V系ユニット「LM.C」 アルバム2タイトル世界同時発売オフィシャルインタビュー!

アキバ総研 | 2008年11月12日 16:00

V系ユニット「LM.C」 アルバム2タイトル世界同時発売オフィシャルインタビュー!以前お伝えしたとおり、今をときめくネオビジュアル系ユニット「LM.C」が11月5日、2枚のニューアルバムを世界同時発売した。



現在、海外ではジャパニメーションとともにヴィジュアル系バンドなど日本のV-ROCKが高い評価を受けて急速に広まっているが、その先鋒ともいえるのが、5日にニューアルバム「GIMMICAL☆IMPACT!!」と「SUPER
GLITTER LOUD BOX」の2タイトルを世界同時リリースしたLM.C。対象となる国数は世界23カ国、配信を含めると230カ国以上(!)にも昇るという。さらに、年内から来年にかけ、19箇所20公演に及ぶ全国ツアー、南米2カ国~ヨーロッパ7カ国~アジア2カ国の計11カ国に及ぶワールドツアーの開催が決定している。

そんな、世界標準のユニットに急成長した彼らのオフィシャルインタビューが届いたのでノーカットでご紹介しよう!

20081112160000.jpg
20081112130000d.jpg
20081112130000e.jpg
 

「LM.C」アルバム2タイトル同時リリース オフィシャルインタビュー(TEXT:長澤智典)
 
            史上空前?!1st&2ndアルバムを世界同時発売!!

-----デビューから2年強、ついにアルバムが完成しました。

Aiji:しかも、いきなり2枚もね(笑)。LM.Cは、デビュー以来、ひたすら音原制作とライブ・ツアーを繰り返し続けてきたし、今も止まることなく続けている。そうやって2年間の経験の糧を重ね続けてきた成果なのか、海外からのリリース・オファーが数多く寄せられるようになり。ついに今回、世界各国で一斉発売できる環境も整った。そんな今だからこそ「アルバムを出すべきだろう」ということから、今年の夏より制作をスタート。いきなり1st・2ndアルバムを同時に出しちゃう面白さが、なんかLM.Cらしいでしょ。

           1stアルバム『SUPER GLITTER LOUD BOX』誕生秘話!!

-----1stアルバム『SUPER GLITTER LOUD BOX』はミニ・アルバム『GLITTER LOUD BOX』を再構築した形になっていますが、そうした理由も教えてください。

Aiji:この『GLITTER LOUD BOX』、海外の幾つものレーベルから「ぜひ発売させてくれ」というオファーをいただいてたこともあって、すでにアメリカ圏/ヨーロッパ圏/アジア圏ではリリースになっているんですね。ただ、その発売形態に自分らとしては気持ち飲み込まざるを得ない面があったと言うか。海外アーティストの作品を日本盤として発売するときに、日本だけの特別仕様として何曲かボーナストラックを入れるじゃないですか。それと同じ感覚で、国によっては、本編の後にボーナストラックとして、シングル曲を幾つか入れる形で出していたんです。その形式に僕ら自身がピンと来ていなかったからこそ、「せっかく世界同時発売も決まったし、『GLITTER LOUD BOX』をLM.Cらしい姿に変えた公式1stアルバムとして新たに発信しよう」。その想いを胸に、制作をし始めたわけなんです。

maya:本当なら『GLITTER LOUD BOX』へ、幾つかのシングル曲や新曲をチョコッと加える形でのリリースも出来たんだけど。せっかく新たに発売するのなら、何かしらLM.Cらしいひと手間を加えたいじゃないですか。ちょうど収録する楽曲たちは、ライブを通し何度も演奏しているよう、絶対当時以上に成長しているはずと思っていたので。「どうせ出すなら、今のスタイルで録音し直そうよ」と提案。『GLITTER LOUD BOX』の楽曲を中心に、リ・レコーディングを実施。新録してない音源に関しても、ミックスし直したり、リ・マスタリングしたりと、どの楽曲にも、"今のLM.Cとしての新たな息吹"を吹き込んでいきました。

-----既発の曲たちも、しっかり成長した姿で納まってますし。未発表歌『La Dee Da』も、ライブに足を運んでるファンたちにとっては、嬉しい新メニューになりました。

maya:この『La Dee Da』、昨年春のツアーなど、すでに何度かライブで演奏していた楽曲なんです。あの頃は、まだ音源へするには熟しきれてないことから寝かせ続けていたんだけど。「出すなら今のタイミング」と判断。ただし歌詞は、「現在の心境を詰め込もう」という想いから、いろいろ書き換えてはいるけどね。

                アルバム・タイトル誕生秘話!!

