抽選でAmazonギフト券5000円が当たる!アキバ総研アンケート実施中

【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

2021年10月21日 12:000
【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

アイスホッケーに青春をかける少女たちを描くメディアミックスコンテンツ「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」。

2021年10月6日にはTVアニメ「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」が放送をスタート。第2話のラストでは、主人公・水沢愛佳の親友である幼なじみ、小野真美が転校を宣言。放送されたばかりの第3話では2人の別れのシーンが話題となった。

 

今回は水沢愛佳役の増田里紅さん、小野真美役の青山吉能さんに、放送中のアニメについて、主演キャスト7名による声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての活動についてなど、たっぷりお話をうかがった。

最初のターニングポイント、第3話までを振り返る

 

──お2人が演じるキャラクターの紹介と、魅力だと思うポイントを教えてください。

 

増田 私が演じる水沢愛佳ちゃんは本当にポジティブで、周りを明るくできる女の子だと思います。逆に自分が落ちこんだりした時は、周りのみんなにはげまされてすぐに元気になって、助けられた分みんなのことを引っ張っていけるようなキャラクターです。明るくてかわいい女の子です!

青山 真美は一見おとなしくて引っ込み思案に見えて、私も最初そういう子なのかと思ったんですが、感情表現がちゃんとあって面白いし、特に親友で幼なじみの愛佳といる時はめちゃくちゃ自然体に感じます。おとなしいけれども実はやさしくて明るくて、なんにでも一生懸命な、私にとってもとてもかわいい女の子です。

 

 

──性格として自分に近い、近くないでいえばどうですか?

 

増田 直感で動いちゃうところは似てるかもしれません。

青山 そうなんだ!

増田 日常生活の中で何も考えずに行動していることがあるんですよね。やりたいことがあったらとりあえずやってみるかってタイプで、愛佳ちゃんもそういうところがあるので似ているかもしれないと思います。

青山 めっちゃ愛佳!

増田 でも、だらけている時はほんとにやる気ないです(笑)。

青山 私は、そうですね……。今までいろいろな子を演じてきたんですが、真美は、自分から一番遠くにいる子です(笑)。声のトーンひとつとっても、私は結構低めの地声なんですけど、真美は声優人生で一番高い声でかわいらしく話します。なんというか、ていねいなんですよね。道端に咲く花を見てもいろんな語彙で素敵だなということを思うんだろうなぁという感じ。私は、道の花にそもそも気づかないタイプなので、真美を演じる時に私自身の雑さが出てしまわないように、いかにていねいに演じるかを心がけています。どうにか私が真美に似てくれないかなぁと思ってます(笑)。

 

 

──増田さんは水沢愛佳がデビュー作で初主演ということですが、オーディションはどんな感じだったんですか?

 

増田 私は声優の専門学校に通っていて、学校の掲示板にオーディション情報が貼り出されていたんです。これからの経験のためにもオーディションはたくさん受けたほうがいいよと言われていたので、受けてみるか!と思ったのがきっかけです。オーディションは初めてだったのですごく緊張しました。歌も課題の台詞も結構練習していったんですけど、本当に緊張して(声が)かっすかすで(笑)。そんな時に、「普段友達から(性格などが)どんな風だと言われますか?」と聞かれて、「何を考えてるかわからないねって言われます」と答えたんです。そこをさらに「実際は何を考えてるんですか?」と突っ込まれたので、「(特に考えてないな……)おなかすいたとか考えてます」って答えちゃって、あ、これ落ちたって思いました(笑)。けど今ここにいるので、受かって本当に嬉しかったです。

 

──課題曲はなんだったんですか?

