【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

2020年12月29日 13:000
【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

2020年、みなさんはどのようなゲームを楽しみましたか。今年は「おうち」で過ごす時間が多くなったこともあり、ゲームをプレイする時間が増えたという人もいると思います。Nintendo Switchでは、気軽に楽しめるインディーズゲームが数多く発売されました。たくさんの人がプレイし、今年の思い出となったという人もいることでしょう。

さて、今回は、著者が2020年に遊んだインディーズゲームの中から、特に面白かったと思うゲームをピックアップしてご紹介します。紹介するゲームは、この5本です。ぜひ、プレイしてみてください。

目次
キオクをたどり謎を解くアドベンチャーゲーム「アンリアルライフ」
荒廃した世界に生命を創造しよう!「World for Two」
ひとりで楽しめる人狼ゲーム「グノーシア」
彼女の恋と人生を描くアドベンチャーゲーム「Florence」
当時のアーケードシーンの興奮が蘇る「198X」

アンリアルライフ

  • ジャンル:アドベンチャー
  • メーカー名:room6
  • 価格:2,400円(税込)
  • 発売日:2020/5/14

触ったモノのキオクを読み取ることができる、少女の旅を描くアドベンチャーゲーム。記憶を喪失した少女は、ある日しゃべる信号機と出会います。少女は街を歩き、触ったモノから記憶をたどっていきます。



記憶を探す方法ですが、マップを移動すると調べられる個所にマークが現れますので、そこを調べていきます。記憶のある個所はたくさんあるので、ひとつひとつをていねいに調べていきましょう。



モノの記憶をたどった先に少女は、自分の記憶を取り戻すことができるのでしょうか。美しいピクセルアートで描かれる夜の街へと旅立ってみてください。



World for Two

  • ジャンル:アドベンチャー
  • メーカー名:room6
  • 価格:1,400円(税込)
  • 発売日:2020/9/17


荒廃した世界でアンドロイドが世界を探索し、博士と一緒に生命を創造していくアドベンチャーゲーム。スマートフォン向けにリリースされ、多くのユーザーを魅了したタイトルがSwitchでよみがえります。



最初は博士とアンドロイドだけの世界。生命を誕生させるためのエネルギーは荒廃した世界のどこかにあります。そのエネルギーを利用して生命を誕生させていきます。



世界には荒廃する前に造られた建造物の一部でしょうか。そのような建造物がいろいろな場所にあります。それが何を意味するのか、最初はわからないでしょう。しかし、プレイしながら、想像してみるのもいいかもしれません。美しい世界に生命をもたらしてみてください。



グノーシア

  • ジャンル:アドベンチャー / 謎解き
  • メーカー名:プチデポット
  • 価格:2,750円(税込)
  • 発売日:2020/4/30


ほかのプレイヤーとコミュニケーションを取りながら楽しめる人狼ゲーム。多くの人に遊ばれているゲームですが、ひとりで遊ぶことはできません。でも、人狼ゲームを体験してみたい。そんな人におすすめなのが「グノーシア」です。SF世界を舞台に誰が「グノーシア」なのかを話し合いであぶり出していくゲームです。でも、グノーシアは嘘をつく。もちろんプレイヤーがグノーシアになることもあります。



ゲーム中の何気ない会話。もしかしたら嘘をついているのかもしれない……ということを考え、誰がグノーシアかを推理しながら話し合いを進めていきます。



誰がグノーシアなのかは最後までわかりません。1プレイは5分程度で終わるので、ちょっとした時間にプレイできるのも魅力。また、パートが変わればほかのキャラクターと話すことができ好感度のアップも。誰が嘘をついているのかを知ることができるかもしれません。人狼ゲームの世界を存分に楽しんでみてください。



Florence

  • ジャンル:アドベンチャー / パズル
  • メーカー名:Annapurna Interactive
  • 価格:700円(税込)
  • 発売日:2020/2/13


フローレンス・ヨー(25歳)の恋と人生を描くアドベンチャーゲーム。簡単なミニゲームをクリアすることで彼女の物語が楽しめます。直感的に解ける・わかるゲームですので、ゲームをあまり遊ばないという人にもおすすめです。



たとえば、こちらの彼女が歯磨きをするシーン。コントローラーをグリグリと動かすことで歯ブラシが動きます。メーターが最大になると次のシーンへ。このようなミニゲームがたくさん用意されています。



物語は漫画を読む感覚で気軽に楽しめます。ショートストーリーながらも思わず先の展開が気になってしまいます。彼女の物語の結末はどうなるのでしょうか。気になったらぜひ、遊んでみてください。

198X

  • ジャンル:アクション
  • メーカー名:ハチノヨン
  • 価格:980円(税込)
  • 発売日:2020/1/23


1980年代のアーケードゲームシーンを体験できる本作。ベルトアクションやレースゲームなど、当時を彷彿とさせるゲームたちがプレイヤーの心を熱くさせます。どこかで見たような?と思うかもしれませんが、本作のゲームはオリジナルタイトルとなっています。



こちらが収録されているベルトアクションゲーム。パンチやキックなどを繰り出して、敵を倒して先へと進みます。シンプルな操作で楽しめるので、爽快アクションを気軽に楽しめますよ。



こちらはレースゲーム。制限時間内にゴールを目指すゲームで、特定のポイントへと到達すると時間が増えていきます。アクセル全開で気分のいいドライブが楽しめます。ほかにもシューティングゲームなども収録されており、当時のゲームシーンがよみがえります。気になったらぜひ、プレイしてみてください。(ニュー侍)



画像一覧

  • 【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

  • 【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

  • 【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

  • 【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

  • 【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

  • 【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

  • 【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

  • 【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

  • 【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

  • 【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

  • 【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

  • 【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

  • 【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

  • 【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

  • 【Switch】年末に遊んで欲しい!ライターが楽しんだ2020年インディーズゲームTOP5

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事