「鋼の錬金術師」13日後に何かが起きる⁉ 20周年プロジェクトが始動

2022年02月17日 12:001
「鋼の錬金術師」13日後に何かが起きる⁉ 20周年プロジェクトが始動

「鋼の錬金術師」連載20周年の新プロジェクトが始動。謎のカウントダウンが始まっている。

2001年に月刊「少年ガンガン」で連載を開始するや、緻密に練られたストーリーや唯一無二の世界観で、超人気漫画となった「鋼の錬金術師」。2003年~2004年/2009年~2010年の2度アニメ化され、2017年には実写映画も公開された。


2021年には連載開始20周年を迎え、原画展の開催や荒川弘先生による新連載、アプリゲームの配信決定など多くのプロジェクトが立ち上がり、今なお高い人気を誇っている。


そんな中、連載20周年の新プロジェクトが始動! 解禁されたビジュアルには、作中で重要なキャラクター“スカー”が描かれている。


目深にフードを被り全貌は見えないが、赤く光る鋭い眼光、額の十字傷、そして右腕に刻まれた錬成陣など、スカーを象徴する特徴が浮き上がったビジュアルだ。新プロジェクトではスカーが重要な鍵を握るのだろうか。果たして、このスカーの正体は?


また、新プロジェクトの特設サイトも開設。スカーのビジュアルに加えて『貴様ら「創る者」がいれば「壊す者」もいるという事だ』という、エルリック兄弟と初めて対峙した際の印象的なセリフにも注目だ。


さらに「In 13 Days」という謎のカウントダウンが……今日から13日後は3月2日(水)となるが、いったい何が起きるのか? お見逃しなく。


20周年新プロジェクト特設サイト: http://vengeance-scar.jp/


■「鋼の錬金術師」とは
月刊「少年ガンガン」で2001年8月号から2010年7月号まで連載された、荒川弘先生によるダークファンタジー漫画。全世界シリーズ累計8,000万部を超える日本有数の人気漫画。2003年~2004年と2009年~2010年の2度アニメ化されており、2017年には実写映画化もされた。


錬金術が存在する架空の世界が舞台の物語。エドワードとアルフォンスの兄弟は、幼い頃に亡くした母親に会いたいと思うあまり、死んだ人間を蘇らせる錬金術最大の禁忌、人体錬成を行ってしまう。しかし、錬成は失敗。エドワードは左足を、アルフォンスは肉体をすべて失ってしまう。エドワードは自らの右腕と引き替えに、かろうじて弟アルフォンスの魂を鎧に定着させることに成功したが、兄弟は大きすぎる代償を背負うことになった。

エドワードとアルフォンスは失った体を取り戻すため、幻の術法増幅器「賢者の石」を探す旅に出る。


エドワードは右腕と左足を鋼の義肢「機械鎧(オートメイル)」に変えたその姿からか、「鋼の錬金術師」の二つ名を持つ。

©Hiromu Arakawa/SQUARE ENIX

画像一覧

  • 「鋼の錬金術師」13日後に何かが起きる⁉ 20周年プロジェクトが始動

関連作品

鋼の錬金術師

鋼の錬金術師

放送日: 2003年10月4日~2004年10月2日   制作会社: ボンズ
キャスト: 朴璐美、釘宮理恵、麻生美代子、豊口めぐみ、置鮎龍太郎、大川透、根谷美智子、内海賢二、藤原啓治、松本保典、志村知幸、白鳥哲、室園丈裕、永井誠、柴田秀勝、佐藤ゆうこ、高戸靖広、山口眞弓、三石琴乃、こおろぎさとみ、鷹森淑乃
(C) 荒川弘/スクウェア エニックス・毎日放送・アニプレックス・ボンズ・電通 2003

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

上映開始日: 2005年7月23日   制作会社: ボンズ
キャスト: 朴璐美、釘宮理恵、豊口めぐみ、大川透、内海賢二、根谷美智子、麻生美代子、津嘉山正種、小栗旬、小栗了、沢井美優、かとうかずこ
(C) 荒川弘・HAGAREN THE MOVIE

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST

放送日: 2009年4月4日~2010年7月4日   制作会社: ボンズ
キャスト: 朴璐美、釘宮理恵、高本めぐみ、三木眞一郎、折笠富美子、内海賢二、藤原啓治、うえだゆうじ、佐藤美一、柿原徹也、浜田賢二、名塚佳織、柴田秀勝、三宅健太、井上喜久子、白鳥哲、高山みなみ、吉野裕行、沢海陽子、中井和哉、大友龍三郎
(C) 荒川弘/鋼の錬金術師製作委員会・MBS

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星

鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星

上映開始日: 2011年7月2日   制作会社: ボンズ
キャスト: 朴璐美、釘宮理恵、高本めぐみ、三木眞一郎、折笠富美子、内海賢二
(C) 荒川弘/HAGAREN THE MOVIE 2011

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

コメント(1)
岸谷康弘 やすぽん岸谷康弘 やすぽん2022/02/18 09:56

20周年おめでとうございます! 20年経った今でも名前に上がる作品は本当に名作なんだなと思う。

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。