玄人志向製NASキット「KURO-NAS/X4」登場! Linuxに精通した玄人向けのラック型「玄箱」

アキバ総研 | 2008年11月28日 19:45

玄人志向より、玄箱の新モデル「KURO-NAS/X4」が来週頃に発売となる。






玄人志向「KURO-NAS/X4」は、HDDを4台搭載可能なNASキット。同社から現在発売されている玄箱「KURO-BOX/PRO」の上位モデルになる。

今回のモデルはより「玄人度」が向上したのが特徴。スペック的には、搭載CPU(ARM9互換Marvel製)のクロックアップ(400→500MHz)が施されたほか、コンソール用ポートとしてシリアルコネクタ(D-Sub9ピン)を標準で備え、OSとしてLinuxディストリビーションである「Debian」のインストールを採用する。

また、ケースは大型タイプを採用。2U19インチラックマウントサイズになり、ラックマウント用取り付け金具やM5ネジ、ケージナットなども標準で同梱。さらに、フロントパネルには液晶を備え、ホストネームやIPアドレスなどの諸情報を表示することも可能という。

なお、HDDはフロントパネルからトレーを引き出して装着する構造を採用。対応インターフェイスはSATAで、上下のトレーに最大で各2台ずつ搭載可能。

ちなみに、注意点が1つある。本モデルからフラッシュメモリが非搭載になっているため、システムインストール用としてHDDなどのストレージデバイスが必要になる。また、セットアップする上で、シリアルポートを備えたPCと対応するターミナルソフト、TFTPサーバなども必要とのこと。


主な仕様は、サイズが幅430×高さ86×奥行き352mm(本体のみ。突起部のぞく)で、重さ約6.6kg(HDDのぞく)。CPUはARM9互換Marvell製88F5281(動作クロック500MHz)、メモリDDR2 128MB、BootROMとして256KBのフラッシュROM(NOR型)などを搭載。インターフェイスはギガビットLAN、シリアルポート、USB×2、内蔵HDD用Serial ATA×4を備える。


予価は、T-ZONE PC DIY SHOPで3万円前半から中盤。

20081128194500.jpg
akiba20081128__5104.jpg akiba20081127__5035.jpg akiba20081127__5031.jpg

【関連記事】
Linuxサーバーを自作できる「KURO-BOX」最上位モデル「KURO-BOX/PRO」が玄人志向から登場!(2007年03月01日)

【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ‐ハードディスク ケース
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
玄人志向
「KURO-NAS/X4」製品情報


【取材協力ショップ】:T-ZONE PC DIY SHOP

  • 玄人志向製NASキット「KURO-NAS/X4」登場! Linuxに精通した玄人向けのラック型「玄箱」

  • 玄人志向製NASキット「KURO-NAS/X4」登場! Linuxに精通した玄人向けのラック型「玄箱」

  • 玄人志向製NASキット「KURO-NAS/X4」登場! Linuxに精通した玄人向けのラック型「玄箱」

  • 玄人志向製NASキット「KURO-NAS/X4」登場! Linuxに精通した玄人向けのラック型「玄箱」