【WOWOW開局30周年記念アニメ「永遠の831」特集 第1回】「本当の悪とは何か?」を問いかける作品──亜川芹役・興津和幸インタビュー

2021年12月28日 20:000
【WOWOW開局30周年記念アニメ「永遠の831」特集 第1回】「本当の悪とは何か?」を問いかける作品──亜川芹役・興津和幸インタビュー

WOWOW開局30周年記念アニメ「永遠の831」。2022年1月30日に放送される本作は、神山健治監督・脚本による新作長編WOWOWオリジナルアニメである。

“未曾有の大災厄”により世界中が混迷を極める現代。とある事件をきっかけに、周囲の時間を止める能力を手に入れた青年・スズシロウは、同じく心に傷を負い、時間が止められるようになってしまった少女・なずな。そして彼女を利用して犯罪を行う彼女の兄・芹と出会う……というストーリーの本作は、現代社会の問題に鋭く切り込む神山監督ならではのメッセージが詰まった作品だ。

 

今回、アキバ総研では「永遠の831」を大特集! キャストおよび楽曲アーティストたちへのインタビューを連続でお届けする。

 

第1回は、なずなの兄にして半グレ集団「831戦線」の中心人物・亜川芹を演じる興津和幸さんが登場。

本作を演じるうえで、興津さんはどんな意気込みで臨んだのか。インタビューから読み取っていただきたい。

 

 

「もはや映画だ」監督の気合に圧倒されたシナリオ

──まず、「永遠の831」の台本を読まれた時の感想をお願いします。

 

興津 めちゃめちゃ気合の入った作品やな!!!と思いました。気合がすごいというか……神山監督の思いが詰まっている作品だなと。ですのでWOWOW開局30周年記念のアニメ作品なんですが、こちらも「これはもはや映画だ」という意気込みで臨みました。

 

──現代の日本にも通じる要素も散見される作品ですね。

 

興津 細かいところがすごいんですよ。メインキャラクターたちがしゃべる以外のところも細かく、無駄がないように脚本が考えられています。もう5時間くらいこの話をやってもいいんじゃないかなと思いましたが、逆にギュッと詰まった内容になっているからこそのよさもあるのかな、と。

僕が演じる亜川芹は、「831戦線」という半グレ集団のリーダーで、とある悪いことをしているシーンがあるんですが、そこがすごくリアルなんですよね。狭い部屋に男たちがいっぱいいて、ひたすら電話をかけている。そしてたまにいかついお兄さんが見回りにやってくるっていう……。このグループ、怖いなあって思いました(笑)。

そんな荒くれどもを束ねる亜川芹なんですが、これがけっこう爽やかな見た目をしてるんです。

──芹を最初に見た時の印象はいかがでしたか?

 

興津 最初に絵を見た時は、「かっこいい悪役だな」「これ、人気出るんちゃう?」と思ったんですが、設定と脚本を読んでみたら「これはえらいものを背負ってる男だぞ……」と考えを改めました。

時代性を反映して、あえて「半グレ」というワードを使っていると思うんですが、芹が率いているのは結局のところ、どの組織にも所属しているわけではない若者たちが集まった新たな集団です。

たまたま悪いことをしているけど、集まっている若者たちにもそれぞれ事情があって、この場に集まっているという状況なんですよね。そんな彼らを集めて、よくも悪くも何かをやろうとしている集団が「831戦線」なのかなという認識です。

 

──芹自身も抱えているものがあるし、行き場のない若者のよりどころでもあって、そんな彼らがやむにやまれず悪をなしているというか。

 

興津 そもそも「悪」とは何なのか、ですよね。法律に照らし合わせれば「831戦線」は悪ですよね。犯罪は犯罪です。では、本質的な意味の「悪」とは何なのか。そんな問いかけをしてくる作品だと思います。

たとえば「嘘も方便」と言いますけど、じゃあ嘘をついたから絶対悪かというとそうではない。

そういうことって生きているうえでは存在しますよね? 言葉の意味の一歩先を考えるきっかけになる作品になるのかなと思います。

 

役に入るために、取った行動とは?

──亜川芹を演じるうえで気を付けたこと、意識したことを教えてください。

 

興津 悪そうなので、悪そうな声を出そうと……(笑)。ただ。あんまりデフォルメした演技よりも、生々しい演技のほうがいいと思いました。だから作りこむのが難しいと思ったので、収録の日の朝は普段は吸わないタバコを吸ってみて、自分自身の喉の環境を変えるということをしました。

芹がタバコを吸うシーンが印象的だったんですよ。最近はタバコを吸わないキャラが多い中で、あえてタバコを吸わせてますし、やっぱりその行動に意味はあるんですよね。

 

──興津さんがキャラに入っていく時は、普段からそういう風に行動からシンクロさせているんですか?

 

興津 それは企業秘密です(笑)。ただこのキャラに関してはそうしたほうがいいのかなと。普通にしゃべると声がまろやかすぎるかなって思ったんですよ。最初は少ししゃがれた感じを出そうと思ったんですが、そうすると作品のテイストと合わないかなと思ったので、ちょっと気分を変えてみようかなと思いました。

 

──ちなみに今回のアフレコは、抜き録りでしたか?

