雪の赤羽、伝説のはじまり~アイマス、765プロライブの発火点【中里キリの“2.5次元”アイドルヒストリア 第7回】

2020年07月24日 18:190
雪の赤羽、伝説のはじまり~アイマス、765プロライブの発火点【中里キリの“2.5次元”アイドルヒストリア 第7回】

今や定番ジャンルとしてアニメ、ゲームなどで数多くの「アイドル作品」が作られ、またアイドルを演じるキャストによるCDリリースやリアルイベントもおなじみなっている昨今。今年に入ってからは、新型コロナウイルスの影響で軒並み開催が延期・中止となっていたが、徐々に再演、振替公演が発表され始めたのは嬉しいところ。

そんな2次元と3次元を自在に行き来する「2.5次元」なアイドルたちは、どのように生まれ、そしてどのようにシーンを形成していったのか。昭和、平成、令和と3つの時代の2.5次元アイドルを見つめ続けたライター・中里キリが、その歴史をまとめる人気連載、第7回がスタート!

 

「アイドルマスター」ライブの原点

アイドルをモチーフにした作品で、“声優自身がアイドルの役柄をまとって実際にステージで歌う”という今では当たり前になったコンセプトは、1993年の「アイドル防衛隊ハミングバード」からスタートしたことを本連載の第1回で書きました。それから約四半世紀を経て、今ではアイドル作品発の楽曲が音楽チャートの上位を席捲し、出演声優たちがさいたまスーパーアリーナ、東京ドームといった巨大な会場のステージに立つ光景も当たり前のものとなりました。

 

舞台が大きくなっていくとともに、声優たちによるファンサービスの「イベント」は、チケットを売って会場を超満員の観衆で埋め、ライブ映像がDVDやBlu-rayで発売される本格的な「ライブ」へと変わっていきました。ステージ上で行なわれるパフォーマンスも現実のアイドルと変わらない、ある面ではそれ以上のレベルであることも珍しくありません。

 

そして2.5次元アイドルコンテンツの歴史には、ライブの常識やクオリティの水準を一気に引き上げたいくつかの作品やユニットが存在します。今回はその最初の一歩とも言うべきイベントについて語っていきたいと思います。

 

「アイドルマスター」はちょうど15年前の2005年7月26日、アーケードゲームタイトルとして全国のゲームセンターでサービスインしました。稼働当日は台風7号が日本本土に上陸する、嵐の中の船出でした。その最初の単独イベントとして記憶されているのが、2006年1月21日に行われた赤羽会館シークレットイベントです。それまでも「AOU2005 アミューズメント・エキスポ」などで出演声優が歌うイベントステージはあったのですが、作品単独でのイベントはこの日がはじめてでした。

 

ゲームの正式稼働から単独イベントまでの半年間の間に、「アイドルマスター」には後の飛躍を予感させる出来事がありました。2005年9月28日、同作からリリースされた最初のCD「THE IDOLM@STER MASTERPIECE 01 魔法をかけて!」が小売店で次々と完売し、店頭から消えていったのです。その勢いはメーカーの予想を大きく超えており、一説によれば「THE IDOLM@STER MASTERPIECE 01 魔法をかけて!」の初期出荷が5,000枚。「THE IDOLM@STER MASTERPIECE 02 9:02pm」が10,000枚。「THE IDOLM@STER MASTERPIECE 03 ポジティブ!」は15,000枚と、2か月の間に出荷数が3倍に増えたと言われています。そもそもアーケードゲームがボーカルメインのCDを連続リリースすること自体が画期的であり、大きな時代のうねりの予兆は音楽の面からも起こっていたのです。

 

年が明けて2006年1月、赤羽会館で行なわれたシークレットイベントは、「THE IDOLM@STER MASTERPIECE01~03」の購入者を対象にしたものでした。主な出演者は、三浦あずさ役のたかはし智秋さん、双海亜美・真美役の下田麻美さん、秋月律子役の若林直美さん、天海春香役の中村繪里子さん、如月千早役の今井麻美さん、高槻やよい役の仁後真耶子さん、萩原雪歩役(初代)の落合祐里香さん(現・長谷優里奈さん)、菊地真役の平田宏美さんの8人。ステージ上で行なわれた生ドラマの音声や、開演の影ナレという形で、水瀬伊織役の釘宮理恵さんと、765プロ事務員・音無小鳥役の滝田樹里さんも参加していました

 

