コロナウイルス真最中での息抜きや現実逃避が求められる? 中国の1月新作アニメ事情【中国オタクのアニメ事情】

2020年03月07日 12:000
コロナウイルス真最中での息抜きや現実逃避が求められる? 中国の1月新作アニメ事情【中国オタクのアニメ事情】

中国オタク事情に関するあれこれを紹介している百元籠羊と申します。
今回は中国の動画サイトで配信されている日本の1月の新作アニメに関する動向や、近年の中国において日本の作品が炎上した際の対処方法やそのリスクなどについて紹介させていただきます。

イロイロな形で新型コロナウイルスの影響が見え隠れする1月新作アニメ


現在日本では新型コロナウイルスによる深刻な影響が出ていますが、中国でもさまざまな分野で日常生活などへの影響は続いています。
聞こえてくる話によると、中国のメディアでは、国内のよかった探し、国外の悪かった探し的なニュースを流しているので、中国オタク界隈においても「外国に比べれば中国はマシ」「日本はもうすぐ武漢のようになる」と言われ続けているそうですが、それで日々のストレスが消えるわけでもなく、不自由さを感じて気の滅入る日々は相変わらず続いているようです。
そしてそういった背景があることから、1月新作アニメの人気や話題の傾向も普段とは異なる方向になっている模様です。

まず初動で大きく伸び、その後も人気を維持して今期のダークホースとなったのが、「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」だそうです。
この作品はVRMMO、ネットゲームを舞台に極端なストーリーが展開されることもあってか、注目が集まると同時に中国のオタク層の一部からは「こんな作品が人気になるのは断じて認められない」とばかりに非常に強烈な批判も出ました。

この批判に関しては日本と中国のMMORPGネタに関する認識や温度差、中国にはMMORPGに対する思い入れの強い経験者も多く、そういった人たちにとってリアリティの感じられるネットゲームを題材にした中国国産ネット小説も多いといった事情などが影響していたようです。
しかし話が進むにつれて批判も一定の落ち着きを見せ、いわゆる「俺TUEEEE」系作品のくくりではなく、ある種の日常系作品、女の子に萌えるアニメ、妙にクオリティの高いバトルシーンなどの作画に注目するアニメといった扱いになっていったそうです。
そして現在では「ストレスなく気分よく見ていられるアニメ」という評価や、「いい意味で現実逃避ができるアニメ」だという感想も出ているとのことです。

次に序盤以降に大きな伸びを見せ、高い評価を獲得しているのがミステリー要素のある作品、中国では「推理系」というカテゴリにもなる作品の「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」「虚構推理」だそうです。
どちらの作品に対しても独特の世界観、一般的な考えでは予想できない推理の流れが評価されていたり、「推理系の皮をかぶった何か」という評価が出ていたりするのも面白いところで、
「推理モノだと思って見始めたらSF系異世界転移モノだった」
「推理モノだと思って見始めたら話を作る伝奇モノだった」
などといった反応も出ているそうです。

この今期の中国で好評な「推理系」2作品ですが、まず「ID:INVADED イド:インヴェイデッド」のほうは深層心理の世界で推理をするというSF的なバックボーンを備えつつ、エピソードごとにまったく異なる深層心理世界が舞台というのが興味をひき話題となっているそうです。
さらにその世界ごとのロジックやルールも含めて推理を行う展開や視聴者の予想を超えるストーリーが不思議な印象を与え、引き込まれる人や深く考え込む人が続出し、今期の中盤以降に大きく評価を伸ばしているとのことです。

そして「虚構推理」のほうですが、こちらは逆にライトな推理モノ、そこまで深く考えずに見ても楽しめるといった評価にもなっているそうです。しかしタイトルに「推理」という文字が入ってはいるもののやはり普通の「推理」ではないうえに、登場人物の背景や行動ロジックがひと癖あり、そこに中国では根強い人気ジャンルである日本の伝奇や妖怪ネタがからむのが強いフックになっているのだとか。