 

興津 スズシロウ役の斉藤壮馬君となずな役のM・A・Oさんとは一緒に録りました。「永遠の831」って爽やかなタイトルの作品だなと思って現場に入ったら、みんな真っ黒い服で来てて、収録時はマイクの前に真っ黒い人が3人並んでました。

たぶんそういう気分だったんでしょうね。ほかの2人は別に黒くなくてもいいと思うんですけど(笑)。

 

──印象的なエピソードを教えてください。

 

興津 亜川芹は難しい言葉をたくさんしゃべるんですよ。それを必死になって収録していたら、それを斉藤壮馬君が「興津さんすごいですね。よく言えましたね。ハハハハ」って後ろで笑ってたんですよ。そしたら斉藤君の次のシーンが、難しいセリフをたくさんいうところで、「すっかり忘れてました!」って急に焦りだしたのが面白かったです。

 

──そんな作品の見どころをあげるなら、どんなところでしょうか?

 

興津 僕、難しい言葉をめっちゃしゃべるんで、そこはぜひ聞いていただきたいですね(笑)。

 

──個人的に、芹となずなのとあるシーンがすごく印象的で、そこでは芹が自分の理想と妹であるなずなへの情の間でものすごく葛藤していることがうかがえました。ここを興津さんがどう演じられているのか、非常に楽しみです。

 

興津 実は、そのシーンは監督にどういう心情なのかを尋ねたんですよ。芹は「こうなってほしい」と思って行動するんですが、でもそのようになるかどうかは、なずなの心ひとつなんですよ。その時に兄妹の心情がどう積み重なっていくのか。「自分は悪いことをして生きている人だから、悪いことをしている兄を妹がどう思っているのか」という確認にもなっているシーンなのかな、と思いますね。それがどういうシーンなのかは、見てのお楽しみということで……。

 

──この取材時点では、まだ映像は完成していないということで、興津さんご自身も完成が楽しみですよね。

 

興津 本当にどうなるんだろうって、楽しみで仕方がないですね。どんな絵になるのか。どんな音楽が乗るのか……。

 

──ちなみに監督などから、演技についてどういうディレクションがありましたか?

 

興津 最初からこのキャラはこういう人物ですという説明をいただき、方向性を示していただいたので、大きな指示は特にありませんでした。そのうえで、収録当日に監督の考えてらっしゃることをうかがって、「なるほどこういう方向で生きているキャラなんですね」と理解できたので、収録はスムーズにできました。

 



「永遠の831」はWOWOWだからこそできた作品

──本作は平成の「失われた30年」がテーマのひとつに感じられますが、興津さんにとって平成ってどんな時代でしたか?

 

興津 年号が「平成」になった時のことは覚えてますよ。なんか「へいせい」って言いづらいって思いました(笑)。

ちょうど10歳から40歳までですから、人生のほとんどが平成なんですよね。なんかバブルの時代の雰囲気を子供ながらに感じていたので、ずっと変わらないでいてほしいとは思っていたのかな。

小学5~6年の頃にニュースで「就職氷河期」と言われ始めて、「僕、大きくなったら仕事でけへんやん」っておじいちゃんに言ったら「大丈夫や、和幸が大人になるころには仕事もたくさんある」って言われたんです。

 

──子供なりに時代の変化を感じていたんですね。

 

興津 はい。だから、就職っていうのかはちょっとわからないんですが、声優になれてよかったとは思います。声優って、毎クールごとの派遣バイトみたいなもんですけどね(笑)。

 

──ちなみに本作はWOWOW30周年記念作品なのですが、興津さんご自身のWOWOWの思い出をうかがってもよいでしょうか。

 

興津 「シティボーイズ」ライブが大好きで、それを観たくて加入して以来、ずっと今も入ってます。

 

──WOWOWは「シティボーイズ」をはじめ、地上波のテレビではできない尖った番組も多いですよね。

 

興津 そうですね。「ドラマW」枠とかも面白いですよね。やっぱり有料放送ですからね。気合を感じます。「永遠の831」も、これこそ有料で観るべき作品、WOWOWだからこそできる作品だと思います。

 

 

──そんな本作の魅力をひと言で語るなら?

 

興津 まあ、観てみて! ですね。想像しているものとは違う……というか、斜め上から殴られるような感覚があるかもしれません。僕は、「わあ! WOWOW!!」って思いました。WOWOWでしかできない。だからこそ作る価値、観る価値があると思います。

「831」の意味を一緒に考えてみてください。よろしくお願いします。

 
【作品情報】

■WOWOW開局30周年記念オリジナル長編アニメ「永遠の831」

・2022年1月30日(日)夜8時~[WOWOWプライム][WOWOWオンデマンド]

※WOWOWオンデマンドでは無料トライアル実施中

画像一覧

  • 【WOWOW開局30周年記念アニメ「永遠の831」特集 第1回】「本当の悪とは何か?」を問いかける作品──亜川芹役・興津和幸インタビュー

  • 【WOWOW開局30周年記念アニメ「永遠の831」特集 第1回】「本当の悪とは何か?」を問いかける作品──亜川芹役・興津和幸インタビュー

  • 【WOWOW開局30周年記念アニメ「永遠の831」特集 第1回】「本当の悪とは何か?」を問いかける作品──亜川芹役・興津和幸インタビュー

  • 【WOWOW開局30周年記念アニメ「永遠の831」特集 第1回】「本当の悪とは何か?」を問いかける作品──亜川芹役・興津和幸インタビュー

  • 【WOWOW開局30周年記念アニメ「永遠の831」特集 第1回】「本当の悪とは何か?」を問いかける作品──亜川芹役・興津和幸インタビュー

関連作品

永遠の831

永遠の831

放送日: 2022年1月30日   制作会社: クラフター
キャスト: 斉藤壮馬、M・A・O、興津和幸、日笠陽子、大塚明夫、粟津貴嗣、近藤孝行、岩崎諒太、山下誠一郎、五十嵐麗
(C) 神山健治・CRAFTAR・WOWOW/「永遠の831」WOWOW

関連声優

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。