)より新しくローンチされた動画配信サービス「DMM TV」にて独占配信開始される。

本作は、漫画「ルパン三世」(原作:モンキー・パンチ)の連載当初と同じ昭和30年代を舞台に、まだ何者でもない“ルパン”が高度経済成長期の日本を駆け巡る、懐かしくも新しいオリジナルストーリー。アニメーション制作を担当するのはテレコム・アニメーションフィルム。少年がいかにして“ルパン三世”となったのか? まだ何者でもない中学生のルパンが、のちの相棒・次元と出会い、ある女性を救うべく危険な事件に立ち向かう!

 

 

ルパンを演じるのは畠中祐さん、そして次元を演じるのは武内駿輔さん。2人が少年時代のルパンと次元をどのように演じたのか、今回たっぷりとお話をうかがった。演じるうえでのこだわりや作品に対する思いはもちろんのこと、この2人だからこそのバディ感もしっかり伝わってきたので、ぜひ2人のやり取りも楽しんでもらいたい。

 

「ルパン三世」という作品自体が“ジャズ”だと思っています

 

――歴史のある「ルパン三世」シリーズ、その少年時代を描く本作に出演が決まった時の気持ちをお聞かせください。

 

畠中 ど、どうしよう……って気持ちでした(笑)。

 

武内 どうしよう、だよね(笑)。でも、僕は生意気ですけど「このやり方でやってきてよかった」「自分の道を信じてきてよかった」と、ちょっと報われた気持ちになりました。しかも、オーディションを受けた段階で、「ルパンは誰がいいかな……祐しかできないだろうな」と思っていたので、「でしょ?」という気持ちと安心感があります。祐は大変だったでしょうけど、僕はワクワクしかなかったです。

 

畠中 僕も「相方は誰ですか?」って聞いたんですよ。そうしたら「武内くん」と言われて、武内くんは徹底的じゃん、彼はやってくるよ、どうしよう……と。先輩たちが作り上げてきたルパンにも、新しいルパンにも挑むために武内くんなんだと思ったので、どうしようって気持ちのほうが大きかったです。ただ、それ以上に、僕はオーディション自体にすごく感動していたんですよ。

 

武内 台詞を言えるだけで嬉しかったと言ってたもんね。

 

畠中 そうそう。オーディションでは少年のルパンらしいセリフがあったんですけど、そのセリフを読んだ後に「じゃあ、ちょっと後ろ振り向いてください」と言われて。振り向いたら紙が貼ってあって、「その紙(に書かれたセリフ)を今から読んでください」と言われたんです。紙をめくってみたら、そこに書いてあったのは「俺の名はルパン三世。かの名高き怪盗ルパンの孫だ(以下略)」っていう、PART1のオープニングで山田(康雄)さんが言っていた、あのセリフだったんですよ。

 

このセリフは、冗談でも山田さんと栗田(貫一)さんしか言っちゃいけないという思いが、声優だったら特にあるんです。それをオーディションで言わせてもらえるなんて、なんて粋なことをするんだと思いました。でも、オーディションだったからできましたけど、実際に少年とはいえルパン役に決まり、こういったセリフに向き合うんだと思ったらやっぱり恐ろしかったですね。

 

畠中祐さん

――喜びよりもプレッシャーがあった?

 

畠中 圧倒的にプレッシャーのほうがありました。そこから試行錯誤が始まった感じですね。

 

――武内さんはプレッシャー的なところは?

 

武内 プレッシャー係は祐だと思っていたので(笑)。でも、祐はこう言っていますけど、本人の性格はよく知っているので、プレッシャーを感じるわけがないんですよ。

 

それに、僕もプレッシャーを感じてしまったら作業が苦しくなってしまうというか、出口が見えなくなってしまうと思うんですね。それはルパンらしくない。僕は「ルパン三世」という作品自体が“ジャズ”だと思っているんです。楽しむものというか、見ているだけで自然と体が動くし、仕草を真似したくなる。それがルパンの一番の魅力だと。

 

「ルパン三世」の本質はやっぱりエンターテインメント。ポップスでありジャズであると思うんですね。だから、僕は峰不二子以外の全キャラのモノマネを練習して、「こんな感じなんだけどどうかな?」って祐に送ったんです。ちょっと遊びをいれるといいますか。

 

畠中 ルパンが超似ていました。僕よりうまいと思って(笑)。

 

武内 いやいや、全然ですよ。僕は逆に“楽しもう”と思いました。祐に背負わせてしまって申し訳ないけど、それはルパン役なんだから仕方ないよねって。

 