それから続編系の作品で目立って好調なのが「とある科学の超電磁砲T」で、同じ世界観の作品で先日第3期の配信があった「とある魔術の禁書目録」と比べても明らかに活発な盛り上がりを見せている模様です。
中国のオタクな方からは
「原作ファン中心の盛り上がりだった『禁書』に比べて『超電磁砲』は原作を追いかけていない人も帰ってきて盛り上がっていますし新規のファンも出てきています」
「アニメのクオリティもよく、それに加えて御坂美琴の影響力も健在のようです」
といった話も出てくるなど、この作品の主人公である御坂美琴が「炮姐」のあだ名とともに中国のオタク史上で一時代を築いた伝説のヒロインであることを改めて認識させられます。

それ以外にも2クール目に入った作品の中では「Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-」が、構成や脚本に対する不満が一部で爆発し続けてはいるものの、人気や話題性では常に上位を維持し続けているのが興味深いところです。
これに関しては原作ゲームの「Fate/Grand Order」が中国でも好調で、Fateシリーズのファン層が現在の中国のオタク界隈における最大規模の作品コミュニティになっていることも大きいようです。
アニメ化の際のアレンジに関する不満はあれど、Fate関連の知識や原作ゲームの思い入れなどから話題は尽きないそうで、そこに中国のファンの間でも期待されていたアニメ化予定エピソードの後半部分に入ったことから、イロイロな意味で注目を集めることになっているのだとか。

画像一覧

  • コロナウイルス真最中での息抜きや現実逃避が求められる? 中国の1月新作アニメ事情【中国オタクのアニメ事情】

関連作品

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

放送日: 2020年1月8日~2020年3月25日   制作会社: SILVER LINK.
キャスト: 本渡楓、野口瑠璃子、早見沙織、新井里美、加隈亜衣、諏訪ななか、杉山紀彰、佐藤聡美、小野賢章、山崎たくみ、竹達彩奈、神奈延年、佐藤利奈、山口勝平、石田彰、皆口裕子、丹下桜
(C) 2020 夕蜜柑・狐印/KADOKAWA/防振り製作委員会

ID:INVADED  イド:インヴェイデッド

ID:INVADED イド:インヴェイデッド

放送日: 2020年1月5日~2020年3月22日   制作会社: NAZ
キャスト: 津田健次郎、細谷佳正、M・A・O、ブリドカットセーラ恵美、村治学、近藤隆、岩瀬周平、榎木淳弥、加藤渉、落合福嗣、西凜太朗、遠藤綾、島袋美由利、平川大輔、宮本侑芽、日笠陽子、蓮岳大、佐倉綾音、小林親弘
(C) 2019「イド・インヴェイデッド」製作委員会

虚構推理

虚構推理

放送日: 2020年1月11日~2020年3月28日   制作会社: ブレインズ・ベース
キャスト: 鬼頭明里、宮野真守、福圓美里、上坂すみれ、浜田賢二、佐古真弓、下山吉光、本山かおり、塙真奈美、後藤ヒロキ、宮田幸季、前田玲奈、飛田展男、大南悠
(C) 城平京・片瀬茶柴・講談社/虚構推理製作委員会

とある科学の超電磁砲T

とある科学の超電磁砲T

放送日: 2020年1月10日~   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 佐藤利奈、新井里美、豊崎愛生、伊藤かな恵、浅倉杏美、河西健吾、富田美憂、藤井ゆきよ
(C) 2018 鎌池和馬/冬川基/KADOKAWA/PROJECT- RAILGUN

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-

放送日: 2019年10月5日~   制作会社: CloverWorks
キャスト: 島﨑信長、高橋李依、川澄綾子、鈴村健一、坂本真綾、関智一、小林ゆう、櫻井孝宏、浅川悠、植田佳奈、早見沙織、稲田徹、三木眞一郎
(C) TYPE-MOON / FGO7 ANIME PROJECT

僕のヒーローアカデミア(第4期)

僕のヒーローアカデミア(第4期)

放送日: 2019年10月12日~   制作会社: ボンズ
キャスト: 山下大輝、三宅健太、岡本信彦、佐倉綾音、石川界人、梶裕貴、増田俊樹、悠木碧、井上麻里奈、新垣樽助、上村祐翔、安野希世乃、三木眞一郎、津田健次郎
(C) 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事