-----2ndアルバム『GIMMICAL☆IMPACT!!』は、新曲を中心に構成。このインパクトを持ったタイトルの由来、ぜひ教えてください。

maya:1stアルバムの母体となったミニ・アルバム『GLITTER LOUD BOX』を制作したとき、「LM.Cを象徴する言葉を冠したい」と思い、そう名付けたわけですが。今回それをパワーアップさせたことから、『SUPER GLITTER LOUD BOX』と命名。そんなLM.Cの核となるべき作品集を踏まえた上で、より広がりを持った内容として2ndアルバムを作り上げたからこそ、"LM.Cらしさを抱きつつも枠に縛られない言葉"は何か??と考えた。そのときに浮かんだのが、「GIMMICK」という単語だったんですよ。ただ、そのまま使っちゃうと意味が限定される恐れがあったので、「もっと広がりを想像させたい」と思い、そこから「GIMMICK/MAGICAL/CHEMICAL/CYNICAL」など、いろんな意味を含んだ造語として「GIMMICAL」と命名。「その単語だけじゃ物足りないな」と思っていたところ、Aijiさんが別の言葉を持ってきたんだよね。

Aiji:2枚目のアルバムということで"SECOND IMPACT"くらいのシンプルさでも良いんじゃないかと思ってて、その言葉を提案したところ。mayaが「2つの単語を☆を真ん中に挟み繋げてしまおう」と言い出し、『GIMMICAL☆IMPACT!!』と命名。最後のビックリマークは…」

maya:まぁ、見栄え的にもいいかなと思ってね(笑)

                 LM.Cらしい黄金律とは…?!

-----『GIMMICAL☆IMPACT!!』は、ラウドな表情/ポップに弾けた歌/テクノな要素など、多種多彩な楽曲を詰め込んだ、枠にとらわれない作品に仕上がりました。

Aiji:デビュー時期からLM.Cが一環して言い続けているのが、「1曲ごと完結した世界観を作り上げる」ということ。そういう完成度の高い楽曲たちの集合体が、こうやってアルバムという形に繋がっていく。つまりLM.Cにとってのアルバムというのは、たとえば焼き肉弁当のよう一つの味で統一したコンセプト作ではなく、それこそ肉もあれば、魚やしゅうまいだって同じ器の中へ納まっているよう、けっして一つの味には偏ることのない"幕の内弁当"なんですよ。だからアルバムの中には、ポップス寄りな曲もあれば、ロック然とした耳障り激しい歌もあるし、テクノ/ニューウェイブな楽曲だって当たり前のよう混在している。それでも"LM.Cらしい色"として響いてくるのも、そこに"LM.Cらしい黄金律"があるからなんですよ。

maya:その黄金律は、言葉には出来ないもの。でも、こうやって聴けば伝わってくるでしょ。そこは、聴いた人たちなりに感じてもらえれば良いと思ってる。

20081112130000c.jpg                  mayaはひどい男?!?!?!

-----mayaさんの書く詞は、物語然としたものから、強いメッセージ性を抱いた歌、想像心掻き立てる内容まで、いろんな間口を持って描かれています。

maya:楽曲スタイルと同じよう、歌詞も枠に縛られる気がないと言うか。聴いた人たちがいろいろ自由に想像していけるよう、いろんな入り口を持って表現したいんですよ。人によっては、すべて自分の体験談だと捉える人もいるようだけど、けっしてそんなことはなく。僕自身が、いつも空想の世界を舞台に、言葉で遊んでる感覚でいますからね。

-----中には『Love me?』のよう、女性との火遊びを歌った内容もありますけどね。

maya:この歌、主人公は自分じゃなく、架空の男ですから。でも、みんな自分へ結びつけたがるし。女性陣からは、「あんた、一体どういうつもりで恋愛しているの??」と怖い突っ込みを入れられてますからね。「これは空想です」と何度も言ってるのに(笑)

-----男性側の視点から見れば、ああいう落ちも「さすが!!」という心境だけどね。

maya:でしょ。女性陣はみんな「ひどい男」と、『Love me?』を聴いて言うんですけど。男性的には、「いい話」ですよね。

20081112130000b.jpgAiji:まぁ『Love me?』は、mayaのパーソナル部分が思いきり出すぎちゃってる歌だけど(笑)。初回限定盤に付けたDVDの中へMUSIC CLIPとしても収録した『CHEMICAL KING-TWOON』は、逆にパーソナルな視点が見えないながらも、一番今のLM.Cらしさを形にできた楽曲になったので、映像まで作ってしまったけどね。

maya:『CHEMICAL KING-TWOON』は世界発売するに相応しい、アジア感の出た映像として完成。この作品をきっかけに、過去のLM.Cの凝った映像世界にも足を踏み込んでもらえたら嬉しいなと思ってる。

              ハンパない暑い熱気を帯びたライブ!!