畠中 そんな感じで、「どうすればいいんだろう……」って混乱の中で「ルパン三世」を見直したら、やっぱり面白いですし、山田さんのお芝居やあの時代の掛け合いに惹かれるんですよね。今までは漠然と「あ〜、面白いな」って見ていましたけど、改めてルパンに出会わせてもらった気がします。

 

 武内駿輔さん

完璧なモノマネはできないからこそ、その綻びが少年ルパンに繋がればと

 

――ルパンであれば山田康雄さんや栗田貫一さん、次元であれば小林清志さんや大塚明夫さんが演じられてきて、その声のイメージがあるじゃないですか。少年時代とはいえ、ルパンや次元を演じるうえでどのようなアプローチで臨んだのでしょうか?

 

畠中 酒向(大輔)監督には「どっちも大事」だと言われました。今までのルパンらしさももちろん大事。(今回のアニメを)見た時に「これはルパンだ」と思わせたいけど、それが完璧(なルパン)じゃダメだ、というこだわりを監督は持っていて。やっぱり、まだまだ揺れるルパンであり、次元であってほしい。そこには青臭さが必要だし、もしかしたら演じる本人のパーツも必要になってくるかもしれない。それも含めて、いろいろな表情のルパン、次元が見たいと。そういう考えが監督の中にあったみたいです。

 

そもそも完全なモノマネは、特に僕はできないんですよ。そこまでモノマネが上手なタイプではないから、どうしても綻(ほころ)びが見えてしまう。でも、その綻びがルパンに繋がってくれればいいなと思ってやりました。

 

武内 僕は、モノマネで終わらせないためにはどうすればいいかとなったら、徹底してそのキャラクターのことを調べ上げるんです。ルパンと次元を演じることは、山田康雄さんと小林清志さんを背中に背負って、“小林清志さんも演じている”感覚といいますか…。

  

――背中に背負って演じる、ですか。

 

武内 まずお2人の生き様を理解するため、どういった経歴で、どういったきっかけで芝居が好きになったのか、とか根掘り葉掘り探っていきます。そして、徹底的に模倣するというか、歌舞伎や落語のようにまず音にしてみるんです。アドリブも全部メモを取って、こういうシチュエーションでは「〜なのか↓」って尻下がりになるけど、違うシチュエーションでは「〜なのか↑」って語尾が上がるといった、どのパターンでこの音になるのかを調べるんですね。そうすると1冊の教科書ができあがります。あとはその教科書をもとに、新しい次元をどうやって作るか探っていく作業をやりました。

 

それに、次元を知るためにはルパンを知らなくちゃならないので、ルパンのことを徹底的に知るために、ルパンのアドリブも全部書き出しました。

 

畠中 “ルパン語録”も作っていましたからね。山田さんのルパンのアドリブを全部。

 

武内 「ルパン三世 PART III」までのTVアニメを全部見返しました。

  

 

――全部!? それはすごいですね。ワンクール作品ではないわけですし。

 

武内 メモを取って、祐と共有する。そうすると意見が返ってくるので、祐が考えたルパンとすり合わせていきます。アフレコの当日まで連絡を取りながら、どういうバランス感でいくか、めちゃめちゃ話し合いました。

 

畠中 「何話まで見た?」「いま何話だよ」「30話以上、差をつけてんじゃねーか!」みたいな(笑)。

 

武内 その話数を先に見た場合は「将来、すごい回に遭遇するぞ」とかね(笑)。

 

畠中 そうそうそう。「ここが見どころだったぞ」とか。

 

武内 ルパンと次元は対になる存在ではあるけど、足並み揃えて二人三脚でやっていますよね。だから、アプローチは違えど、僕らも同じ歩幅でやっていくことで、より彼らに命を吹き込むことができるのかなと意識しながらやっていました。

 

 

――本当にすごいです。ここまでやるのはなかなか聞かないですよ。

 

武内 僕はもう、7割くらい趣味ですけどね(笑)。やりたいからやっているだけです。

 

畠中 マジですごいよ。でもやっぱり、結果的に「山田さんを知る」「小林さんを知る」ことに行き着くんです。ルパンを知ることは山田さんを知ることなのかなと。栗田さんもそう思ってやってきたところもあるでしょうし。だからこそ、身が引き締まります。

 

