アニメスケールの「1/460 古代ロボ ゴダイガー」(アオシマ)を知っているか? 連載初、アニメ未放映のオリジナルロボを決死の覚悟で組み立てろ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第12回

2021年06月27日 11:001
アニメスケールの「1/460 古代ロボ ゴダイガー」(アオシマ)を知っているか? 連載初、アニメ未放映のオリジナルロボを決死の覚悟で組み立てろ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第12回

「いつ終わるのか?」「次こそ終わりか?」と危ぶまれつづけた当連載も、おかげさまで1年もちました。さて、そんな記念すべき連載1周年だというのに、今回のアイテムはアオシマ(青島文化教材社)さんのオリジナルデザインのロボット、「古代ロボ ゴダイガー」。300円ガンダムと同じ箱サイズ、当時価格も300円です。
一応、当連載のタイトルは「B級アニメプラモ」となっていますが、コイツは「アニメ」ではないんですよね。だって、テレビ放送も劇場公開も、ましてOVAで発売されてるわけではないからね。では、どうして取り上げたかというと、箱に「アニメスケール 130mmシリーズ」って書いてあるから。

▲ アオシマ愛好家の皆様にはおなじみ、「活躍想像図」という誇らしげな、それでいて逃げ口上にも言い訳にも聞こえる滋味ぶかい惹句(じゃっく)。そして、「アニメスケール」の共通ロゴ。1980年の「伝説巨神イデオン」の「光るイデオン」あたりから使われはじめたブランドネームだよね

でも、「アニメスケール」って一体どういう意味なんだろう? アニメに出てくる架空のメカではあるけど、スケールモデルのように忠実につくりましたよ……的な、メーカーの宣言のようにも聞こえる。まあ、勢いというかノリなんだろうけど、アオシマの300円サイズを代表する言葉だよね。
そして、ちゃんと「ゴダイガー」にはストーリー設定があるんだよ。箱の横にギッシリと刷られているので、落ち着いてじっくり読んでみよう。

▲ このストーリー設定によると、ゴダイガーはアトランジャーの「兄弟ロボット守護神」だそうです。ただの「兄弟ロボット」じゃないよ、「守護神」でもあるんだよ。「情報は十字架又はサブ・コンピューターで処理される」って、十字架とコンピューターが一緒なのかよ。世界観がちぐはぐだけど、その個性こそが「作品」ってもんですよ

天然ではなくて、ネタというかウケ狙いした痕跡があるよね、このストーリー設定は。この300円の「ゴダイガー」の発売は1982年3月。テレビでは「戦闘メカ ザブングル」が放送されはじめた頃だけど、まだロボットアニメに対するイメージが洗練されてなかったのかな。
あのね、ストーリー設定なんかより俺が驚いたのは、箱の横の完成画像なんですよ。普通ここには、テストショットを組み立てて塗装した写真が載るじゃないですか。不自然なポーズをとらせてまで、キットの可動スペックをアピールしますよね? ところが、写真じゃなくて絵なのよ。

▲ 右端の2枚を見ると、この足の反った立ちポーズと武器の構え方、「伝説巨神イデオン」「銀河旋風ブライガー」の樋口雄一さんっぽくない? ご本人にメールすれば一発でわかるのかもしれないけど、今回は追求しません。そういう情報精度の高い連載じゃないんで、別の場所でね

しかしまあ、商品に忠実だったり設定画風にパースがついていたり、不思議な4枚の絵ですね。じゃあ、箱をあけてパーツも見てみましょうか。ランナーは真っ白です。

▲ ガンダム的に、ヘルメットが両頬まで伸びているデザインなんだな。で、額のマークと両ツノは、斜め上に跳ねている。なおかつ口の部分がガードというかマスク状になっていると、コワモテになるよね。ロボットの顔としては、甲冑型で好きなタイプです

▲ 次に、武器パーツ周辺。この、ガンダム的・大河原的なリアルとは明らかに異なる銃の未来感、青龍刀みたいなスーパーロボット風の剣とかねえ。80年代前半のロボットアニメ文化の混沌を、そのまま形にしたような武器類ですね

しかしねえ、逆をいうと、顔と武器以外は箱みたいな白いパーツばかりで、あまりにも不安……。だけど、プラモデルって作ってみないとわからないものなんだよ。組み立ててみれば、そのメーカーなり、そのキットなりの個性や工夫がわかるものなんだよ。俺の長年の経験と勘が、そう言っているんだよ! この不安に打ち勝つには組み立てるしかない、聞いたこともない「古代ロボ ゴダイガー」をな!

画像一覧

  • アニメスケールの「1/460 古代ロボ ゴダイガー」(アオシマ)を知っているか? 連載初、アニメ未放映のオリジナルロボを決死の覚悟で組み立てろ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第12回

  • アニメスケールの「1/460 古代ロボ ゴダイガー」(アオシマ)を知っているか? 連載初、アニメ未放映のオリジナルロボを決死の覚悟で組み立てろ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第12回

  • アニメスケールの「1/460 古代ロボ ゴダイガー」(アオシマ)を知っているか? 連載初、アニメ未放映のオリジナルロボを決死の覚悟で組み立てろ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第12回

  • アニメスケールの「1/460 古代ロボ ゴダイガー」(アオシマ)を知っているか? 連載初、アニメ未放映のオリジナルロボを決死の覚悟で組み立てろ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第12回

  • アニメスケールの「1/460 古代ロボ ゴダイガー」(アオシマ)を知っているか? 連載初、アニメ未放映のオリジナルロボを決死の覚悟で組み立てろ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第12回

  • アニメスケールの「1/460 古代ロボ ゴダイガー」(アオシマ)を知っているか? 連載初、アニメ未放映のオリジナルロボを決死の覚悟で組み立てろ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第12回

  • アニメスケールの「1/460 古代ロボ ゴダイガー」(アオシマ)を知っているか? 連載初、アニメ未放映のオリジナルロボを決死の覚悟で組み立てろ!【80年代B級アニメプラモ博物誌】第12回

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

コメント(1)
ソウキソウキ2021/06/28 16:47

今までの連載の、キットを手に取っているかのような臨場感の高さが、今回あだになってしまわないか?とはいえ”どのくらいのモノなのか“が知れたのは有益。

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事