抽選でAmazonギフト券5000円が当たる!アキバ総研アンケート実施中

Netflixで配信中の「範馬刃牙」TV放送が決定ッッ! 新ビジュアル公開ッッ!

2021年11月11日 10:000
Netflixで配信中の「範馬刃牙」TV放送が決定ッッ! 新ビジュアル公開ッッ!

Netflixアニメシリーズ「範馬刃牙」のテレビ放送が決定した。

「週刊少年チャンピオン」で連載中の原作「刃牙」シリーズは、地下闘技場の最年少チャンピオンである主人公・範馬刃牙と “地上最強の生物”と呼ばれる父との死闘や、格闘士たちの闘いを描いた人気漫画。
2018年に最凶死刑囚編が、2020年に大擂台賽編がNetflixで配信&TV放送され、2021年9月30日には第三部「範馬刃牙」が配信を開始した。

「大塚芳忠さんのオリバがかわいすぎてやばい!」 Netflixオリジナルアニメ「範馬刃牙」、島﨑信長&潘めぐみ登壇のトークショーレポート到着ッッ!


この度、Netflixで配信されるやいなや、世界中のファンを巻き込み大きな話題となったアニメ「範馬刃牙」のTV放送が決定。放送情報の詳細は後日発表となるので、公式サイトTwitterをフォローしてお待ちいただきたい。

TV放送に向けて新ビジュアル公開ッッ


「この惑星誕生以来の最強のブン殴り合い」
通称「ブラックペンタゴン」と呼ばれる凶悪な犯罪者たちが集められた刑務所を舞台に、Mr.アンチェインことビスケット・オリバと、真正面から拳をぶつけ合おうと対峙している範馬刃牙。
ド迫力のキービジュアルッッ!


“壁”の向こう側にある父・範馬勇次郎の背中を見据えながら、刃牙がオリバとの史上最大級の激闘を予感させる姿に、放送への期待が高まるッッ!

【アニメ「範馬刃牙」PV】



計100名に「最強の感謝ギフト」が当たるッッ!


11月23日(火・祝)の「勤労感謝の日」にあわせ、2021年11月14日(日)から「勤労感謝の日キャンペーン!!!」を実施中。
毎日10名・計100名に「最強の感謝ギフト」が当たる。
このキャンペーンのためだけに爆誕した、オリジナルキャラクター“最強の感謝師”花束贈(はなたばおくる)からの薔薇一輪をプレゼント!

詳細:https://www.magneloop.com/giftcampaign/

作品情報


Netflixオリジナルアニメシリーズ「範馬刃牙」

NETFLIXにて全12話一挙独占配信中ッッ

<あらすじ>
数々の強敵との死闘を経て成長した刃牙は、地上最強の生物と言われる父・範馬勇次郎との対決の時が熟しつつあった。そして、勇次郎と闘う前の適当(・・)なスパーリング相手として、まずはMr.アンチェインこと、ビスケット・オリバと闘おうと考える。
オリバが現在いる場所は、通称「ブラックペンタゴン」と呼ばれる、凶悪な犯罪者たちが集められた刑務所。
刃牙はオリバと闘うために、ブラックペンタゴンに自ら収監されるが、そこにはオリバは勿論、他にも超弩級の猛者たちが待ち構えていた!!


<スタッフ>
原作:板垣恵介(秋田書店「週刊少年チャンピオン」連載)
監督:平野俊貴
シリーズ構成:浦畑達彦
キャラクターデザイン:石川晋吾
色彩設計:宮脇裕美
美術監督:原俊一郎
撮影監督:野口龍生
編集:佐野由里子
音楽:藤澤健至
オープニングテーマ「Treasure Pleasure」GRANRODEO(ランティス)
音響監督:浦上靖之 浦上慶子
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント
製作:範馬刃牙製作委員会


<キャスト>
範馬刃牙:島﨑信長
範馬勇次郎:大塚明夫
ビスケット・オリバ:大塚芳忠
ジュン・ゲバル:野島健児
マリア:小山茉美
ゲリー・ストライダム:土師孝也
鮎川ルミナ:潘めぐみ
アイアン・マイケル:間宮康弘
リップ、トゥース、タング:山寺宏一
ボブ・マッカーシー:江原正士
ナレーション:古谷徹

©板垣恵介(秋田書店)/バキッッ製作委員会
©板垣恵介(秋田書店)/範馬刃牙製作委員会

画像一覧

  • Netflixで配信中の「範馬刃牙」TV放送が決定ッッ! 新ビジュアル公開ッッ!

  • Netflixで配信中の「範馬刃牙」TV放送が決定ッッ! 新ビジュアル公開ッッ!

関連作品

範馬刃牙

範馬刃牙

配信日: 2021年9月30日~   制作会社: トムス・エンタテインメント
キャスト: 島﨑信長、大塚明夫、大塚芳忠、野島健児、小山茉美、土師孝也、潘めぐみ、間宮康弘、山寺宏一、江原正士、古谷徹
(C) 板垣恵介(秋田書店)/範馬刃牙製作委員会

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。