【訃報】「上上下下左右左右BA」のコナミコマンド発案者・橋本和久さんが死去

2020年02月27日 15:520
【訃報】「上上下下左右左右BA」のコナミコマンド発案者・橋本和久さんが死去

80年代のファミコン世代にはおなじみのコナミコマンド「上上下下左右左右BA」を生み出したプログラマー・橋本和久さんが2020年2月25日にお亡くなりになった。

橋本さんの訃報は、コナミ時代の元同僚であるゲームミュージックコンポーザーのテクノウチさんこと竹ノ内裕治さんのツイートにより明らかになった。



竹ノ内さんは、ツイートにてコナミ在籍時の思い出を語るとともに感謝のコメントを述べている。

なおコナミコマンドは、ファミコン版「グラディウス」で発見された裏技コマンドで、入力に成功すると自機・ビッグバイパーがパワーアップする。本作以降、多くのコナミ作品に登場したほか、他社製のゲームにも採用されるなど世界で最も有名な裏技コマンドである。
そもそもなぜこのコマンドが生まれたのかというと、「グラディウス」があまりにも難しかったため、橋本さん自身が使うつもりで仕込んだ隠しコマンドだったことが生前のインタビューで明らかになっている。

この訃報について、コナミの海外公式ツイッターアカウントもコメントを発表している。


ご冥福をお祈りいたします。

画像一覧

  • 【訃報】「上上下下左右左右BA」のコナミコマンド発案者・橋本和久さんが死去

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。