金型を管理し、売れ筋アイテムを読む……童友社が、40年前の「太陽の牙ダグラム」のプラモデルを完全復刻するまでの苦労とは!?【ホビー業界インサイド第72回】

2021年07月17日 11:001
金型を管理し、売れ筋アイテムを読む……童友社が、40年前の「太陽の牙ダグラム」のプラモデルを完全復刻するまでの苦労とは!?【ホビー業界インサイド第72回】

量販店でプラモを買う時代、模型屋のオヤジが果たしていた教育的役割を振り返る


── 話を「太陽の牙ダグラム」に戻しますが、マックスファクトリーが1/72で新しいプラモデルを開発しましたよね。ああした他メーカーの動きは、復刻版の販売に影響しないんでしょうか?

内田 影響しますね。おそらく、マックスファクトリーさんの1/72 ダグラムは30周年(2011年)に合わせて、発売するつもりだったんじゃないでしょうか。ファン待望の新設計だし、雑誌などで早い時期から盛り上げますよね。ところが、やはりスケジュールが遅延して、発売が延期されてしまいました。そのとき、童友社の30周年記念ボックスなら、市場にあったわけです。すると、弊社のボックスが売れる。結局、マックスファクトリーさんのダグラムは3年ほど遅れたと思うのですが……。

── はい、2014年の発売です。

内田 その間に、弊社の30周年記念ボックスが売り切れて、マックスファクトリーさんのダグラムが発売されたタイミングで、その後に発売した新しいボックスが売れてくれました。すべて偶然ではあるのですが、明らかな相乗効果がありました。

── 古いプラモデルだと、バリ(金型の隙間から流れ出た樹脂)が多くて大変な場合がありますよね。

内田 バリができるのには、いくつか理由があります。まず、もともとの金型の出来がよくなくて、最初からバリが出てしまう場合。もうひとつは、あまりに大量に生産しつづけた場合。365日、休まず成型しつづけたりすると、どうしてもバリが生じてしまいます。最後に、金型の管理が悪い場合。金型のあいだに隙間が空いていて、地面に置いてあったりすると、そこから湿気を吸って錆びてしまいます。倉庫の雨漏りが原因だったり、屋外に置きっぱなしで金型が傷んでしまうこともあります。ぴったりと閉じてあって、内側に油が塗ってあれば、そんなには傷まないはずです。金型は非常に重たいので、そう簡単に移動できないんです。今回発売する40周年記念ボックスは、もともとの日東科学さんの金型が優秀なので、それほどバリはないはずですよ。


── ひさびさにプラモデルを作る人には、ちょっと厳しかったりするかも知れませんね。

内田 大手メーカーなら、ちょっとした事でも許されないでしょう。弊社の場合、「童友社が復刻してくれるだけで本当にありがたい」と、ハードルを下げてもらえます。

── 企業イメージですか?

内田 うーん……。日本人の性癖なのか、こうしたマニア向けの製品は「ここが違う」と指摘されがちですよね。だけど、童友社の場合は逆ベクトルの視線で見てもらえている。「まあ、童友社はこの程度でいいんだよ」とバカにされているのか、期待されているのか、よくわからないけれど(笑)。何か、暗黙の了解があるみたいです。とは言っても、100人にひとりぐらいは「どうしてこんなに出来が悪いのか」と言ってくる方もいらっしゃいます。

── 最新のガンプラと比較されてしまうんでしょうか?

内田 ニッパー不要で手でパーツをもぎとれて、接着剤を使わず組み立てて、シールをちょっと貼るだけできれいな完成品を手に入れられる時代なので、同じ売り場で買ったプラモデルなのに、どうしてこんなに手間がかかるのか……と思われてしまうのは、仕方のないことです。「これは輸入キットだから」「これは復刻版だから」と分けてくれるお客さんばかりではない、ということです。何しろ、接着剤を使うことすら知らない方もいらっしゃいますから。昔は、プラモ専門店ばかりだったので、「どうなってんの、コレ?」とお客さんが聞いてきたら、「ここは接着剤で止めるんです」と模型店の主人に教えてもらえましたよね。何だったら、「そんなことも知らずに買ったアンタが悪いんだ」と怒られかねない(笑)。