昔のインタビュー映像を見ると、山田さんが「俺は声優じゃないんだ。役者なんだ」と答えていて、「声優ですよね?」と言われても「“せいゆう”ってスーパーの? あはははは!」と笑っているんです。そういうところにも山田さんの信念がむちゃくちゃ見えるから、この姿勢でやってみようと。そして、この作品がジャズだというのであれば、グルーヴ感も大事にする。それはきっとかけ合いの中から生まれるものなので、2人の繋がりは本当に大事だなと思いました。

 

武内 ジャズって、理論をまず理解しないといけない。感覚だけではできない音楽なんですよ。なんとなく1曲の中にルールが定められていて、皆さん徹底的に音楽理論を勉強したうえで、自分がどうやってそのルールを超えるようなパフォーマンスをできるのかを楽しむのがジャズなんです。僕は知り合いのジャズピアニストに、改めてジャズがどういう音楽なのか聞いたことがあるんですよ。そのジャズの感覚を今回のアフレコでも再現できたらなってすごく思いました。

 

畠中 LINEで「ジャズを知るためには、まずクラシックだね」と言われて。

 

武内 そんなこと言った?(笑)

 

畠中 言ってた、言ってた。うわ〜きつい。この道長い、どうすればいいんだ?って、僕は大混乱でした(笑)。

 

武内 こう言っていますけど、祐は芝居畑の家で生まれ育っていますから、感覚は天才だなって思います。天才的にすぐ合わせてくれます。

 

畠中 合わせるというか、パスし合っていた感じはありましたね。そういう意味では、かけ合いを大事にできた感じがあって、ルパンの現場はすごく楽しかったです。


後編に続く!

(取材・文・撮影/千葉研一)



「LUPIN ZERO」配信記念! 畠中祐(ルパン役)×武内駿輔(次元役)サイン入りチェキをプレゼント!

 

 

プレゼントキャンペーン概要

 

<賞品>
畠中祐(ルパン役)×武内駿輔(次元役)サイン入りチェキ

 

<応募要項>
・応募期間:2022年12月16日(金)~2022年12月23日(金)23:59
・当選人数:1名様
・当選発表:賞品の発送をもって発表に代えさせていただきます
・賞品発送:順次発送予定
・応募方法:以下の専用応募フォームにて受付
<注意事項>
・応募には会員登録(無料)が必要です。
・応募はひとり1回に限らせていただきます。
・抽選結果・発送状況に関するお問い合わせには応じられません。
・当選された賞品もしくは権利を第三者に譲渡・転売することを禁じます。
・カカクコムグループ社員、および関係者は参加できません。
・賞品の発送は国内に限らせていただきます。
・梱包には細心の注意を払いますが、万が一運送中の事故により破損等した場合でも、返品・交換等は受け付けられませんので、あらかじめご了承ください。
・下記の場合は、当選を無効とさせていただきますので、ご注意ください。
 同一住所または同一世帯で複数回ご当選されている場合
 不正なアカウント(同一人物の複数アカウントなど)を利用して応募した場合
 ご当選者の住所、転居先不明・長期不在などにより、賞品をお届けできない場合
 ご登録いただいたご連絡先・お届け先情報の不備により、賞品がお届けできない場合
 賞品お届け先ご連絡締切日までに、ご連絡いただけなかった場合
 ご応募に関して不正な行為があった場合

画像一覧

  • ルパン三世の少年時代が明かされる! アニメ「LUPIN ZERO」配信記念、畠中祐(ルパン役)×武内駿輔(次元役)インタビュー!前編

  • ルパン三世の少年時代が明かされる! アニメ「LUPIN ZERO」配信記念、畠中祐(ルパン役)×武内駿輔(次元役)インタビュー!前編

  • ルパン三世の少年時代が明かされる! アニメ「LUPIN ZERO」配信記念、畠中祐(ルパン役)×武内駿輔(次元役)インタビュー!前編

  • ルパン三世の少年時代が明かされる! アニメ「LUPIN ZERO」配信記念、畠中祐(ルパン役)×武内駿輔(次元役)インタビュー!前編

  • ルパン三世の少年時代が明かされる! アニメ「LUPIN ZERO」配信記念、畠中祐(ルパン役)×武内駿輔(次元役)インタビュー!前編

  • ルパン三世の少年時代が明かされる! アニメ「LUPIN ZERO」配信記念、畠中祐(ルパン役)×武内駿輔(次元役)インタビュー!前編

関連作品

LUPIN ZERO

LUPIN ZERO

配信日: 2022年12月16日   制作会社: テレコム・アニメーションフィルム
キャスト: 畠中祐、武内駿輔、早見沙織、行成とあ、安原義人、古川登志夫
原作:モンキー・パンチ (C) TMS

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。