【アキバ総研独占!】 Netflixにて世界配信「泣きたい私は猫をかぶる」、脚本・ 岡田磨里の“今書きたい物語”を凝縮した魅力&場面カットを公開!

2020年05月19日 12:000
【アキバ総研独占!】 Netflixにて世界配信「泣きたい私は猫をかぶる」、脚本・ 岡田磨里の“今書きたい物語”を凝縮した魅力&場面カットを公開!

劇場公開が延期されていたアニメーション映画「泣きたい私は猫をかぶる」が、2020年6月18日(木)よりNetflixにて全世界独占配信されることが決定した。本記事では、未公開場面カットと、脚本を担当した岡田磨里さんの“今描きたい物語”が凝縮されているという、本作の魅力を紹介しよう。

「泣きたい私は猫をかぶる」は、アニメーションスタジオ「スタジオコロリド」による長編アニメーション映画の第2弾。第1弾は、第42回日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞、ファンタジア国際映画祭 今敏賞(ベストアニメーション賞)に輝いたアニメ映画「ペンギン・ハイウェイ」(2018年)だ。


監督は、日本アニメ界の重鎮・佐藤順一さんと、本作で長編監督デビューを飾る柴山智隆さん。脚本は、確かな描写力で定評のある脚本家・岡田麿里さん。


声の出演では、志田未来さんと花江夏樹さんが、多感で繊細な中学2年生のムゲと日之出をダブル主演で務める。また、ムゲを「猫」世界へと導く謎のお面屋・猫店主を山寺宏一さんが、ムゲと日之出の担任教師をおぎやはぎの小木博明さんが担当する。


■岡田磨里さんの“今描きたい物語”が凝縮されている本作


本作の脚本を手がける、脚本家・岡田麿里さん。日本中が涙した大ヒット作「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」や、「心が叫びたがってるんだ。」「空の青さを知る人よ」、自身が監督を務めた「さよならの朝に約束の花をかざろう」などの繊細な感情描写で大きな反響を得ている。


アニメファンにその名を知られるきっかけとなった「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」では、不登校の主人公と幼なじみたちとの葛藤や絆を表現。「心が叫びたがってるんだ。」では、しゃべることができない主人公が歌に想いを乗せることで言葉を取り戻していくという、自分の殻を破っていく様子をみずみずしく描き出した。


そして、「さよならの朝に約束の花をかざろう」では、数百年の寿命を持つ主人公と少年とのかけがえのない日々をていねいに描き、多くの感動を呼んだ。そのほかにも、「フラクタル」、「放浪息子」、「花咲くいろは」など、さまざまな事情を抱える主人公たちを中心に、揺れ動く繊細な感情を表現し、多くの共感を得てきた。

 

そして、佐藤順一監督とともに「今描きたい物語を映画に」という思いでつくりだしたのが本作「泣きたい私は猫をかぶる」だ。

 

 

 

主人公は、両親が離婚し自分の居場所を失ってしまう少女。空気を読まない言動で周囲を驚かせ、クラスメイトからは「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれているが、本当は周りに気を使い、自分の感情を抑えて日々を過ごしている。


そんなムゲは、猫に変身できるお面を手に入れ、猫でいれば周囲との関係に悩むことがない自由さを知り、次第に心地よさを覚えていく……。

 

常滑市を舞台にしたリアルさがありながら、猫の世界が出てくるというファンタジーな世界観。そして、ムゲをはじめとした中学生たちの繊細な感情表現には、佐藤順一監督も「岡田さんならではの繊細な『痛み』が描かれていた」と絶賛するほど。


岡田磨里さんの“今描きたい物語”が凝縮された本作は、これまでの名作たちの要素に、ボーイミーツガールの物語と“猫”が加わり、新時代を切り拓く2020年にふさわしい渾身の長編アニメーション映画となっている。


日本を舞台にした作品ながらも、少年少女たちの繊細な感情を描いたストーリーは世界中の誰もが共感でき、さらに岡田磨里さんの名前が世界から注目されるに違いない。

 

【アニメ映画概要】
■「泣きたい私は猫をかぶる」

<配信情報>
2020年6月18日(木)よりNetflixにて全世界独占配信

出演:志田未来 花江夏樹 小木博明 山寺宏一
監督:佐藤順一・柴山智隆
脚本:岡田麿里
主題歌:「花に亡霊」ヨルシカ(ユニバーサルJ)
企画:ツインエンジン
制作:スタジオコロリド
製作:「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

<ストーリー>
私はあなたの力になりたい。好きって言われたい―。
笹木美代(ささき・みよ)は、いつも明るく陽気な中学二年生の女の子。空気を読まない言動で周囲を驚かせ、クラスメイトからは「ムゲ(無限大謎人間)」というあだ名で呼ばれている。しかし本当は周りに気を使い、「無限大謎人間」とは裏腹に自分の感情を抑えて日々を過ごしていた。
そんなムゲは、クラスメイトの日之出賢人(ひので・けんと)へ毎日果敢にアタックを続けるがまったく相手にされない。めげずにアピールし続ける彼女には、誰にも言えないとっておきの秘密があった。
それは、猫の姿になって大好きな日之出に会いにいくこと。
実はムゲは、ある夏祭りの夜お面屋にいた猫の店主から、「かぶると猫へと姿を変えることができる」という不思議なお面をもらって以来、猫・太郎として日之出の家に通っていたのだ。
普段はクールに振舞う日之出だが、太郎にだけは素直な気持ちを打ち明けることができ、いつしか太郎は日之出の支えになっていた。
≪人間≫のときには距離を取られてしまうが、≪猫≫のときには近づける2人の関係。ムゲもまた、猫でいれば周囲との関係に悩むことない自由さを知り、次第に心地よさを覚えていく。猫として長く過ごすほど、いつしか猫と自分の境界があいまいになるムゲ。
ある日、再び現れた猫店主から、猫の“お面”とムゲの“顔”を交換し、≪人間≫を捨て≪猫≫として生きるよう迫られる。
このままずっと、あなたのそばにいたい。でも、≪私≫に戻ることができなくなる――。
自分が誰に支えられているのか。大切なものに気がつくとき、2人の世界が変わり始める。

 

(C)2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

画像一覧

  • 【アキバ総研独占!】 Netflixにて世界配信「泣きたい私は猫をかぶる」、脚本・ 岡田磨里の“今書きたい物語”を凝縮した魅力&場面カットを公開!

  • 【アキバ総研独占!】 Netflixにて世界配信「泣きたい私は猫をかぶる」、脚本・ 岡田磨里の“今書きたい物語”を凝縮した魅力&場面カットを公開!

  • 【アキバ総研独占!】 Netflixにて世界配信「泣きたい私は猫をかぶる」、脚本・ 岡田磨里の“今書きたい物語”を凝縮した魅力&場面カットを公開!

関連作品

泣きたい私は猫をかぶる

泣きたい私は猫をかぶる

上映開始日: 未定   制作会社: スタジオコロリド
キャスト: 志田未来、花江夏樹、寿美菜子、小野賢章、千葉進歩、川澄綾子、大原さやか、浪川大輔、小木博明、山寺宏一
(C) 2020 「泣きたい私は猫をかぶる」製作委員会

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。