Xeon 5500シリーズ向けのASUS製マザーが発売! デュアルCPU対応、メモリスロット12本

アキバ総研 | 2009年03月31日 23:15

Xeon 5500(コードネーム:Nehalem-EP)に対応したマザーボード「Z8NR-D12」がASUSから新発売となった。


ASUS「Z8NR-D12」は、インテルのサーバー/ワークステーション向けCPU「Xeon 5500シリーズ」に対応する初のマザーボード。対応CPUはクアッドコアタイプのXeon W5500(130W)/X5500(95W)/E5500(80W)/L5500(60W/38W)、デュアルCPU環境を想定し、LGA1366ソケットが2基備えられている(Core i7は非対応)。

また、チップセットは「Intel 5500 chipset IOH」+「ICH10R」で、フォームファクターはラック型(SSI EEB 3.61)となっている。

主な仕様は、拡張スロットがPCI Express x16×1(下段スロットにカードを装着した場合のみx8動作)、PCI Express x8×3(x8/x4/x4)、PCI×1。メモリはRegistered DIMM/Unbuffered DIMMの2種類をサポートし、DDR3-1333/1066/800に対応。メモリスロットは12本装備で、最大容量はR DIMM 96GB/U DIMM 48GB。主なオンボードデバイスは、VGA(Aspeed AST2050 8MB)、ギガビットLAN×2、Mgmt LAN×1、SAS×8(オプションのPIKEカードが必要)、Serial ATA×6、USB×2など。

価格は、T-ZONE PC DIY SHOPで49,800円。

20090331231500.jpg akiba20090331__800.jpg akiba20090331__804.jpg
akiba20090331__805.jpg akiba20090331__803.jpg akiba20090331__817.jpg

  • Xeon 5500シリーズ向けのASUS製マザーが発売! デュアルCPU対応、メモリスロット12本

  • Xeon 5500シリーズ向けのASUS製マザーが発売! デュアルCPU対応、メモリスロット12本

  • Xeon 5500シリーズ向けのASUS製マザーが発売! デュアルCPU対応、メモリスロット12本

  • Xeon 5500シリーズ向けのASUS製マザーが発売! デュアルCPU対応、メモリスロット12本

  • Xeon 5500シリーズ向けのASUS製マザーが発売! デュアルCPU対応、メモリスロット12本

  • Xeon 5500シリーズ向けのASUS製マザーが発売! デュアルCPU対応、メモリスロット12本