Netflixオリジナルアニメ「日本沈没2020」の小野賢章らによるオリジナル楽曲「シズマヌキボウ」PVが解禁! 異色の豪華アーティストが共演し「未来への希望」をラップで紡ぐ

2020年07月16日 18:440
Netflixオリジナルアニメ「日本沈没2020」の小野賢章らによるオリジナル楽曲「シズマヌキボウ」PVが解禁! 異色の豪華アーティストが共演し「未来への希望」をラップで紡ぐ

放送中のNetflixオリジナルアニメ「日本沈没2020」より、向井太一さん、花譜さん、Daichi Yamamotoさん、小野賢章さんによるオリジナル楽曲「シズマヌキボウ」のPVが解禁された。

「夜は短し歩けよ乙女」「夜明け告げるルーのうた」などで世界的な評価を受ける湯浅政明監督によるNetflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」は、過酷な現実でもそこから目を逸らさずポジティブに未来を見つめ、希望の思いをつなぎ、前を向いて生きていくことを選択する希望と再生の物語。
また、人種、国籍、世代、政治、宗教、LGBTQといった現代の社会的なトピックスに切り込む作品であり、それこそが"シズマヌキボウ"プロジェクトにも通底するメッセージである。

今回、Netflixは「日本沈没2020」で描かれる希望と再生の物語からインスピレーションを受けたスピンオフプロジェクト"シズマヌキボウ"より、同名のスペシャル楽曲PVをNetflix Japanの公式YouTubeチャンネルにて公開した。


【「シズマヌキボウ」PV】

 

新鋭アーティスト、バーチャルシンガー、人気声優など豪華メンバーが共演!


オリジナル楽曲「シズマヌキボウ」の参加アーティストは、日本ヒップホップ界ブライテストホープとして国内外より注目を集める京都生まれのDaichi Yamamotoさん。ルーツであるブラックミュージックをベースに様々なジャンルを超えた楽曲を発信し続けるシンガーソングライター向井太一さん。「日本沈没2020」のグランドエンディングテーマとして新曲「景色」を歌う次世代型バーチャルシンガーの花譜さん。
そしてカイト役の声優としても今作に出演する国民的声優・小野賢章さんはラップ初挑戦。

また、本作と同じくKEN THE 390さんがここでもラップ監修で参加している。

 

オリジナル楽曲「シズマヌキボウ 」のリリックに込められた“未来への希望”


これまでの湯浅監督作品において重要なパートを担ってきた、劇中に差し込まれるラップ表現は「日本沈没2020」においても健在。
登場人物たちが絶望的な状況のなか“未来への希望”をラップで表現する、本作の象徴的なシーンを出発点にオリジナル楽曲「シズマヌキボウ」は制作された。

作中では、主人公の歩(あゆむ)と仲間たちが希望の光差す“魂のラップ”を繰り広げるが、本楽曲においてもまた、アーティストたちが自身の経験をもとに作詞したリアルな言葉で“未来への希望”を語る。

さらに「シズマヌキボウ」のリリックには「日本沈没2020」全10話のエピソードタイトルが散りばめられており、その“10の言葉”がアーティストそれぞれの持つ葛藤や希望とも重なり展開されていく曲構成となっているので、リリックのなかに隠された作品タイトルを追っていくのもひとつの醍醐味。

日本人の父とジャマイカ人の母を持ち、ロンドン留学を期に音楽活動をスタートさせたDaichi Yamamotoさん。旧来の固定観念を打破するように、バーチャルとリアルのあいだに立ち、二つの世界で歌うことを選んだ花譜さん。子役時代からの長いキャリアのなかで体験した挫折、さらなる高みにのぼるために声優と俳優の両立を目指し、成し遂げた小野賢章さん。表現者としての“自分らしさ”を胸に、「やっとマイオリタキボウ/つらいことすら抱きしめていこう」と歌いあげる向井太一さん。

これからの時代、これからの希望を“言葉の持つ力”で表現することのできるアーティストたちによる楽曲 「シズマヌキボウ」だからこその異色の組み合わせ。そして、PVの監督は気鋭の映像ディレクター、Nao Watanabeさんが担当。次世代の才能たちによる化学反応となっている。

なお、「日本沈没2020」の主題歌には大貫妙子さん&坂本龍一さんの名曲「a life」を起用、音楽を牛尾憲輔さん(agraph)が手がけるほか、ラップ監修にはKEN THE 390さんと、音楽目線でも見どころの尽きない本作。
“未来への希望”を、時代の最前線を歩むアーティストとともに表現するスピンオフプロジェクト“シズマヌキボウ”と合わせて、Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」をより深く、より多彩に堪能できる。