当日は記録的と言ってもいい豪雪で、会場周辺は真っ白な雪景色でした。参加するプロデューサー(アイマスファンのこと)側にも、ライブを楽しむノウハウなど何もない時代でしたが、客席のコールやフラワースタンド、プロデューサー同士の名刺交換など、今につながる文化の萌芽はすでにありました。何より雪が降りしきる中、イベントを心待ちにして長蛇の列を形成するプロデューサーたちの熱気が会場周辺を満たしていました。

 

シークレットイベントと銘打っている通り、内容としては今の感覚で言えばリリースイベントに近いものです。ミニライブで披露されたのは各CDのタイトルナンバーである「魔法をかけて!」「9:02pm」「ポジティブ!」、そして「THE IDOLM@STER」の4曲でした。今の感覚からすると、たった4曲、かもしれません。しかし「アイドルマスター」の声優オーディションが行なわれた時点では、ステージで実際に歌うという話はまったく想定されていなかったのです。

 

決して義務ではないステージで、歌とダンスをどこまでやるのか。演者にも意見が求められる中で、ゲーム内のライブをイメージした振付をつけて踊ろうと提案したのは秋月律子役の若林直美さんで、メンバーがそれに応える形でイベント準備はスタートしました。今のようなライブチームは当然存在しませんから、若林さんは自分でダンスをアレンジして、踊った様子を撮影したビデオテープまで用意したそうです。

(後に「Tokyo 7th シスターズ」の取材でキャスト同士がダンスレッスンの様子をスマホで撮影してLINEで動画共有している話を聞いた時に、10年前はVHSだったのになぁ……と遠い目になりました)

 

そのこだわりはダンスに留まらず、ステージに現れた若林さんが秋月律子の眼鏡や特徴的な髪形(エビフライと形容されるおさげ)を完全再現した姿には驚きの声が上がりました。無事初めての単独イベントをやり遂げた後、終演後の控室では合同のコメント取材が行われました。若林さんが「MP0……」と力尽きていたのがとても印象的だったのですが、それは準備に奔走していた時間や、緊張で眠れない夜や、作品を愛するいちプロデューサー(ファン)として、歌で、ダンスで、ビジュアルでアイドルを表現するという行為に要する熱量がどれほど大きいかを感じさせました。何もないところに道を作るのは、何倍ものエネルギーがいるのだと思います。

 

ひとりのキャスト──声優がステージでダンスも踊ろう、振付ありでやろうと提案して、周囲がその意志に応えていなかったら……。今、この世界に広がっている多くのアイドルコンテンツはまったく違ったあり方だったかもしれません。

 

もうひとつ忘れられないのが、高槻やよい役の仁後真耶子さんがとつとつと語った「ダンスは苦手だけど、次はもっとがんばりたい」という言葉でした。アーケードゲームがCDをリリースして、イベントでライブを行なう前例などなく、作品自体もいつまで続くのか誰にもわからなかった時代です。初めての舞台をやり遂げた達成感で満たされた小さな控室で、それは「次のステージ」をはっきりイメージした言葉でした。

 

今思えば、その瞬間から、数多くの作品と無数のステージの系統樹がはじまったような気がします。個人的に「アイドルマスター」の、765プロのライブパフォーマンスの到達点のひとつだったと考えているステージに2013年、「THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!!」ツアーで仁後さんと若林さんが歌った「愛 LIKE ハンバーガー」があるのですが、その歌とダンス、エンターテインメントとしての強度からは、雪のあの日から彼女たちがひとつひとつの「次のステージ」を目指して積み重ねてきた努力の日々が伝わってくるようでした。

 

ひとつのアイドルコンテンツを長く追いかけていると、新しい世代のクオリティと成長の速さには驚くばかりです。その理由のひとつに、先輩たちがあれだけのステージを成し遂げた、やれたという事実とイメージが、後輩たちの背中を押している面があるのではないかと考えています。シリーズから新しい作品が生まれる時は、そのハードルを超えられる素質と覚悟を持った人材が選ばれます。どのようなレッスンを行ない、ライブでどう見せるのか、チームの中にノウハウが蓄積されます。先輩たちが切り拓いた道を、あとに続くアイドルたちが全力のトップスピードで駆け抜けてきたからこそ、今の世界があるのだと、そう思います。

 

果てしなく広がり進化を続ける無数のステージのひとつのはじまりは、降りしきる雪の中行なわれた、小さな手作りのイベントでした。

 

(文/中里キリ)

