浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

2020年10月01日 18:140
浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

2020年10月2日より公開となる「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」にゲスト声優として出演する「Kis-My-Ft2」の宮田俊哉さん。

アニメ好きとして知られる宮田さんが、本作で自身初となる声優に初挑戦! 主人公ベムの親友・バージェスという重要な役を演じた宮田さんに、出演が決まったときの感想やアフレコ時の様子、声優に挑戦したことで深まったアニメへの愛について、たっぷりと語ってもらった。

 



出演前にしっかりレッスン!


──「妖怪人間ベム」シリーズにはどんな印象を持っていましたか?

 

宮田 僕が知っている「ベム」は、なんとなく怖いという印象でした。でも、大人になって改めて観てみたら、切なさを感じましたし、ヒューマンドラマだなと思いました。あ、ヒューマンではないか。

 

—— 人間に「なりたい」ですからね。

 

宮田 でも、ただ怖いだけじゃなくて、本当に心の部分に惹かれる作品だと思いました。

 

—— そんな「ベム」シリーズの最新作に、バージェス役として出演することが決まったときはどんな気持ちでしたか?

 

宮田 最初にお話を聞いたときには、正直「絶対ムリ!」って思いました。声優さんという仕事は職人がやること、僕みたいなド素人ができるわけないと思ったので、「レッスンさせてくれなきゃ、絶対できません」と懇願して、レッスンに通うことになりました。

 

 

—— どんなレッスンでしたか?

 

宮田 それこそ、台本の置き方やページのめくり方など、手取り足取りイチから教えてもらいました。なんと、浪川大輔さんにレッスンしてもらったんですよ。浪川さんに教えてもらったのだから、マジで失敗できないぞというプレッシャーにはなったのですが、普段、アニメを観ているだけでは気づかないこと、知らないことをたくさん教えてもらいました。レッスンだけでも、声優さんの素晴らしさを改めて感じました。

 

—— バージェスというキャラクターはどう作り上げていきましたか?

 

宮田 監督から「バージェスってどんな人だと思う?」と聞かれて、自分が感じたこと、自分なりの解釈を伝えて、確認しながら作り上げていきました。「深夜の通販番組に出ているようなヤツなんだよ」って監督に言われたけど、最初はピンと来ませんでした。でも、演じていく中で「あ、なるほどね」と思う瞬間があったりして。だんだんハマっていく感じはありました。

 

——「テレビシリーズから出ていたかな?」というくらい声も演技もハマっていました。声優初挑戦が主人公の親友という役どころというのはいかがでしたか?

 

宮田 以前、雑誌のインタビューで「声優をやってみたいですよね?」と聞かれたので、「やるんだったら、ちょい役からはじめたいです」と答えました。なんなら「ちょい役からじゃないと嫌だ」みたいなことを言ったと思います。まさか、こんな大役が来ちゃうなんて、夢にも思いませんでした。でも、先日雑誌で水樹奈々さんと対談したときに「いきなりあんな難しい役をやったのってすごいね」ってあの“奈々様”に褒めていただいて。誇りです!

 

—— いい笑顔ですね。うれしさが伝わって来ます。ちなみにイチからレッスンを受けたとのことですが、いつかは声優をと、ひそかに自主練などしていたのでしょうか?

 

宮田 純粋にアニメが好きでずっと観てきたのですが、もちろん、かっこいいセリフが出てきたらマネしてみたりとか、その程度です。そういうのが生きていたのかな? 自分ではよくわからないですけど(笑)。ハマってましたか?

 

 

—— 宮田さんが演じているということを忘れてしまうくらいハマっていました。あまり褒められると疑っちゃうってコメントしていましたが、公開されたらもっと褒められると思うので、慣れておいたほうがいいかもですよ。

 

宮田 調子に乗っちゃいそうです。でも、すごくうれしいです。できあがった映像を観ても、自分の声が流れてくるのがなんかちょっと変な感じがして。合っているのかどうなのか、自分では判断できないので、早く皆さんの感想を聞きたいですね。いや、怖くて聞けないかな、でも聞きたい、すごく複雑な気持ちです(笑)。エゴサできない、怖い。

 

—— 普段アニメを観る時は、エゴサしますか?

