東プレ、初のPC用マウス「REALFORCE MOUSE」発売。静電容量無接点スイッチと、プロゲーマー向けの高性能センサーを搭載

2020年03月06日 12:440
東プレ、初のPC用マウス「REALFORCE MOUSE」発売。静電容量無接点スイッチと、プロゲーマー向けの高性能センサーを搭載

東プレは、初のPC用マウス「REALFORCE MOUSE RFM01」を、2020年3月19日ごろよりREALFORCE取扱店にて発売する。価格はオープン。

「REALFORCE MOUSE RFM01」は、同社のキーボード製品「REALFORCE」シリーズに搭載される静電容量無接点スイッチを左右ボタンに搭載。チャタリングを防ぎ、指に強い反発力や振動を与えない東プレ独自の静電容量無接点スイッチにより、フェザータッチのやさしいクリック感を実現。指の疲労感を軽減することができるという。

 

また、光学センサーには、プロゲーマーに定評のある「PixArt PMW3360」センサーが採用されており、ポインターの高い追従性と精度を実現した。


このほか、マウス本体のスイッチでレポートレートとDPIを切り替えることが可能。レポートレート切り替えスイッチは125/500/1000Hzの3段階、DPI切り替えスイッチは400/800/1600/3200の4段階に対応している。なお、各DPIは専用のソフトウェアによって100~12,000DPIの範囲でカスタマイズすることができる。


本体サイズは、67(幅)×42(高さ)×122(奥行)mm、重量は約83g(ケーブル除く)。

【商品概要】
■「REALFORCE MOUSE RFM01」

型番:RFM01U11
スイッチ方式:静電容量無接点(左右ボタン)
耐久性:5,000万回(左右ボタン)
押下特性:ソフトタクタイルフィーリング(左右ボタン)
ボタン数:6ボタン
オプティカルセンサー:PixArt PMW3360
インタフェース:USB2.0
電源:DC5V ±0.25V, 100mA(Max)
ケーブル長:約1.8m
サイズ:67(幅)×42(高さ)×122(奥行)mm
重量:約83g(ケーブル除く)

※TOPRE、および、REALFORCEロゴは、東プレ株式会社の登録商標です。
※仕様、および、デザインは予告なしに変更される場合があります。
※本資料に掲載した写真は実際の製品とは多少異なる場合があります。
※その他、記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

画像一覧

  • 東プレ、初のPC用マウス「REALFORCE MOUSE」発売。静電容量無接点スイッチと、プロゲーマー向けの高性能センサーを搭載

  • 東プレ、初のPC用マウス「REALFORCE MOUSE」発売。静電容量無接点スイッチと、プロゲーマー向けの高性能センサーを搭載

  • 東プレ、初のPC用マウス「REALFORCE MOUSE」発売。静電容量無接点スイッチと、プロゲーマー向けの高性能センサーを搭載

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。