画像一覧

  • 雪の赤羽、伝説のはじまり~アイマス、765プロライブの発火点【中里キリの“2.5次元”アイドルヒストリア 第7回】

関連作品

アイドルマスター XENOGLOSSIA

アイドルマスター XENOGLOSSIA

放送日: 2007年4月4日~2007年9月26日   制作会社: サンライズ
キャスト: 井口裕香、堀江由衣、田村ゆかり、小清水亜美、喜多村英梨、中原麻衣、櫻井智、名塚佳織、斎藤桃子、清水香里、ゆかな、能登麻美子、小野大輔、高橋美佳子、進藤尚美、柚木涼香、竹若拓磨、石田彰、中田和宏、本多陽子、日下ちひろ、渡辺明乃、加藤英美里、ささきのぞみ、明坂聡美
(C) サンライズ・バンダイビジュアル

THE IDOLM@STER(アイドルマスター)

THE IDOLM@STER(アイドルマスター)

放送日: 2011年7月7日~2011年12月22日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 中村繪里子、長谷川明子、今井麻美、仁後真耶子、浅倉杏美、平田宏美、下田麻美、釘宮理恵、たかはし智秋、原由実、沼倉愛美、若林直美
(C) NBGI/PROJECT iM@S

ぷちます! -プチ・アイドルマスター

ぷちます! -プチ・アイドルマスター

配信日: 2013年1月1日~2013年3月28日   制作会社: ギャザリング
キャスト: 中村繪里子、今井麻美、浅倉杏美、仁後真耶子、若林直美、たかはし智秋、釘宮理恵、平田宏美、下田麻美、長谷川明子、沼倉愛美、原由実、滝田樹里、間島淳司、大川透
(C) NBGI/ぷろじぇくとあいます・ぷち

THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!

THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!

上映開始日: 2014年1月25日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 中村繪里子、長谷川明子、今井麻美、仁後真耶子、浅倉杏美、平田宏美、下田麻美、釘宮理恵、たかはし智秋、原由実、沼倉愛美、若林直美、滝田樹里、赤羽根健治、大塚芳忠
(C) NBGI/PROJECT iM@S

ぷちます!! -プチプチ・アイドルマスター

ぷちます!! -プチプチ・アイドルマスター

配信日: 2014年4月5日~2014年6月28日   制作会社: ギャザリング
キャスト: 中村繪里子、今井麻美、浅倉杏美、仁後真耶子、若林直美、たかはし智秋、釘宮理恵、平田宏美、下田麻美、長谷川明子、沼倉愛美、原由実、滝田樹里、間島淳司、大川透
(C) NBGI/ぷろじぇくとあいます・ぷち

アイドルマスター シンデレラガールズ

アイドルマスター シンデレラガールズ

放送日: 2015年1月9日~2015年4月10日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 大橋彩香、福原綾香、原紗友里、黒沢ともよ、上坂すみれ、大空直美、内田真礼、山本希望、青木瑠璃子、洲崎綾、五十嵐裕美、高森奈津美、大坪由佳、松嵜麗、武内駿輔
(C) BNGI/PROJECT CINDERELLA

アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON

アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd SEASON

放送日: 2015年7月17日~2015年10月16日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 大橋彩香、福原綾香、原紗友里、黒沢ともよ、上坂すみれ、大空直美、内田真礼、山本希望、青木瑠璃子、洲崎綾、五十嵐裕美、高森奈津美、大坪由佳、松嵜麗、武内駿輔
(C) BNGI/PROJECT CINDERELLA

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場

放送日: 2017年4月4日~2017年6月27日   制作会社: ギャザリング
キャスト: 大橋彩香、福原綾香、原紗友里、青木瑠璃子、五十嵐裕美、上坂すみれ、内田真礼
(C) BNEI/しんげき

アイドルマスター SideM

アイドルマスター SideM

放送日: 2017年10月7日~2017年12月30日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 仲村宗悟、内田雄馬、八代拓、梅原裕一郎、堀江瞬、高塚智人、伊東健人、榎木淳弥、中島ヨシキ、千葉翔也、白井悠介、永塚拓馬、渡辺紘、山谷祥生、菊池勇成、寺島拓篤、神原大地、松岡禎丞、河西健吾、立木文彦、野上翔
(C) BNEI/PROJECT SideM

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場(第2期)

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場(第2期)

放送日: 2017年10月3日~2017年12月26日   制作会社: ギャザリング
キャスト: 大橋彩香、福原綾香、原紗友里、木村珠莉、黒沢ともよ、上坂すみれ、種﨑敦美、藍原ことみ、のぐちゆり、大空直美、中島由貴、和氣あず未、長島光那、松井恵理子、東山奈央、内田真礼、竹達彩奈、立花理香、津田美波、M・A・O、牧野由依、照井春佳、花守ゆみり、都丸ちよ、ルゥティン、佳村はるか、山本希望、桜咲千依、佐藤利奈、早見沙織、金子有希、佐藤亜美菜、原田ひとみ、洲崎綾、青木志貴、田澤茉純、朝井彩加、飯田友子、五十嵐裕美、渕上舞、松田颯水、鈴木絵理、高森奈津美、大坪由佳、原田彩楓、髙野麻美、原優子、高橋花林、松嵜麗、村中知、春瀬なつみ、赤﨑千夏
(C) BNEI/しんげき

