「Core i7」対応/「X58」チップセット搭載(?)のFOXCONN製マザーボードの展示が開始! CPUソケットは「LGA1366」

アキバ総研 | 2008年10月29日 21:30

Intelの次世代CPU「Core i7」(開発コードネーム「Nehalem」)に対応すると思われる詳細不明のFOXCONN製マザーボードの展示がドスパラ秋葉原本店で始まった。



akiba20081029__1991.jpg展示が始まったFOXCONN製マザーは、Intelの次期チップセット「X58」を搭載していると思われるATXマザーボード。

詳細なスペックや型番などは不明だが、2色に色分けされたメモリスロットを6基備える点は、「Core i7」で採用予定というメモリのトリプルチャンネルをサポートする仕様だと思われる。また、CPUソケットもLGA775とは異なっており、「Core i7」で採用される予定の「LGA1366」となっている。



なお、本製品の展示期間は未定で、製品の詳細情報についてもわからないとのこと。ちなみに、デモ動作についてお尋ねしたところ「チャンスがあれば是非動かしてみたいものです」(ショップ店員)とも。

20081029213000.jpg akiba20081029__1986.jpg akiba20081029__1984.jpg
マザーボード全体 CPUソケット部
メモリスロット
akiba20081029__1990.jpg akiba20081029__1989.jpg akiba20081029__1987.jpg
拡張スロット バックパネル部のI/O
基板裏面

  • 「Core i7」対応/「X58」チップセット搭載(?)のFOXCONN製マザーボードの展示が開始! CPUソケットは「LGA1366」

  • 「Core i7」対応/「X58」チップセット搭載(?)のFOXCONN製マザーボードの展示が開始! CPUソケットは「LGA1366」

  • 「Core i7」対応/「X58」チップセット搭載(?)のFOXCONN製マザーボードの展示が開始! CPUソケットは「LGA1366」

  • 「Core i7」対応/「X58」チップセット搭載(?)のFOXCONN製マザーボードの展示が開始! CPUソケットは「LGA1366」

  • 「Core i7」対応/「X58」チップセット搭載(?)のFOXCONN製マザーボードの展示が開始! CPUソケットは「LGA1366」

  • 「Core i7」対応/「X58」チップセット搭載(?)のFOXCONN製マザーボードの展示が開始! CPUソケットは「LGA1366」

  • 「Core i7」対応/「X58」チップセット搭載(?)のFOXCONN製マザーボードの展示が開始! CPUソケットは「LGA1366」