新刊254万部、累計1200万部突破の小野不由美「十二国記」シリーズ、「第5回吉川英治文庫賞」受賞!

2020年03月03日 07:000
新刊254万部、累計1200万部突破の小野不由美「十二国記」シリーズ、「第5回吉川英治文庫賞」受賞!

小野不由美さんのベストセラーファンタジー「十二国記」シリーズが「第5回吉川英治文庫賞」を受賞した。

「十二国記」シリーズは、1991年に「魔性の子」(新潮文庫)刊行で始まった小野不由美さんのベストセラーファンタジーシリーズ。我々の棲む世界とも繋がる異界〈十二国〉を舞台とした壮大なファンタジーであり、同時に、多くの謎に満ちたミステリでもある。

今回、「十二国記」シリーズが「第5回吉川英治文庫賞」を受賞したことが、公益財団法人吉川英治国民文化振興会より発表された。


同財団の主催、講談社の後援で2016年に創設された吉川英治文庫賞は、毎年12月1日から翌年11月30日までに文庫最新刊が刊行された5巻以上のシリーズ作品のなかから、もっとも優秀な大衆シリーズ文学作品に贈られる賞で、今回は15の候補作品から、約50人の選考委員の投票で受賞作が決定した。
https://www.kodansha.co.jp/award/yoshikawa_bk.html


昨年10月、11月に刊行された「白銀の墟 玄の月(しろがねのおか くろのつき)」全4巻(新潮文庫)は、「十二国記」シリーズの「18年ぶり」の新作とあって、一昨年末の刊行予告以来、ウェブ上で大きな反響を呼び、刊行後わずか1カ月で累計部数は254万5000部、シリーズ累計は、1200万部を突破した(講談社刊行分も含む)。 いわば社会現象化した「十二国記」シリーズは、「Yahoo!検索大賞2019」小説部門賞も受賞している。

画像一覧

  • 新刊254万部、累計1200万部突破の小野不由美「十二国記」シリーズ、「第5回吉川英治文庫賞」受賞!

関連作品

十二国記

十二国記

放送日: 2002年4月9日~2003年8月30日   制作会社: ぴえろ
キャスト: 久川綾、石津彩、うえだゆうじ、子安武人、相沢まさき、山口勝平、鈴村健一、岡野浩介、釘宮理恵、勝生真沙子、ゆかな、藤原啓治、進藤尚美、石田彰、若林直美、桑島法子、高山みなみ、山崎和佳奈、鈴木れい子、西村知道、平松晶子、川上とも子、千葉千恵巳、大川透、中田和宏、野島健児、西凜太朗、松本保典、大倉正章、家中宏
(C) 小野不由美・講談社/NHK・NEP21・総合ビジョン

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。