話題性極振りのステルスアクションゲーム「Ghone is gone」を本気でレビューしてみた

2020年01月30日 12:000
話題性極振りのステルスアクションゲーム「Ghone is gone」を本気でレビューしてみた

2020年1月22日に、Steamでステルスアクションゲーム「Ghone is gone」がリリース(価格は100円[税込])された。プレイヤーは、ルソー・ニッソン・ビシビシ企業連合の元CEOロスカル・ゴンを操作して西関空港を目指し、ノンレバ国への脱出を図る。くしくも、2019年12月31日には、ルノー・日産・三菱連合の元会長であるカルロス・ゴーン氏が関西空港からレバノンへ密航したことが判明し、似た設定を持った本作が注目を集めた。ただ、本作はあくまでもフィクションであり、実在するいかなる人物、団体、国家、施設、主義、思想、文化とは完全にまったく無関係である。レビューにあたり、筆者はそれらについて誹謗ないし中傷を行う意図もまた一切なく、本稿は、筆者が本作を遊んで得た個人的見解と客観的事実を総括し、執筆したものであることをお断りしておく。

敵を買収しつつステージを進んでいく



本作は、縦の2Dスクロールタイプ。ステージ制となっており、全部で3つ存在する。ゲームを始めると、2600億円という数字が出てくるが、これはゴンの所持している資産であり、同時にHPに相当する。移動や敵への攻撃のほか、ダメージを受けると減少するため、基本的に敵との戦闘は避け、脱出を優先するのがポイントだ。スペースキーを押している間は楽器箱に隠れることも可能。敵の目の前で使おうが、隠れた途端にこちらを見失ってくれるため、資産の消費を抑えられる。攻撃の際は札束を射出するのだが、軌道は不安定で、感度が悪いのか照準も定めにくく、命中率が非常に悪い。確実に相手に当てるには、ある程度近づかなくてはならない。



さらに厄介なのはゴンだ。画面にはプレイヤーが操作するゴンだけでなく、イラストバージョンの彼も四六時中映っているのだが、画面左でギターケースのようなものから顔を出しているため、とても気になってしまい、また画面の約4分の1を占めているので無視できない。敵も、操作キャラクターとしてのゴンも、左に行くとイラストのゴンに隠れてしまうので状況がわからない。設定でイラスト自体を非表示にすることもできない。その割に、ダメージを受けたら驚いたり、隠れている間は頭を低くしたりと、意外に作り込まれている。ただ、その労力をもう少しプレイ環境に向けてほしかったと思う。



各ステージの最後にはボスが待ち構えており、これがかなり強い。総じて大きいためダメージ判定も広く、ゴンの動き自体が遅いこともあり、事前に敵の動きを予測して対策しないとかなり厳しい。資産は途中で増やせないため、道中で札束をばらまいていると、ボスのダメージに耐えきれず、あっという間に倒されてしまう。ゲームオーバーになっても「保釈金を払う」を選べば何度でも再挑戦できるが、資産は、プレイヤーが倒される直前に挑んでいたステージか、ボス戦が始まった瞬間と同じ数値になる。そのため、コンティニュー後の資産(HP)が少なければ、再挑戦しても力押しができないため、人によっては詰みかねない。コンティニュー画面で「ゲームから脱出する」を選べば中断できるが、本作には、セーブ機能やチェックポイントといった要素はない。最初からやり直す必要がある。



話のタネに



ゴンの移動速度や攻撃の命中率、照準の感度、画面の一部を占めるゴンのイラストなど、あらゆる調整が甘く、ステージごとに特徴的なギミックがあるわけでもない。ただ、ボス戦のBGMは盛り上がるものが多く、これだけでも100円を払う価値はあった。友だちとの会話のタネには、ちょうどいいだろう。



(文・夏無内好)

【作品概要】

■Ghone is gone

ジャンル:ステルスアクションゲーム

対応機種:Steam

プレイ人数:1人

配信日:現在配信中

価格:100円(税込)


このソフトウェアには、(株)CRI・ミドルウェアの「CRIWARE (TM)」が使用されています。

画像一覧

  • 話題性極振りのステルスアクションゲーム「Ghone is gone」を本気でレビューしてみた

  • 話題性極振りのステルスアクションゲーム「Ghone is gone」を本気でレビューしてみた

  • 話題性極振りのステルスアクションゲーム「Ghone is gone」を本気でレビューしてみた

  • 話題性極振りのステルスアクションゲーム「Ghone is gone」を本気でレビューしてみた

  • 話題性極振りのステルスアクションゲーム「Ghone is gone」を本気でレビューしてみた

  • 話題性極振りのステルスアクションゲーム「Ghone is gone」を本気でレビューしてみた

  • 話題性極振りのステルスアクションゲーム「Ghone is gone」を本気でレビューしてみた

  • 話題性極振りのステルスアクションゲーム「Ghone is gone」を本気でレビューしてみた

  • 話題性極振りのステルスアクションゲーム「Ghone is gone」を本気でレビューしてみた

関連ゲーム

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。