Cell搭載の高性能画像処理カード! LEADTEK「WinFast PxVC1100」発売

アキバ総研 | 2008年11月19日 21:00

東芝製メディアストリーミングプロセッサ「SpursEngine」を搭載した高性能画像処理カード「WinFast PxVC1100」がLeadtekより発売となった。






Leadtek「WinFast PxVC1100」は、高性能な映像処理向けプロセッサ「SpursEngine」を搭載したハードウェアエンコード/デコードカード。

「SpursEngine」は、PS3にも採用されている「Cell Broadband Engine」を応用して作られた製品で、RISC型プロセッサ「SPE(Synergistic Processor Element)」4基とMPEG-2やMPEG4-AVC/H.264のハードウェアエンコーダ/デコーダ回路などを統合したプロセッサとなっている。また、対応ソフトウェアと併用することにより、高速な動画編集や動画変換(トランスコード)、アップコンバートできるのが特徴となっている。

インターフェイスはPCI Express x1接続で、搭載メモリは容量128MBのXDR DRAM。カードはロープロファイル対応で、小型のファンを1基搭載。また、補助電源として4ピンが用意される。

なお、ハードウェアエンコードを行うにはバンドルされる対応ソフトウェア「DVD Movie Writer」が必要で、それ以外のソフトウェアを使用した場合は、ソフトウェアエンコードになるので注意が必要だ。そのほかのバンドルソフトウェアは、Ulead Video Studio11 Plus、WinDVD8など。


価格は、クレバリー1号店で29,793円、ドスパラ 秋葉原本店で29,799円、BLESS秋葉原本店とT-ZONE PC DIY SHOPで29,800円。

20081119210000.jpg akiba20081119__4305.jpg akiba20081119__4355.jpg
カードはシングルスロットサイズ。付属のブラケットをつけることでロープロファイルにも対応する。
akiba20081119__4310.jpg akiba20081119__4307.jpg akiba20081119__4301.jpg
サポートするビデオ変換 付属のバンドルソフト。動画編集ソフト「Ulead Video Studio11 Plus」、オーサリングソフト「DVD Movie Writer」、再生ソフト「WinDVD8」

【関連記事】
「DIY PC EXPO 2008 Autumn」で発見した注目の新製品! Cellカード、Radeon HD 4850 X2など(2008年11月04日)
PCパーツイベント「DIY PC EXPO 2008 Autumn」開催! 新製品展示やセミナーを実施(2008年11月02日)

【価格.com関連リンク】
パソコンパーツ
□クチコミ掲示板:アキバ-PCパーツ

【関連リンク】
LEADTEK
「WinFast PxVC1100」製品情報


【取材協力ショップ】:BLESS秋葉原本店&クレバリー1号店&T-ZONE PC DIY SHOP&ドスパラ 秋葉原本店

  • Cell搭載の高性能画像処理カード! LEADTEK「WinFast PxVC1100」発売

  • Cell搭載の高性能画像処理カード! LEADTEK「WinFast PxVC1100」発売

  • Cell搭載の高性能画像処理カード! LEADTEK「WinFast PxVC1100」発売

  • Cell搭載の高性能画像処理カード! LEADTEK「WinFast PxVC1100」発売

  • Cell搭載の高性能画像処理カード! LEADTEK「WinFast PxVC1100」発売

  • Cell搭載の高性能画像処理カード! LEADTEK「WinFast PxVC1100」発売