IDE接続の2.5インチSSDがOCZからも登場! 32GB/約9千円

アキバ総研 | 2008年12月24日 19:15

OCZ製2.5インチSSD「OCZSSDPATA1-32G」が新発売となった。



OCZ「OCZSSDPATA1-32G」は、インターフェイスにパラレルIDE接続を採用した容量32GBの2.5インチSSD。店頭で確認できるパラレルIDE接続タイプの2.5インチSSDは、本モデルで2製品目となる。

特徴は、9,000円を切る実売価格と転送速度。BLESS秋葉原本店のPOPによると、最大転送速度は読み込み時80MB/s、書き込み時48MB/sという。採用フラッシュメモリはMLC NANDフラッシュとなっている。

なお、同様のパラレルIDE接続を採用するタイプとして、すでにトランセンド「TS32GSSD25-M」(リード66MB/s、ライト47MB/s)が発売している。

価格は、BLESS秋葉原本店で8,980円。

20081224191500.jpg akiba20081224__0350.jpg

【関連記事】
CFD製格安SSD「SSD J」シリーズ発売! 30GB/7.6千円、60GB/1.5万円、120GB/2.8万円(2008年11月30日)
低価格(32GB/約8千円)なA-DATA製SSDとUSBコネクタ付きのPhotoFast製SSDが発売!(2008年11月27日)
EeePC専用の大容量SSDがグリーンハウスからも登場! 32GB/1.2万円、64GB/2.4万円(2008年11月25日)

【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ‐SSD
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
OCZ

【取材協力ショップ】:BLESS秋葉原本店

  • IDE接続の2.5インチSSDがOCZからも登場! 32GB/約9千円

  • IDE接続の2.5インチSSDがOCZからも登場! 32GB/約9千円