 

増田 miwaさんの「ヒカリヘ」を歌いました。ほかの課題曲のキーが高くて、「ヒカリへ」ならなんとか歌えそうだったので。

 

──合格した時の気持ちをもう少しうかがえますか。

 

増田 本当にびっくりして、「私でいいの?」って思いました(笑)。でも選んでもらった以上、ちゃんとしっかりやりたいなという気持ちが強かったです。本当に嬉しかったです。

 

──青山さんは最初、別のキャラクターでオーディションを受けていたんですよね。

 

青山 そうなんです。スタジオオーディションに行った時に、さらにほかのキャラも何役か演じるように言われて、こんなことって今までそんなになかったので、これは感触いいのでは……と思ったらどれもダメで、「ダメだったんかーい」と(笑)、思っていた時にまた別のキャラなんですけど、とオーディションのお誘いをいただいたのが真美だったんです。

 

──そちらの手応えはどうでしたか?

 

青山 こんなにかわいくて清楚なキャラクター、選ばれないだろうと思っていました。にも関わらず合格をいただけて、嬉しくて転げましたね。新しい役柄でしたけど、オーディションのチャンスをいただいたからには全力でやろうと思ったらご縁があったという感じです。

 

増田里紅さん

──親友同士を演じるということで、お互いのキャラクターの印象や好きなところを教えて下さい。

 

増田 私、ショートカットの女の子が好きで、(真美の)ビジュアルがすごく好きなんです。本当に……めっちゃ好きなんです。

青山 語彙力のないオタクになってる(笑)。

増田 愛佳ちゃんを演じながら真美ちゃんを見ていると、愛佳ちゃんとはまた違ったベクトルの明るさを持っているんだなと思います。そういうところも惹かれ合う2人なのかなと思います。お互いに自分にはないところがあると思うんです。

青山 愛佳は「天真爛漫」という言葉が負けるぐらいに、激烈天真爛漫なんです。私自身もそこに惹かれますし、そういう存在に対する憧れって誰しも持っているんじゃないかと思います。現実世界にいたらどうなっちゃうのと思うくらい、ぐいぐい行く子なんですけど(笑)、その行動に説得力があるんですよね。その説得力とか明るさ、純粋さっていうのは、りっくん(増田さんのあだ名)が演じているから生まれている部分もあるとすごく思います。

 

──「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」のアフレコの雰囲気はどんな感じですか?

 

増田 今はコロナ対策があるので、あまりみんな揃っての収録はできないんです。

青山 でも鬼怒川中メンの愛佳、真美、薫子、彩佳の4人では結構録らせていただけたので、かけ合いでアフレコできて嬉しかったです。どんな作品でも1話目のアフレコってキャラクターや空気感をつかむのに時間がかかるものなんですが、「プラオレ!」は音響監督の藤田亜紀子さんが熱い人なので特に覚悟して臨みました(笑)。

 

青山吉能さん

──実際はどうでしたか?

 

青山 りっくんがタフすぎて! 普通だったら心が折れるぐらいの指導なんですよ。

増田 ……折れてましたよ(笑)。

青山 でも返事はちゃんと全部「はい!」ですごいんですよ。

増田 私、馬鹿なだけなんですよ(笑)。

青山 こういうところがめっちゃ愛佳なんですよ!

増田 やってみないとだめじゃないですか、できないとは言えないんで。だからもう「はいっ、やってみます!」みたいな感じで必死でした。折れたくないし折れちゃいけないので。

青山 音響監督さんもぶつかってくるのでマジで熱いバトルが展開するんです。それをがんばれ!と見守る私たちでした。

 

──藤田さんがこだわっていた演出のポイントと増田さんが食らいついていったところ、大変だったポイントはどんなところ?

 

増田 お芝居をはじめて日が浅い頃だったので、日常会話がすごく難しかったです。テーブルを挟んで話している距離と、隣で話している距離の、距離感の違いがすごく難しかったです。(会話の距離に対して)声が大きすぎると怒られたりして。アフレコを通じて学ばせていただいて、最近少しつかめてきたかなと思います。

 

 

──日常会話の間合いは難しいし、課題になるところですよね。

青山 大変です。私も初めてのレギュラー作品では会話の距離感についてめちゃくちゃ厳しく教えてもらいました。だからシンパシーをすごく感じてるんだけど、何かを教えてあげられるわけでもないのは、すごくはがゆかったです。自分を見ているようで。劇的なシーンじゃなくて、普通の日常会話の難しさというのは声優あるあるだと思います。力を抜こうと思って抜くのって難しいので、藤田さんのわかりやすくて、心に寄り添う熱い指導は私もありがたかったです。

増田 めちゃめちゃありがたい現場でした。

 

──ちなみに増田さんは演劇とか、演技経験はあったんですか?

