Core i7が液体窒素で5.73GHzに! 「Extreme Cooling Overclock Party」レポート

アキバ総研 | 2008年11月18日 14:30

akiba20081116__0005.jpg16日(日)、最新のハイエンド向けPCパーツを使ったオーバークロックイベント「Extreme Cooling Overclock Party」がOVERCLOCK WORKSにて開催された。




今回のイベントは、世界的にも有名な日本のオーバークロッカーたちが、わきあいあいと楽しみながら液体窒素を使って最新のPCパーツを極限までオーバークロックするというもの。

注目は、深夜発売が行われたばかりのIntelの新型CPU「Core i7」を用いてのオーバークロック。「Core i7 940(CPU)ASUS+Rampage II Extreme(マザー)+A-DATA DDR3-1600+ 2GB×2(メモリ)」というマシン構成で動作クロック4441.83GHzを実現し、定格動作クロック(2.93GHz)より1GHz以上高い数値をたたき出した。

また、「Core i7」の最上位モデル「965 Extereme Edition」(3.20GHz)のオーバークロックも実施。Windowsこそ起動しなかったものの、BIOSのPOST画面で認識できる動作クロック5.73GHzを確認した。そのほかにも、AMD製CPU「Phenom」のオーバークロックや、液体窒素を使ったマルチGPU環境の冷却など、オーバークロッカーならではの企画が多数行われた。参加オーバークロッカーは以下のとおり(名前はOCネーム)。

・duck……INTEL CPUで8.22GHzの高クロックをはじめ、多くのOC世界記録保持者
・fredyama……日本OC界の重鎮。世界のオーバークロッカー、メーカーとのつながりが深い
・Cal930……ASUS、GIGABYTEのOC大会で好成績を残し、海外遠征もこなす
・DAKARA……GIGABYTEのOC大会、“クワッドコア&DDR3”OC大会での入賞者
・Booooon……“クワッドコア&DDR3”OC大会のグランプリ受賞者
・鈍兵衛……Phenom 9950BEでのハイクロックワールドレコード保持者
・沸騰くん……CPUハイクロック、SuperPIなど世界的記録保持者
・Rocx……GIGABYTEのOC大会で上位入賞者


詳しくは同店ブログに当日模様が紹介されているので、そちらを参照のこと。
AKIBAオーバークロックCafe

20081118143000.jpg akiba20081116__0002.jpg akiba20081116__0003.jpg
動作クロック4441.83GHzを実現した「Core i7 940」。OVERCLOCK WORKSとして挑戦した構成 duck氏が行ったRampage II ExtremeでのハイクロックPOST画面。動作クロック5.73GHzを確認
akiba20081116__0006.jpg akiba20081116__0004.jpg akiba20081116__0007.jpg
トリプルCrossFireを紙コップ+液体チッ素 で冷却 3Way-SLI
液体チッ素を使ってGIGABYTE「X58」搭載マザーを冷却

  • Core i7が液体窒素で5.73GHzに! 「Extreme Cooling Overclock Party」レポート

  • Core i7が液体窒素で5.73GHzに! 「Extreme Cooling Overclock Party」レポート

  • Core i7が液体窒素で5.73GHzに! 「Extreme Cooling Overclock Party」レポート

  • Core i7が液体窒素で5.73GHzに! 「Extreme Cooling Overclock Party」レポート

  • Core i7が液体窒素で5.73GHzに! 「Extreme Cooling Overclock Party」レポート

  • Core i7が液体窒素で5.73GHzに! 「Extreme Cooling Overclock Party」レポート

  • Core i7が液体窒素で5.73GHzに! 「Extreme Cooling Overclock Party」レポート