2021年にふさわしい現代的なガンダム作品『閃光のハサウェイ』、超絶クオリティの理由を小形尚弘プロデューサーに聞いてみた【アニメ業界ウォッチング第78回】

2021年06月19日 11:002
2021年にふさわしい現代的なガンダム作品『閃光のハサウェイ』、超絶クオリティの理由を小形尚弘プロデューサーに聞いてみた【アニメ業界ウォッチング第78回】

実写映画的で、リアルな絵づくりを実現するため、3DCGを縦横に駆使


── 『閃光のハサウェイ』は映像作品として重厚で、ガンダムシリーズでも異色ですね。

小形 映像的には、過去のサンライズやガンダム作品にはなかった質感に仕上がりました。村瀬さんから「ガンダム的じゃなくてもいいの?」と聞かれました。「はい、思い切ってやっちゃってください」と答えましたが、村瀬さんは「ガンダムなら、これぐらいかな」という辺りのバランスに落ち着けてくれたと思います。

── それでも、ガンダムシリーズとしては渋いムードになりましたね。

小形 『機動戦士ガンダムUC』も、シリーズを開始した当初は「こんな渋くていいの?」「こんなオジサンばかり出てくるアニメ、誰が見るの?」と言われました。だけど、結果的に幅広い支持を集めています。『ガンダムUC』には、これまでガンダムを好きでいてくれた方々に喜んでいただけるセリフやシチュエーションが、ふんだんに入っています。それに比べると『閃光のハサウェイ』は、よりドライでソリッドです。今回、モビルスーツの戦闘シーンはこれまでの延長ではなく、新しい表現ができたのではと思います。

── これまで見たことがないほど、実写的な表現になりましたね。

小形 もともと、サンライズの第1スタジオは手描きがベースで、3DCGはプラスアルファで使う考えでした。今回は結果としてまったく逆になり、3DCGがベースにあって、手描きをプラスアルファしています。ほとんどのカットを3DCGで作成して、村瀬さんのところで推敲して、レイアウトを決めています。メカだけでなく、キャラクターの芝居もです。たいへんな時間とコストがかかりましたが、レイアウトを切れるアニメーターは希少になりつつあり、年々、手描きの動画でニュアンスまで拾える人材も減ってきています。これまでの手描きを中心とした工程とはまったく違いますが、これからのデジタルネイティブな若いクリエイターたちなら、順応しやすいと思います。手探りで試行錯誤してきて、ようやく、今回の『閃光のハサウェイ』で雛形ができました。今後は、3DCGで補助しながら手描きでアニメーションを加えていくつくり方もひとつの流れになると思います。

── そこまで3DCGが浸透しているとは思いませんでした。

小形 私が制作進行として業界に入ったときは、ちょうど仕上げがセルからデジタルへ移行していく時期でした。アニメの制作環境は常に変動していて、工程もその時代ごとに変化していくものです。モビルスーツのシーンに関しては、中盤のダバオ空襲シーンでハサウェイの目の前で行われる格闘戦は、これまでのように2Dの手描きを中心に構成され、それ以外の空中戦は、3Dを主体に構成されています。


── その空襲シーンですが、2001年の同時多発テロ事件を思い起こされるような迫真性がありました。

小形 元になっているのは、富野由悠季さんが30年前に書いた小説です。富野さんはその時代の社会情勢を小説に織りこみながら、次に来るテロの時代を予見していたのでしょう。当時はイラン・イラク戦争の直後ぐらいですが、ようやく時代が富野さんの先見性に追いついたのだと思います。映像化にあたっては、ダバオにロケハンして、小説の描写に肉づけしていきました。ロケハン時に街中で撮った写真が、かなり役立ってくれています。

── 富野さんから、何か要望はありましたか?