 

増田 まったくありませんでした。声優さんに興味はあったけど、大変な世界なので難しいし、普通に大学に行って生きていくんだと思っていました。でも勉強はあまり好きじゃなくて、塾の帰りに「うー、勉強やだ」という気持ちが一番高まっている時にたまたま声優の専門学校の広告を見つけて、その場で電話して問い合わせました。

青山 (行動力が)主人公! 圧倒的主人公!

増田 帰ってお父さんに言ったらめっちゃ怒られました(笑)。

青山 その時にその広告がたまたまあって本当によかったです。

 

 

──2話のラストでは、真美が転校を口にする衝撃のラストが描かれました。アニメの公式サイトではもともと真美だけ西東京アイスラビッツの所属になっていましたね。

 

青山 バレバレやーんって感じですよね。公式サイトを見て、あ、これは公式やっちゃったのではと思っていました(笑)。ちっちゃい時からみんなと一緒に育ってきた幼なじみだけど……というポジションなのでした。

増田 3話でお別れというのがあまりにも早くてとても衝撃的でした。さみしい。

 

──3話の一連のドラマを演じての感想を教えてください。

 

増田 別れのシーンはMay'nさんの挿入歌もあいまって本当に感動的でした。家でアフレコの練習をしている時も(感動で)「あー、無理、つらい……」ってなったりして。現場でも緊張していたのでうまくできたか心配でした。映像で見直してもつらい気持ちになります。

青山 今って普段は(感染対策のために)アフレコブースがカーテンで仕切られていて、隣の人の顔が見えないどころか息づかいも聞こえないんです。でもこのシーンの時、一度マスクをしてお互いの顔を見てみようということになったんです。直接顔を合わせていると、りっくんのことがどんどん愛佳に見えてきて泣けてくるんです。ずっと顔を見ていたら私涙でべちょべちょになっていたと思うので、演じる時はカーテンがあってよかったと思いました。愛佳ってりっくんだし、りっくんって愛佳なんですよ。

 

 

──(インタビューは放送前)映像はもうご覧になりましたか?

 

青山 1話をちらっと。でもアフレコの時点で結構絵がしっかりついてたんですよ。オープニングのビクトリーダンス見た? 絵の動きがヌルヌル!

増田 エフェクトがすごかった!

青山 よく動くしキラキラキラ、みたいな。語彙力がないですが伝わってほしいです。

増田 1話は愛佳たちの日常の色が結構強いので、かわいい女の子たちがわちゃわちゃしてこれからアイスホッケーやるぞ!って感じですね。アイスホッケーのシーンも迫力満点で、音もリアルで。カットの進みが早いのでアフレコではドキドキします。パックをゴール向かって打つ瞬間の声とか息づかいも難しいです。

  

──実際にみなさんでアイスホッケーの試合を見に行ったそうですが、その経験は役立ちましたか?

 

青山 プレイの激しさは、私たちがイメージしていたどころじゃないんだとわかりました。

 

 

──アニメのここからの見どころなどあれば教えてください。

 

増田 愛佳ちゃんたちが回を重ねるごとに成長する姿が本当に見どころだと思います。試合のシーンのスピード感もすごいのでとても楽しめると思います。試合に勝った時はビクトリーダンスというのがあるんですが、それぞれのキャラクターの意外な魅力も見られたりするので楽しみにしてください。

青山 西東京で楽しみにしてます。真美的今後の見どころは……また出てきます! ちゃんと出てきます、としか今は言えませんが待っていてください。

 

夢は日本武道館単独ライブ?

