インテル製SSDの160GBモデルとG.SKILL製SSD「TITAN」(128/256GB)シリーズが登場!

アキバ総研 | 2009年01月09日 22:00

高速な2.5インチSATA接続SSDがIntelとG.SKILLから登場した。



今回登場したのは、容量160GBの2.5インチIntel製SSD「SSDSA2MH160G1C5」、G.SKILL製2.5インチSATA接続SSD「TITAN」シリーズ。


まず、Intel「SSDSA2MH160G1C5」は、MLCチップ採用の2.5インチSATA接続SSD。昨年9月ごろに同社から発売されたSSD「X25-M」シリーズに属する製品で、容量160GB仕様の上位モデルとなる。

最大転送速度は、読み込み240MB/sec、書き込み70MB/secとなっており、発売済みの「SSDSA2MH080G1C5」(80GBモデル)と同じ。このほかのスペックは、インターフェイスがSerial ATA 3Gbps、消費電力がアクティブ時0.15W、アイドル時0.06W。

販売開始日は10日(土)で、予価はドスパラ 秋葉原本店で92,980円、クレバリー1号店で99,723円、T-ZONE PC DIY SHOPで99,800円。なお、パソコンショップ アークも近日中に入荷予定としている。

akiba20090108__0808.jpg akiba20090108__0809.jpg

そして、G.SKILL「TITAN」シリーズは、容量128GB「FM-25S2S-128GBT1」、256GB「FM-25S2S-256GBT1」の2モデルをラインナップしたMLCチップ採用の2.5インチSATA接続SSD。

特徴は、本体のケースに強度の高い合金を利用し、耐衝撃性を高めた点など。気になるデータ転送速度はシーケンシャルリード時200MB/sec、シーケンシャルライト時160MB/secで、アクセスタイムは0.2ms。なお、代理店ディラックのウェブサイトではベンチマーク結果を掲載(※リンク先はPDFファイル)しており、シーケンシャルリード時210MB/sec、シーケンシャルライト時160MB/secといった結果がでている。インターフェイスはSerial ATA II 1.5Gbps/3.0Gbpsで、サイズは69.63×99.88×9.3mm。

価格は、128GBモデル「FM-25S2S-128GBT1」がBLESS秋葉原本店で44,800円(売り切れ)。256GBモデル「FM-25S2S-256GBT1」がTWOTOP秋葉原本店で59,980円、BLESS秋葉原本店で64,800円。

20090109220000.jpg akiba20090109__0987.jpg akiba20090109__0990.jpg akiba20090109__0027.jpg

【関連記事】
リード230MB/s、ライト160MB/sのMLC採用SSDが発売! 256GBモデルあり(2008年12月26日)
CFD製格安SSD「SSD J」シリーズ発売! 30GB/7.6千円、60GB/1.5万円、120GB/2.8万円(2008年11月30日)
低価格(32GB/約8千円)なA-DATA製SSDとUSBコネクタ付きのPhotoFast製SSDが発売!(2008年11月27日)

【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ‐SSD
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
Intel
G.SKILLFM-25S2S-128GBT1」「FM-25S2S-256GBT1」製品情報


【取材協力ショップ】:BLESS秋葉原本店&クレバリー1号店&T-ZONE PC DIY SHOP&TWOTOP秋葉原本店&ドスパラ 秋葉原本店&パソコンショップ アーク

  • インテル製SSDの160GBモデルとG.SKILL製SSD「TITAN」(128/256GB)シリーズが登場!

  • インテル製SSDの160GBモデルとG.SKILL製SSD「TITAN」(128/256GB)シリーズが登場!

  • インテル製SSDの160GBモデルとG.SKILL製SSD「TITAN」(128/256GB)シリーズが登場!

  • インテル製SSDの160GBモデルとG.SKILL製SSD「TITAN」(128/256GB)シリーズが登場!

  • インテル製SSDの160GBモデルとG.SKILL製SSD「TITAN」(128/256GB)シリーズが登場!

  • インテル製SSDの160GBモデルとG.SKILL製SSD「TITAN」(128/256GB)シリーズが登場!