 

宮田 しないですね。誰かの感想よりも、自分が感じたことでいいと思っているので。

 

—— 愛ですね。

 

宮田 愛です。フフフフ(笑)。

 

改めて気づいたアニメの魅力


——台本を読み込み、自分の中に役を入れるのには時間がかかりましたか?

 

宮田 家でめちゃくちゃ練習しました。本当によくしゃべっていましたね。それこそ、戦うシーンなども苦情が来てもおかしくないくらい、叫び声を上げていました。アフレコ現場でバージェスがしゃべるシーンになると、最初はドキドキしてしまって、飛んでしまうこともありましたけど。

 

—— そのほか、アフレコ現場で印象に残っていることはありますか?

 

宮田 ガヤ収録をやりました。ベルムが勤める製薬会社「ドラコ・ケミカル」でのシーンだったのですが、高木渉さんと一緒だったんです。「あの資料どうした?」「しまっちゃったよ」みたいな会話だったのですが、アドリブでバンバン話しかけてくれて、リラックスできてすごく助かりました。

 

—— 憧れの声優さんたちとアニメの中に入ってかけ合いをした感想は?

 

宮田 本当に不思議な気持ちです。やんなきゃわからないです。でも、全オタクに言いたいです。「声優という仕事は本当に難しい!」これは、絶対に伝えたいです。自分が声優をやったことにもまだ違和感はあるし、アニメから自分の声が流れてくることもまだ慣れないけれど、早くなじんでほしいと思っています。映画館の大きなスクリーンで観るのも楽しみですが、公開までにあと10回くらいは観ちゃいそうです、アハハハハ(笑)。

 

 

—— 声優さんのすごさ以外に、改めて気づいたアニメの魅力はありましたか?

 

宮田 アニメのキャラクターひとりを作るのに、画を描く人、声をあてる人、表情を作る人など、何人もの人が関わっているということを知り、感慨深いものがありました。と同時に「I LOVE アニメ」と改めて思いました。すごいなって。アニメがより好きになりました。モブキャラですら、ひとりをつくるのに何人もの手が関わっていると思うと、モブですら主役に思えてきます。今後、アニメを観るときにもいろいろな見方ができるようになって、より楽しめると思います。

 

—— アフレコの様子も映像で拝見しましたが、とても楽しそうでした。難しいと感じたことはありましたか?

 

宮田 アフレコはめちゃくちゃ楽しかったです。難しかったのは、距離感のつかみ方です。画を見ながら声をあてても「この2人はどのくらい離れた距離にいるのだろう」と考えてしまって。距離感、声量などは、監督にその都度確認していました。声優さんってあの1枚の画からどれだけの情報を吸収しているんだろうって思ったら、やっぱりすごいなって改めてリスペクトの気持ちになりました。

 

—— 声優さん、そしてアニメ愛は深まった感じですか?

 

宮田 ですね〜、本当に。だって、できあがってない画に声をあてることもあるわけじゃないですか。そんな状況でも、情報を引き出して、自分の中に取り込んで演じるわけだから、本当に「すごい!」のひと言です。

 



アニメ出演にキスマイメンバーの反応は?


——宮田さんが、アニメにハマったきっかけを教えてください。

 

宮田 子どもの頃って、みんなアニメ観ているじゃないですか。それがそのままずっと続いている感じです。小学6年でジャニーズに入って、中学生のときに「KinKi Kids」の堂本光一くんの舞台「SHOCK」にバックダンサーとして出演させてもらったときの出演料で、テレビを買ったんです。そしたら、深夜にアニメをやっていることを知りまして、そこから夢中になっていきましたね(笑)。これは素敵な人生だと思っています。

 

—— ハマった作品はありましたか?

 

宮田 「灼眼のシャナ」とか、「ローゼンメイデン」はよく観ていました。アニメにハマってからは、深夜アニメだけでなくガラケーの粗い画質でアニメを観たりしていました。あまり忙しくなると「アニメ観れなくなっちゃう」って思っちゃうこともあります(笑)

 

—— アニメが仕事への活力になっていたりしますか?