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場(第3期)

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場(第3期)

放送日: 2018年7月3日~2018年9月25日   制作会社: ギャザリング
キャスト: 大橋彩香、福原綾香、原紗友里、木村珠莉、黒沢ともよ、上坂すみれ、三宅麻理恵、田辺留依、種﨑敦美、藍原ことみ、久野美咲、春野ななみ、のぐちゆり、山下七海、大空直美、中島由貴、和氣あず未、長島光那、松井恵理子、東山奈央、内田真礼、武田羅梨沙多胡、安野希世乃、竹達彩奈、立花理香、津田美波、M・A・O、牧野由依、照井春佳、今井麻夏、花守ゆみり、都丸ちよ、ルゥ・ティン、佳村はるか、山本希望、桜咲千依、会沢紗弥、佐藤利奈、早見沙織、金子有希、青木瑠璃子、佐藤亜美菜、新田ひより、原田ひとみ、下地紫野、伊達朱里紗、洲崎綾、青木志貴、田澤茉純、朝井彩加、飯田友子、赤﨑千夏、杜野まこ、金子真由美、鈴木みのり、五十嵐裕美、渕上舞、松田颯水、鈴木絵理、高森奈津美、千菅春香、藤田茜、原田彩楓、大坪由佳、髙野麻美、原優子、藤本彩花、花井美春、高橋花林、松嵜麗、村中知、小市眞琴、高田憂希、春瀬なつみ、嘉山未紗
(C) BNEI/しんげき

アイドルマスター SideM 理由あってMini!

アイドルマスター SideM 理由あってMini!

放送日: 2018年10月9日~2018年12月25日   制作会社: ゼロジー
キャスト: 仲村宗悟、内田雄馬、八代拓、寺島拓篤、神原大地、松岡禎丞、永野由祐、土岐隼一、梅原裕一郎、堀江瞬、高塚智人、山谷祥生、菊池勇成、熊谷健太郎、濱健人、増元拓也、バレッタ裕、山下大輝、中田祐矢、野上翔、千葉翔也、白井悠介、永塚拓馬、渡辺紘、益山武明、深町寿成、狩野翔、天﨑滉平、古川慎、児玉卓也、小林大紀、矢野奨吾、古畑恵介、村瀬歩、伊東健人、榎木淳弥、中島ヨシキ、寺島惇太、小松昌平、濱野大輝、三瓶由布子、徳武竜也、浦尾岳大、笠間淳、汐谷文康、駒田航、河西健吾、立木文彦
(C) BNEI/WakeMini

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON

アイドルマスター シンデレラガールズ劇場 CLIMAX SEASON

放送日: 2019年4月2日~2019年6月25日   制作会社: ギャザリング
キャスト: 大橋彩香、福原綾香、原紗友里、木村珠莉、黒沢ともよ、上坂すみれ、三宅麻理恵、田辺留依、種﨑敦美、藍原ことみ、久野美咲、春野ななみ、のぐちゆり、山下七海、大空直美、中島由貴、和氣あず未、長島光那、松井恵理子、東山奈央、内田真礼、武田羅梨沙多胡、安野希世乃、竹達彩奈、立花理香、津田美波、M・A・O、牧野由依、照井春佳、今井麻夏、花守ゆみり、都丸ちよ、ルゥ・ティン、佳村はるか、山本希望、桜咲千依、会沢紗弥、早見沙織、金子有希、青木瑠璃子、佐藤亜美菜、新田ひより、原田ひとみ、下地紫野、伊達朱里紗、洲崎綾、青木志貴、田澤茉純、朝井彩加、飯田友子、赤﨑千夏、杜野まこ、金子真由美、鈴木みのり、五十嵐裕美、渕上舞、松田颯水、鈴木絵理、高森奈津美、千菅春香、藤田茜、原田彩楓、大坪由佳、髙野麻美、原優子、藤本彩花、花井美春、高橋花林、松嵜麗、村中知、小市眞琴、高田憂希、春瀬なつみ、嘉山未紗、佐藤利奈
(C) BNEI/しんげき

アイドルマスター ミリオンライブ!

アイドルマスター ミリオンライブ!

開始日: 未定   制作会社: 白組

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。