小形 富野さんからは当初、三角関係をテーマにした韓国映画を渡された程度で、「あとは自由にどうぞ」という感じでした。完成したものを観たあと、「映画として構成をもっと考えてはどうか」と言われました。


── しかし、十分に魅力的な映画として成立していると思います。

小形 ええ、小説がすでに映画的なんです。ただ、小説特有のわかりにくさがありますから、観客が置いてきぼりにならないように構成を考えました。結果、アニメーション自体のつくり方も含めて、2021年という時代にふさわしい映画になったと思います。

画像一覧

  • 2021年にふさわしい現代的なガンダム作品『閃光のハサウェイ』、超絶クオリティの理由を小形尚弘プロデューサーに聞いてみた【アニメ業界ウォッチング第78回】

  • 2021年にふさわしい現代的なガンダム作品『閃光のハサウェイ』、超絶クオリティの理由を小形尚弘プロデューサーに聞いてみた【アニメ業界ウォッチング第78回】

  • 2021年にふさわしい現代的なガンダム作品『閃光のハサウェイ』、超絶クオリティの理由を小形尚弘プロデューサーに聞いてみた【アニメ業界ウォッチング第78回】

関連作品

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

上映開始日: 2021年6月11日   制作会社: サンライズ
キャスト: 小野賢章、上田麗奈、諏訪部順一、斉藤壮馬、津田健次郎、石川由依、落合福嗣、武内駿輔、松岡美里、沢城千春、種﨑敦美、山寺宏一
(C) 創通・サンライズ

機動戦士ガンダムUC episode 1 「ユニコーンの日」

機動戦士ガンダムUC episode 1 「ユニコーンの日」

発売日: 2010年3月12日   制作会社: サンライズ
キャスト: 内山昂輝、藤村歩、下野紘、戸松遥、浪川大輔、豊口めぐみ、甲斐田裕子、池田秀一、柿原徹也、手塚秀彰、菅生隆之、永井一郎、高木渉、小山力也、東地宏樹、成田剣、伊瀬茉莉也
(C) 創通・サンライズ

機動戦士ガンダム サンダーボルト

機動戦士ガンダム サンダーボルト

配信日: 2015年12月25日~2016年4月22日   制作会社: サンライズ
キャスト: 中村悠一、木村良平、古川由利奈、逢坂良太、杉田智和、行成とあ、大原さやか
(C) 創通・サンライズ

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)

機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)

上映開始日: 2018年11月30日   制作会社: サンライズ
キャスト: 榎木淳弥、村中知、松浦愛弓、梅原裕一郎、藤村歩、古川慎、塩田朋子、てらそままさき、中井和哉、山路和弘、星野貴紀、佐藤せつじ、駒田航、荒井勇樹、島田岳洋、玉野井直樹、中村文徳、横溝菜帆
(C) 創通・サンライズ

劇場版 機動戦士ガンダムF91

劇場版 機動戦士ガンダムF91

上映開始日: 1991年3月16日   制作会社: サンライズ
キャスト: 辻谷耕史、冬馬由美、池元小百合、寺島幹夫、荘司美代子、高杉哲平、前田昌明、草尾毅、梁田清之
(C) 創通・サンライズ

新機動戦記ガンダムW

新機動戦記ガンダムW

放送日: 1995年4月7日~1996年3月29日   制作会社: サンライズ
キャスト: 緑川光、関俊彦、中原茂、折笠愛、石野竜三、矢島晶子、子安武人、置鮎龍太郎、紗ゆり、横山智佐、冬馬由美
(C) 創通・サンライズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

コメント(2)
Tokyo2020Tokyo20202021/07/01 02:13

日本アニメ初のネイティブ ドルビーアトモス作品『BLAME!』を無かったことに https://togetter.com/li/1733519

takam3takam32021/06/21 21:27

「この『閃光のハサウェイ』も、洋画に興味を持ちはじめる小学校高学年から中学生くらいに、ちょっと背伸びをして観てもらいたいです。」 だったら特別興行とかで子供から高い金取るのやめて普通料金で見せてやれよ

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事