-----アルバム発売後、国内→海外ツアーと続いていきます。
Aiji:今回のツアーも、これまで同様に"新旧さまざまな楽曲"を組み込んだ、その会場ごとにベストな"その日のLM.C"の姿を見せていこうと思ってる。

maya:たとえその場所が、国内だろうが、海外だろうと、足を運んだ以上どの会場でも本気でステージにぶつかっていくだけですよ。ぜひハンパない熱気を、一緒に作ろうよ!!
 


20081112130000f.jpgNEW ALBUM■ GIMMICAL☆IMPACT!! (初回限定盤)』 CD+DVD ■
特典:特典DVD/豪華24Pフォトブックレット/初回生産分限定豪華特殊パッケージ仕様/ケータイでその場でアタリがわかるイベント参加抽選券封入(初回限定版・通常盤共に期間限定封入)/オリジナル壁紙&待ち受け画像プレゼントURL付

NEW ALBUM■  『GIMMICAL☆IMPACT!! (通常盤)』 CD ONLY  ■
特典:初回生産分のみLM.Cオリジナルステッカー封入/イベント参加抽選券封入(初回限定版・通常盤共に期間限定封入)
【【  収録曲  】】
1.Rainbow Magic Orchestra 2.CHEMICAL KING-TWOON 3.Bell the CAT 4.Galileo 
5.JOKER-my name is- 6.cosmology 7.my girl 8.Sentimental PIGgy Romance 9.Room_C[Interlude] 
10.JOHN 11.TABOO 12.Z-MAN 13.LIAR LIAR 14.Love me ? 15.88


1st ALBUM■     『SUPER GLITTER LOUD BOX』 CD ONLY    ■
【【  収録曲  】】
1.No.9  2.☆Rock the LM.C☆  3.Loud_Mucker_Complex.  4.OH MY JULIET.  5.@FUNNY PHANTOM@  6.mR.century  7.CRAZY A GO GO  8.METALLY  9.Boon!!  10.-SORA涙色-  11.*BOOST+BUSTERz*  12. La Dee Da (※未発表曲)  13.little Fat Man boy  14.Yellow Beauty  15.BOYS & GIRLS


【関連記事】
「リボーン」OPなどで人気のV系ユニット「LM.C」が2枚のニューアルバムを世界同時発売!(2008年8月28日)
シド「モノクロのキス」(TVアニメ「黒執事」OP曲)発売! 実力派V系バンドがついにメジャーデビュー(2008年10月29日)

【価格.com関連リンク】
本・CD・DVD
□クチコミ掲示板:アキバ-ホビー

【関連リンク】
「LM.C」公式サイト

  • V系ユニット「LM.C」 アルバム2タイトル世界同時発売オフィシャルインタビュー!

  • V系ユニット「LM.C」 アルバム2タイトル世界同時発売オフィシャルインタビュー!

  • V系ユニット「LM.C」 アルバム2タイトル世界同時発売オフィシャルインタビュー!

  • V系ユニット「LM.C」 アルバム2タイトル世界同時発売オフィシャルインタビュー!

  • V系ユニット「LM.C」 アルバム2タイトル世界同時発売オフィシャルインタビュー!

  • V系ユニット「LM.C」 アルバム2タイトル世界同時発売オフィシャルインタビュー!

  • V系ユニット「LM.C」 アルバム2タイトル世界同時発売オフィシャルインタビュー!

ホビーの新着ニュース

特集・キャンペーン≫特集・キャンペーン一覧へ
  • ニンテンドー3DS「モンスターハンター ストーリーズ」プレゼント!
  • 秋アニメレビューキャンペーン
  • 2017 冬アニメ
  • 2017 春アニメ
  • 2016 夏アニメ
  • 2016 秋アニメ
  • 神アニメ(2015)