── 模型屋のオヤジたちも自分で組み立てて塗装もしたりしていて、非常に詳しかったですよね。

内田 そう、プラモデル好きがこうじて経営している人ばかりでしたから。駄菓子屋のオバサンにだまされ、模型屋のオヤジに怒鳴られ……そういう経験が、我々を成長させてくれました。今は量販店がメインですから、教育する人が少ないのかもしれませんね。
弊社は、あの手この手で復刻版のプラモデルを発売してきました。決して大きな売り上げには結びつかないのですが、皆さんが「まだ、このキットを復刻してくれるのか」と、喜んでくれることが何より大事です。



(取材・文/廣田恵介)
(C) サンライズ

画像一覧

  • 金型を管理し、売れ筋アイテムを読む……童友社が、40年前の「太陽の牙ダグラム」のプラモデルを完全復刻するまでの苦労とは!?【ホビー業界インサイド第72回】

  • 金型を管理し、売れ筋アイテムを読む……童友社が、40年前の「太陽の牙ダグラム」のプラモデルを完全復刻するまでの苦労とは!?【ホビー業界インサイド第72回】

  • 金型を管理し、売れ筋アイテムを読む……童友社が、40年前の「太陽の牙ダグラム」のプラモデルを完全復刻するまでの苦労とは!?【ホビー業界インサイド第72回】

  • 金型を管理し、売れ筋アイテムを読む……童友社が、40年前の「太陽の牙ダグラム」のプラモデルを完全復刻するまでの苦労とは!?【ホビー業界インサイド第72回】

  • 金型を管理し、売れ筋アイテムを読む……童友社が、40年前の「太陽の牙ダグラム」のプラモデルを完全復刻するまでの苦労とは!?【ホビー業界インサイド第72回】

  • 金型を管理し、売れ筋アイテムを読む……童友社が、40年前の「太陽の牙ダグラム」のプラモデルを完全復刻するまでの苦労とは!?【ホビー業界インサイド第72回】

関連作品

太陽の牙ダグラム

太陽の牙ダグラム

放送日: 1981年10月23日~1983年3月25日   制作会社: サンライズ
キャスト: 井上和彦、田中亮一、山田栄子、銀河万丈、宮内幸平、高島雅羅、山内雅人
(C) サンライズ

鎧伝サムライトルーパー

鎧伝サムライトルーパー

放送日: 1988年4月30日~1989年3月4日   制作会社: サンライズ
キャスト: 草尾毅、佐々木望、竹村拓、西村朋紘、中村大樹、渡辺久美子、日下部かおり、笹岡繁蔵、梁田清之、二又一成、松本保典、小杉十郎太、若本規夫、大林隆介
(C) SUNRISE

獣神ライガー

獣神ライガー

放送日: 1989年3月11日~1990年1月27日   制作会社: サンライズ
キャスト: 田中真弓、沢りつお、松井菜桜子、伊藤美紀、塩屋浩三、藤井佳代子、神代知衣、有馬端香、梁田清之、勝生真沙子、島田敏、戸谷公次、中村秀利、速水奨、堀内賢雄、こおろぎさとみ、池田勝
(C) 1989 永井豪/ダイナミック企画・サンライズ

太陽の勇者ファイバード

太陽の勇者ファイバード

放送日: 1991年2月2日~1992年2月1日   制作会社: サンライズ
キャスト: 松本保典、伊倉一恵、岩坪理江、永井一郎、笹岡繁蔵、神代知衣、滝口順平、郷里大輔、島香裕、梁田清之
(C) サンライズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

コメント(1)
ソウキソウキ2021/07/18 14:30

素敵ですね。 バンダイなどの手軽に作れる創意工夫も正直人類の叡智として尊敬していますが、模型は素材・叩き台ですからね。本腰入れて作りたい作品なら切った貼ったで原型を留めないかも知れません。 それにバリがいっぱい出るということは、メーカーさんは余計にスチロール樹脂を使っているということで、それだけ損しちゃってるとも言えるわけで。

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事