 

──9月18日の京まふでは、主演キャスト7人が声優ユニット「SMILE PRINCESS」として活動していくことが発表されました。ここからはユニット活動についてうかがっていきます。まずは6月にTOKYO DOME CITY HALLで開催された「アニパチ-Anime Carnival- supported by OPENREC.tv」でのデビューステージについて聞かせてください。

 

増田 初ステージは本当にめちゃくちゃ緊張しました。愛佳ちゃんはすごく元気な女の子なので、ダンスもはっちゃけて元気にやるぞ!と思ってはいたんですが、私は歌って踊る経験というものがなかったので、やっぱり難しかったです。でもいざ本番になってみると、お客さんの熱とか、周りのメンバーの熱とかに支えられて、愛佳ちゃんとしてステージに立てたんじゃないかなと思います。すごく楽しかったです!

 

青山 初ステージの前から、YouTubeでずっと7人で一緒に活動はさせていただいていたんですよね。だからやっと7人で一緒に、初めてのステージに立てるのは嬉しかったです。しかもこういうご時世の中、有観客で私たちを見に来てくださったお客さんの前に立てるのがとても嬉しかった。きっとまだ「プラオレ!」を知らない方もいたと思うんですが、そういう人も一緒になって輪が広がっていくのが美しい景色だなと思いました。最高のステージでしたね。終演後、ダンスの先生たちが涙ぐみながら、よかったと言ってくれました。

 

──ユニットとしてのSMILE PRINCESSでは皆さんどんな役割なんですか?

 

青山 ダンスに関してはまゆち(相良茉優さん)と汐ちゃん(汐入あすかさん)、それと一応私が経験者として助けられたらいいねーって言ってる感じです。

増田 私から見ると、まゆち先輩は先頭に立ってみんなのことを見ながら、ダンスの先生に確認したりしてくれる感じです。よっぴ先輩は保育園のお散歩の時にみんなを後ろから見守ってくれる先生みたいな存在という認識です。

青山 そうらしいです。スタッフの方も、青山はダンス経験者として見てくれるのですが……。たとえば振り入れの日とかって、事前に資料として映像をもらってるんですね。私はある程度覚えてくるのを期待されてるのかなとか思っちゃうんですけど、映像で動きを覚えるの苦手だし、そもそもダンスは得意じゃないんですよ(笑)。だからますますちゃんとやらなきゃというのと、子犬のような心の間で揺れ動いています。

 

 

──ムードメーカー的な人とかっていますか?

 

増田 さとみん(本郷里実さん)かな? さとみんはいつも面白いです。

青山 変な子ですね(笑)。

 

──それはどういったところが?

 

青山 聞かれると困るんですよね。基本的に……変? さとみんって顔の表情は変わらないので、演じる清瀬優ちゃんみたいにクールな子なのかなと最初は思うんです。でも真顔ですごく変なことを言うんです。

増田 真顔でボケてくるからたまにボケが拾えないんですよ。

青山 あと、さいちゃん(北守さいか)は、本当にド陽キャなんですよ。あまりに陽の者すぎて最初は仲良くなれるか心配でした(笑)。でも陽の要素100%すぎて1周回って好きになっちゃいましたね。

増田 サバサバしてますよね。

青山 マジウケる、みたいな。ギャルではないんですけど、北守さいかも変な人ですね。

増田 さいちゃんがボールペンの詰替え用の芯で「書きやすいんだよー」って字を書いていたのを覚えてます。

青山 みんなナチュラルに面白いので、私って常識人だったんだなと認識する毎日です。そして、もりりん(森山由梨佳さん)はもう……。

増田 大天使!

青山 超常識オブクイーンです。

増田 何か困ったらもりりんに確認します。

青山 めちゃくちゃ真面目だし、とってもいい子だし、何か自分に通じるものを感じます。嬉しくないかもだけど、ごめん、もりりん……。

 

 

──どういうところが自分と通じて感じます?

