映画界のダークヒーロー白石和彌が描く、黒き戦士の物語! リブート作品「仮面ライダーBLACK SUN」制作決定! 2022年春始動!

2021年04月03日 15:240
映画界のダークヒーロー白石和彌が描く、黒き戦士の物語! リブート作品「仮面ライダーBLACK SUN」制作決定! 2022年春始動!

仮面ライダー生誕50周年を記念して、仮面ライダーシリーズの中でも金字塔作品と言える「仮面ライダーBLACK」を名匠・白石和彌監督の指揮のもと、「仮面ライダーBLACK SUN」として新たに制作されることが発表された。
本シリーズは2022年春スタート予定だ。

1971年にテレビ朝日系にて放送を開始した「仮面ライダー」(原作:石ノ森章太郎)。以来、令和仮面ライダー2作目であり現在放送中の「仮面ライダーセイバー」に至るまで、子供から大人まで楽しめる数々の仮面ライダーが登場し、半世紀に渡って変わらず愛され続けてきました。そして2021年に仮面ライダーシリーズは50周年を迎える。

今回、仮面ライダー生誕50周年を記念して、歴代仮面ライダーシリーズの中でも原作「仮面ライダー」への原点回帰をコンセプトとし、過酷な運命を背負った主人公の悲哀に満ちたストーリーが魅力的な人気作「仮面ライダーBLACK」を30年以上の時を経て新たにリメイクされることが決定した。作品ロゴは書道家の武田双雲さんの書き下ろし!
本作の世界観が美しく、壮大に表現されている。

さらに本作の監督を務めるのは、「凶悪」や「孤狼の血」などの大ヒット作品を数多く手掛けてきた名匠・白石和彌監督。1987年に放送された「仮面ライダーBLACK」を白石和彌監督が新しい視点で切り取り、描きなおす全く新しい「仮面ライダーBLACK SUN」に、期待が高まる。

 

■白石和彌監督コメント

仮面ライダーBLACKのリブートという、とんでもないプロジェクトに身震いしています。
仮面ライダー50年の歴史の重さに押しつぶされないように才能の全てを注ぎ込みます。
南光太郎と秋月信彦の二人の悲しみの物語が、日本のヒーロー史に新たな爪痕を残せるように頑張ります。ご期待ください!


【作品情報】
「仮面ライダーBLACK SUN」
監督:白石和彌
展開時期:2022年春
著作権表記:石森プロ・ADKEM・東映

アートディレクション&デザイン:鈴木雅人(FLYINGBELLCOMPANY)
筆文字制作:武田双雲(双雲事務所)


旧作「仮面ライダーBLACK」

創世王が率いる暗黒結社「ゴルゴム」。
その次期創世王候補=世紀王として選ばれたのは、南光太郎とその親友・秋月信彦であった。
世紀王「ブラックサン」へと改造された光太郎は、脳改造を受ける寸前に脱出を果たし、ゴルゴムと戦うことを決意。
襲い掛かる数々の怪人。そして、ゴルゴムの戦士「シャドームーン」として立ちはだかる信彦。
光太郎は正義の使者「仮面ライダーBLACK」を名乗り、ゴルゴムの陰謀を打ち砕く!

 

放送期間:1987年10月4日~1988年10月9日
エピソード数:51話
原作:石ノ森章太郎
脚本:上原正三杉村升ほか
監督:小林義明ほか
制作:毎日放送/東映

(C)石森プロ・ADKEM・東映

画像一覧

  • 映画界のダークヒーロー白石和彌が描く、黒き戦士の物語! リブート作品「仮面ライダーBLACK SUN」制作決定! 2022年春始動!

  • 映画界のダークヒーロー白石和彌が描く、黒き戦士の物語! リブート作品「仮面ライダーBLACK SUN」制作決定! 2022年春始動!

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。