ロード時間の大幅短縮、さらにリアルな映像とサウンド、そしてPS4の後方互換! とっても気になるPlayStation5の仕様とは?

2020年03月19日 10:020
ロード時間の大幅短縮、さらにリアルな映像とサウンド、そしてPS4の後方互換! とっても気になるPlayStation5の仕様とは?

既報の通り、2020年3月19日(木)午前1時(日本時間)に、「PlayStation 5」(以下、PS5)の技術解説動画が公開され、気になるハードウェア仕様の情報が明らかとなった。

この動画はPS5のリードアーキテクトであるマーク・サーニーさんによる、プレゼンテーションを収録したもので、Game Developers Conference(GDC)で予定していたセッションを収録したもの。動画は字幕なしの英語音声のみだが、現在国内向けPlayStation.Blogにて概要をまとめた記事が公開されている。



この記事によると、PS5の大まかな仕様は以下の通り。

・PS5は、とてつもない速度でデータを送り出すことが可能。どんなに広大なゲーム世界にも、瞬時に移動が可能になるとのこと。ユーザーはロード時間を待つよりもゲームを遊ぶことに、より多く時間を費やすことが可能に。
・PS5に搭載されるカスタムGPUにより、レイトレーシングという新機能が実現。現実世界でどのように光が動き、物体表面でどのように反射するのかを再現するレイトレーシングを用いることで、物体をより正確かつリアルにレンダリングすることが可能に。
・ハイエンドオーディオ機器を持つユーザーだけではなく、すべてのユーザーに素晴らしいオーディオ体験を提供すべく、オーディオレンダリングに最適化した3Dオーディオ用カスタムエンジンを搭載。雨粒がさまざまな表面に当たる音や、具体的に敵がどの方向に潜んでいるか、などより実在感と定位感を感じられるサウンドになる。
・PlayStation4で最もプレイ時間の長い上位100タイトルを調査したところ、ほぼ全てのタイトルが発売時にPS5上でスムーズに動作するであろうことが確認済み。すでに発売されている4,000以上ものPS4タイトルについても検証テストを継続し、互換性の対応を進めていく。

より強化されたマシンパワーによる、さらにリアルなゲーム体験もさることながら、PS4タイトルの後方互換にも対応することが明かされたのはうれしいところ。
引き続き続報にも期待したい。

【PlayStation5マシンスペック】

・CPU:x86-64-AMD Ryzen™ "Zen 2"、8コア / 16 スレッド、周波数:最大 3.5GHz まで可変
・GPU:AMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine、レイトレーシング アクセラレーション、周波数:最大 2.23GHz まで可変(10.3 TFLOPS)
・システムメモリ:GDDR6 16GB、バンド幅:448GB/s
・SSD:825GB、読み込み速度:5.5GB/s(Raw)
・PS5:ゲームディスク Ultra HD Blu-ray™(100GBまで)
・映像出力:4K 120Hz TV、 8K TV、VRR 対応(HDMI2.1規格による)
・オーディオ:"Tempest" 3Dオーディオ技術

画像一覧

  • ロード時間の大幅短縮、さらにリアルな映像とサウンド、そしてPS4の後方互換! とっても気になるPlayStation5の仕様とは?

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。