 

宮田 大いにあります。アニメって独特なんですよね。物事のとらえ方とか、斜めすぎるというか。あんな感じのツッコミって、バラエティで言うと結構ウケたりするんですよ。アニメの作者さんは感性が素晴らしい、センスがあるって感心しています。たとえば、ぽっちゃりの女の子が「脂肪は富の象徴よ」というセリフがあるのですが、テレビで披露したらめちゃくちゃウケて、番組が盛り上がりました。アニメさまさまです。

 

 

—— 今回の出演についてメンバーの方はどんな風におっしゃっていますか?

 

宮田 決まったときに、すぐに楽屋で伝えました。みんなよろこんで「おめでとう!」って言ってくれました。玉森(裕太)は外画の吹替経験があるので、台本の話とかで盛り上がりました。「吐息とか、マジ、ムズくない?」みたいな話をたくさんしました。北山(宏光)は「キスマイで主題歌いけないの? 営業してきてよ」って言ってましたね。僕に言われてもムリなのに。でも、みんな公開を楽しみにしてくれています。

 

—— ベム、ベラ、ベロは特別な絆で結ばれています。キスマイの皆さんもそうかと思いますが、仲間っていいなと思える瞬間はどんなときですか?

 

宮田 僕ひとりだったらこんなにお仕事をさせてもらえる環境にいないと思います。キスマイでいるからこそ、ドームでコンサートもできるし、CDも出せる。きっと7人とも同じように感じているはずです。僕はキスマイが日本で一番かっこよくて、おもしろいグループだと思っています。ほかのメンバーがテレビに出ているのを観て、心の底から「おもしろい」って思うし、玉森が出ているドラマを観て、本気で泣いてしまうんです。と同時に、みんなが活躍しているのを見るだけで、うれしくなります。みんなも僕に対してそう思ってくれていたらいいなって思います。結成は15年前だから、もう人生の半分一緒にいますからね。そういう意味でやっぱり特別な存在です。

 

 

(取材・文/タナカシノブ)


【劇場版アニメ概要】
■「劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~」

<公開>
2020年秋全国ロードショー

<スタッフ>
監督:博史池畠
脚本:冨岡淳広
キャラクター原案:村田蓮爾
キャラクターデザイン:松本美乃
アニメーション制作:Production I.G
製作:劇場版BEM製作委員会

<キャスト>
ベム:小西克幸
ベラ:M・A・O
ベロ:小野賢章

<ストーリー>
壮麗と退廃、繁栄と貧窮が運河を隔てて共存する都市「リブラシティ」。
若き女性刑事・ソニアは、街で頻発する不可思議な事件を追う中で、“ベム・ベラ・ベロ”と呼ばれる3人と出会う。
醜い姿に変身する彼らは、やがて妖怪人間と名付けられ、事件の容疑者として追われることとなるが、彼らこそが事件を解決し人々を助けているのだった。
すべては「人間になりたい」という願いを叶えるため。
リブラシティを裏で操る「見えざる議会」が事件の黒幕であることを突き止めたベムたちは、その首魁であるもう1人の妖怪人間・ベガと対峙する。運河をつなぐ橋を破壊するほどの激闘の結果、ベムたちは姿を消したのだった。
それから2年。ベムの行方を探し続けていたソニアは、目撃情報を元に「ドラコ・ケミカル」という製薬会社を訪れる。そこで出会ったのはベムに瓜ふたつの人間“ベルム・アイズバーグ”だった……。

 

(C)ADK EM/BEM製作委員会

画像一覧

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

  • 浪川大輔を師匠にイチからアフレコ修行!「劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜」で声優初挑戦の宮田俊哉(Kis-My-Ft2)インタビュー

関連作品

BEM

BEM

放送日: 2019年7月14日~2019年10月13日   制作会社: ランドック・スタジオ
キャスト: 小西克幸、M・A・O、小野賢章、内田真礼、乃村健次、西山宏太朗、斉藤壮馬、諏訪部順一、小野大輔、坂本真綾
(C) ADK-EM/BEM製作委員会

劇場版BEM ~BECOME HUMAN~

劇場版BEM ~BECOME HUMAN~

上映開始日: 2020年10月2日   制作会社: プロダクションI.G
キャスト: 小西克幸、M・A・O、小野賢章、宮田俊哉
(C) ADK EM/BEM製作委員会

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。