コロナ禍で作品数激減! ただし、注目作品ばかりの精鋭ぞろい。「来期は何を観る!? 観たい夏アニメ人気投票!」スタート!

2020年06月11日 16:100
コロナ禍で作品数激減! ただし、注目作品ばかりの精鋭ぞろい。「来期は何を観る!? 観たい夏アニメ人気投票!」スタート!

アキバ総研の公式投票企画「来期は何を観る!? 観たい夏アニメ人気投票!」が、本日2020年6月11日(木)より開始され、投票の受付が始まった。投票締め切りは、2週間後の6月24日(水)となる。

ご存じのように、2020年の春アニメは、世界的に問題となっている新型コロナウイルスの拡散によって、大きな打撃を受けた形となった。予定されていた多くの作品が放送・配信延期となり、いまだ再開のメドが立っていない作品もあるが、こうした混乱の中、7月から始まる夏アニメはよりいっそう大きな影響を受けている状態だ。通常であれば、50~60本を超えるタイトルがずらっと並ぶところ、今年の夏アニメではその半数にも満たない24本(6月11日時点)のみが放送・配信予定となっており、作品数の激減っぷりは明らかだ。


ただ、その中身を見ると、もともと春アニメとして放送・配信予定だった大作・注目作が、開始時期を延期し、この夏に改めて放送・配信開始となるものが多い。めぼしいところをあげるだけでも、「Re:ゼロから始める異世界生活(第2期)」、「ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 2ndクール」、「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。完」など、いわゆる人気作品の続編・最終編が顔をそろえており、これだけでもかなり注目に値する。このほか、新規の話題作もいくつかスタート予定となっており、筒井康隆原作の「富豪刑事 Balance:UNLIMITED」、石田衣良原作の「池袋ウエストゲートパーク」、小松左京原案の「日本沈没2020」といった文芸原作ものから、人気コミック原作の「彼女、お借りします」、「炎炎ノ消防隊 弐ノ章」、完全新作の「GREAT PRETENDER」や「デカダンス」、さらには異色の問題作「ド級編隊エグゼロス」まで、注目作品が目白押しとなっている。


ある意味、少数精鋭でお送りすることになりそうな今年の夏アニメ。この中から、皆さんが見たいと思う作品にぜひ投票してほしい。1人7票まで自由に投票できるので、ある作品に全票投じるもよし、いろいろな作品に少しずつ投票するもよし。こんな時期だからこそ、自宅で楽しめるアニメ作品をもっと盛り上げるべく、多くの人に投票していただければと思う。


あなたの投票を心よりお待ちしております!


※投票を行うには、アキバ総研会員ログインが必要です。

画像一覧

  • コロナ禍で作品数激減! ただし、注目作品ばかりの精鋭ぞろい。「来期は何を観る!? 観たい夏アニメ人気投票!」スタート!

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。