 

希望の言葉を紡ぐ「#キボウのマイクリレー」スタート!一般参加も募集


ソーシャル企画「#キボウのマイクリレー」もPV公開と合わせてスタート。
「日本沈没2020」のラップ監修を担当するKEN THE 390さんを起点として、SNS上でアニメの世界観さながらフリースタイルのラップリレーが展開されていく。

すでに音楽界の注目アーティストも参加表明。誰が登場するのか?に期待。一般参加も募集中だ。
劇中においてもカイトの呼びかけによってマイクリレーがはじまる流れとなっているが、現実世界ではどんな希望の言葉が紡がれていくのか。
詳しくはNetflix Japanのアニメ作品専用公式ツイッターアカウント(@NetflixJP_Anime)で確認しよう。

 

【作品情報】(※敬称略)
■Netflixオリジナルアニメシリーズ「日本沈没2020」

<配信情報>
Netflixにて全世界独占配信中
配信URL:https://www.netflix.com/title/80993018

<ストーリー>
2020年、平和な日常が続く日本を襲った突然の大地震。都内に住むごく普通の家族、武藤家の歩(あゆむ)と剛(ごう)の姉弟は、大混乱の中、家族4人で東京からの脱出を始めるが、刻々と沈みゆく日本列島は、容赦なく彼らを追い詰めていく。極限状態で突きつけられる、生と死、出会いと別れの選択。途方もない現実と向き合う中、歩と剛は、未来を信じ、懸命に生き抜く強さを身につけていく…

<キャスト>
武藤歩:上田麗奈/武藤剛:村中知/武藤マリ:佐々木優子/武藤航一郎:てらそま まさき/
古賀春生:吉野裕行/三浦七海:森なな子/カイト:小野賢章/疋田国夫:佐々木梅治/
室田 叶恵:塩田朋子/浅田 修:濱野大輝/ダニエル:ジョージ・カックル/大谷三郎:武田太一

<スタッフ>
原作:小松左京『日本沈没』
監督:湯浅政明
音楽:牛尾憲輔 脚本:吉高寿男
アニメーションプロデューサー: Eunyoung Choi
シリーズディレクター:許平康
キャラクターデザイン:和田直也
フラッシュアニメーションチーフ:Abel Gongora
美術監督:赤井文尚 伊東広道 
色彩設計:橋本賢
撮影監督:久野利和
編集:廣瀬清志
音響監督:木村絵理子 
アニメーション制作:サイエンスSARU
ラップ監修: KEN THE 390
主題歌:「a life」大貫妙子 & 坂本龍一(作詞:大貫妙子/作曲:坂本龍一)


©“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

画像一覧

  • Netflixオリジナルアニメ「日本沈没2020」の小野賢章らによるオリジナル楽曲「シズマヌキボウ」PVが解禁! 異色の豪華アーティストが共演し「未来への希望」をラップで紡ぐ

  • Netflixオリジナルアニメ「日本沈没2020」の小野賢章らによるオリジナル楽曲「シズマヌキボウ」PVが解禁! 異色の豪華アーティストが共演し「未来への希望」をラップで紡ぐ

  • Netflixオリジナルアニメ「日本沈没2020」の小野賢章らによるオリジナル楽曲「シズマヌキボウ」PVが解禁! 異色の豪華アーティストが共演し「未来への希望」をラップで紡ぐ

  • Netflixオリジナルアニメ「日本沈没2020」の小野賢章らによるオリジナル楽曲「シズマヌキボウ」PVが解禁! 異色の豪華アーティストが共演し「未来への希望」をラップで紡ぐ

  • Netflixオリジナルアニメ「日本沈没2020」の小野賢章らによるオリジナル楽曲「シズマヌキボウ」PVが解禁! 異色の豪華アーティストが共演し「未来への希望」をラップで紡ぐ

  • Netflixオリジナルアニメ「日本沈没2020」の小野賢章らによるオリジナル楽曲「シズマヌキボウ」PVが解禁! 異色の豪華アーティストが共演し「未来への希望」をラップで紡ぐ

  • Netflixオリジナルアニメ「日本沈没2020」の小野賢章らによるオリジナル楽曲「シズマヌキボウ」PVが解禁! 異色の豪華アーティストが共演し「未来への希望」をラップで紡ぐ

関連作品

日本沈没2020

日本沈没2020

配信日: 2020年7月9日~2020年10月27日   制作会社: サイエンスSARU
キャスト: 上田麗奈、村中知、佐々木優子、てらそままさき、吉野裕行、森なな子、小野賢章、佐々木梅治、塩田朋子、濱野大輝、ジョージ・カックル、武田太一
(C) “JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。