 

青山 アフレコの取り組み方とか……私も実は結構根が真面目なんですよ。もりりんは根も素も真面目。真面目ってまるで面白みがないみたいで私は言われたくなかったんですけど、もりりんは真面目天使なんですよ。存在がありがてえ。

増田 尊いです。天使の羽でふぁさぁ……とみんなを包んでくれます。

青山 周りに面白い子が多いので、そのたびにあ、もりりんって天使なんだなと浮き彫りになります。

 


──「SMILE PRINCESS by プラオレ!」として、YouTubeにも力を入れていますよね。印象に残った動画や収録を教えてください。

 

増田 最近「相良・増田がプラオレ!聖地巡り」という動画をアップしたんです。結構スケジュールがキツくて、それぞれの場所には短い時間しかいられなかったんですが、それでもすごく楽しめました。YouTubeを見た人がその場所に行ってくれたら嬉しいなと思います。

青山 動画通りの順番で回って1日で回りきれるってことだもんね。

増田 そうです! ゆっくり行きたい方はゆっくりと(笑)。充実した1日だったので印象に残ってます。(別の動画で)インラインホッケーとかもしましたよね。それから、鬼ごっこしたりして。

青山 あれが初めて7人揃った動画だったね。最初はアレだったのがだんだんみんなインラインスケートに慣れていって、ホッケーの重たい装備も着慣れていくのが面白いと思います。

 


──増田さんのSMILE PRINCESSとしての初レコーディングについて聞かせてください。

 

増田 初めてのレコーディングは「ハレ、のちドリーミンぐっ!○」でした。アフレコと同じで、初めての現場ってめちゃくちゃ緊張しますね。たくさん練習していったんですけど……。愛佳ちゃんというキャラで歌うこと自体が難しかったです。でも歌自体がすごく楽しい歌だったので、歌っているうちに私も楽しい気持ちになってレコーディングできました。

青山 りっくん意外と声低いよね。YouTubeの歌ってみた動画とか見ると、愛佳のイメージの人はびっくりすると思います。

 

 

──青山さんにはアニメオープニング主題歌の「ファイオー・ファイト!」のレコーディングについてうかがえますか?

 

青山 あの曲はレコーディング前に私が落合さんに「『ファイオー・ファイト!』ってソロバージョン作らないんですか?」ってなんの気なしに聞いたんです。そしたら落合さんがすごく本気にしてくださったんです。それで最初はパート歌唱の予定だったのが、全員フルコーラス歌ってソロバージョンを作ることになりました。

増田 そうだったんですか!

青山 あまりにもいい曲だったので、みんなのソロバージョンを聴きたいと思ったらかなってしまいました。だからレコーディングの日は通して歌ったんですけど、誰がどのパートを歌うかはまだわかりませんという状態でした。誰しも歌いたいところってあるじゃないですか、Dメロのうまいところ、落ちサビって言うんですか。だからそこは競争で、できあがったら誰がどこを歌うかみんなでチェックしました。

増田 最初は全員で一緒に聴いたんです。

青山 すごく面白かったし、歌のパワーで歌詞割が決められていて、やっぱり愛佳って強いなと思いました。こだわって作られているので、みなさんも鍛え上げられた音感でチェックしてみてください!

 


──レコーディングは誰が主に見てくれていたんですか?

 

青山 「ファイオー・ファイト!」は作編曲の田中秀和さんが立ち会ってくれました。

 

──青山さんは田中さんとはデビュー当時からのつきあいですよね。

 

青山 レコーディングはあうんの呼吸でした(笑)。田中秀和さんにはもう本当にデビュー当時からずっとお世話になっていたので、また新しい作品でこうして一緒にお仕事ができるのは本当にありがたくて嬉しかったです。

 

──さて、声優ユニット「SMILE PRINCESS」として正式に始動したわけですが、これからの長い目で見た夢、いや野望があれば聞かせてください。

 

増田 野望、野望か。

青山 3年後どうなってたい(笑)?

増田 ……(日本)武道館! 行きたいです。

青山 ヒュー!

増田 あとはいつか海外とかもいけたらいいなと思います。

青山 ほんとそうですね。武道館、わー言っちゃったー! でも夢は言っとこう! 夢は言葉にすればかなうかもしれないので。でもこれは私たち自身のがんばりもそうだし、ファンの皆さんに応援していただいて、いろいろ積み重なってのものなので。まずは私たちがこれ以上がんばれないよ~ってぐらい頑張って、ひとりでも多くの人にアイスホッケーの魅力やSMILE PRINCESSの絆が広まればいいなと思います。直近の野望だと、りっくんが来年成人式なので、みんなで花束持っていきたいです(笑)。……あとはアニメが大成功してくれると嬉しいです。幸あれ(小声で)。

 

 

──ちょっと違う方向性で、アイスホッケーのリンクでビクトリーダンスとかはどうですか?

 

青山&増田 やりたいです!

青山 それなんですよ。それは本当にやりたくて。

増田 結構みんなで話してたりもするんです。(スケートで)滑るのかな?

青山 たしかに! どうなるんだろう。H.C.栃木日光アイスバックスのみなさんにお世話になっているので、そこでビクトリーダンスを披露して、「プラオレ」が好きな人、アイスホッケーが好きな人、みんなで集まってそれぞれにとっていいものになったらいいなぁ……とすごく思います。 

 

──最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。

 

青山 真美は今後どうなっちゃうのという展開ですが、その別れは涙なしには見られないと思います。魂込めて演じさせてもらいました。ライバルチームのキャラクターや声優さんたちもすごく魅力的なので、そちらも注目してください。SMILE PRINCESSのみんなの成長も楽しみに見てもらえればなと思います!

増田 10月に始まりました、TVアニメ「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」は、かわいい女の子たちがアイスホッケーに青春をかける本当に熱いアニメになっています。私たちSMILE PRINCESSもがんばっていろいろな活動をしていくので、応援をよろしくお願いします!

 

(取材・文・撮影:中里キリ)


プレゼントキャンペーン概要


<賞品>
■「プラオレ!」インタビュー記念、増田里紅×青山吉能サイン入りパックを抽選で1名様にプレゼント!

<応募要項>

・応募期間:2021年10月21日(木)~2021年10月28日(木)23:59
・当選人数:1名様
・当選発表:賞品の発送をもって発表にかえさせていただきます
・賞品発送:順次発送予定
・応募方法:以下の専用応募フォームにて受付

<注意事項>
・応募には会員登録(無料)が必要です。
・応募はひとり1回に限らせていただきます。
・抽選結果・発送状況に関するお問い合わせには応じられません。
・当選された賞品もしくは権利を第三者に譲渡・転売することを禁じます。
・カカクコムグループ社員、および関係者は参加できません。
・賞品の発送は国内に限らせていただきます。
・梱包には細心の注意を払いますが、万が一運送中の事故により破損等した場合でも、返品・交換等は受け付けられませんので、あらかじめご了承ください。
・下記の場合は、当選を無効とさせていただきますので、ご注意ください。
 同一住所または同一世帯で複数回ご当選されている場合
 不正なアカウント(同一人物の複数アカウントなど)を利用して応募した場合
 ご当選者の住所、転居先不明・長期不在などにより、賞品をお届けできない場合
 ご登録いただいたご連絡先・お届け先情報の不備により、賞品がお届けできない場合
 賞品お届け先ご連絡締切日までに、ご連絡いただけなかった場合
 ご応募に関して不正な行為があった場合



画像一覧

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

  • 【サイン入りパックをプレゼント!】愛佳と真美の涙の別れから、声優ユニット「SMILE PRINCESS」としての野望まで! 「プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~」増田里紅×青山吉能インタビュー!

関連作品

プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~

プラオレ!~PRIDE OF ORANGE~

放送日: 2021年10月6日~   制作会社: C2C
キャスト: 増田里紅、本郷里実、相良茉優、北守さいか、汐入あすか、森山由梨佳、青山吉能
(C) 2020 プラオレ!メディアミックスパートナーズ

関連声優

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。