【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

2019年12月28日 12:000
【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

任天堂が運営している「ニンテンドーeショップ」にはたくさんのインディーズゲームが配信されています。毎週、たくさんのゲームが配信されるので、どれがおもしろいのか気になりますよね。

さて、2019年ももう終わり、2020年がやってきます。そこで2019年に配信されたゲームの中で、ぜひ遊んでもらいたい秀作ゲームをピックアップしました。



の6本です。ぜひ、チェックしてみてください。


1.Cuphead


  • 発売日:2019/4/18
  • ジャンル:アクション / アーケード / シューティング
  • 価格:1,980円 (税込)
  • メーカー:StudioMDHR


レトロなカートゥーン・アニメーションを見ている感覚で、楽しめるアクションゲーム。キャラクターはかわいいのですが、ゲームの内容は激ムズ! それでも何度も挑戦することでクリア方法が見えてきます。



ステージクリア型のゲームで、ゴールを目指すタイプとボスを倒すタイプの2種類のステージがあるのが特徴です。ショットを打って敵を倒すシンプルなアクションや、シューティングゲームのようなステージもあって飽きません。世界中でヒットしたゲームをぜひ、遊んでみてください。

2.ARTIFACT ADVENTURE 外伝 DX


  • 発売日:2019/6/6
  • ジャンル:
  • 価格:1,000円 (税込)
  • メーカー:room6


プレイヤーの選択が運命を大きく変えるオープンワールドRPG。主人公は3年後に迫る厄災に備えるために、世界各地へと旅に出ます。街で困っている人を助ける、フィールドで敵を倒して強くする、どう冒険するのかはプレイヤーの自由です。



バトルはシンプルなアクションとなっています。プレイヤー自身を敵に体当たりさせるだけなので、ゲームが苦手という方でも安心して遊べますよ。もちろん、スキルで強力な一撃も! また、設定でレトロな携帯ゲーム機ライクなグラフィックにすることも可能です。自分の好きな設定で遊んでみてくださいね。

3.サッカークラブ物語


  • 発売日:2019/5/16
  • ジャンル:シミュレーション / スポーツ / アクション / ストラテジー
  • 価格:1,200円 (税込)※体験版も配信中
  • メーカー:カイロソフト


シミュレーションゲームを多く手がけるカイロソフトのサッカークラブ経営ゲームで、クラブの経営はもちろん、試合も楽しめます。経営ではファン獲得のためにグッズショップを建設するなど、できることが満載です。



ゲーム中に登場するサッカーの試合中の演出もつくり込まれており、ひとつひとつのプレイに、思わずエキサイティングすること間違いなし! 特にゴール前でのシーンは実際の試合同様に手に汗握ることになると思います。サッカークラブの経営と試合を手軽に遊べるゲームをぜひ、チェックしてみてください。

4.ムーンライター 店主と勇者の冒険


  • 発売日:2019/3/28
  • ジャンル:アクション / アドベンチャー / シミュレーション
  • 価格:2,040円 (税込)
  • メーカー:テヨンジャパン


勇者としてダンジョンへ冒険にいき、手に入れたものをお店で売るゲーム。ダンジョンには敵もいるので注意しながら進む必要があり、簡単にはアイテムを手に入れることができません。それでも何とか手に入れることができれば、お店で販売することができます。



お店パートでは、開店するとお客さまがやってきます。値段を見て購入するのか悩むところなどのアクションがあるので、値段をつける参考にもなりますよ。美しいピクセルアートで描かれる世界観にも注目してみてください。

5.魔女の迷宮


  • 発売日:2019/11/14
  • ジャンル:ロールプレイング / パズル
  • 価格:1,480円 (税込)
  • メーカー:オレンジキューブ


ダンジョン内を探索し、落ちているアイテムを活用しながら奥深くへと進んでいくのが目的のゲーム。『魔女の迷宮」は元々スマートフォン向けにリリースされていたタイトルですが、スイッチに移植されました。


本作は「初心者でも楽しめるダンジョンRPG」としてつくられています。というのも、ダンジョンにいろいろなアイテムを持ち込むことができるのです。アイテムを持ち込めば、最初から強い装備で挑むことができ、敵を簡単に倒せます。もちろん、アイテムを持ち込まずに挑戦するというのもありです。



王道のダンジョンRPGですが、登場するキャラクターがかわいいのも特徴。拠点となる場所でいろいろな人と話すのもいいでしょう。冒険できるキャラクターはひとりではなく、ゲームを進めることでいろんなキャラクターが解放されて仲間になっていきます。みんなが楽しめるダンジョンRPGをぜひ、プレイしてみてください。

6.Strange Telephone


  • 発売日:2019/11/7
  • ジャンル:アドベンチャー / ロールプレイング / パズル / その他
  • 価格:980円 (税込)
  • メーカー:PLAYISM


電話をかけることで不思議な世界へいくことできるアドベンチャーゲーム。スマホ向けにリリースされ、その独特な世界観が話題となりました。ゲームの目的は扉の鍵を見つけること。美しいピクセルアートで描かれる世界が、スイッチでも楽しめます。



電話をかける場面では、キーパッドを操作して電話番号を入力します。ここでは「485127」と入力。電話をかけるとその番号の世界へ移動できます。誰が同じ番号を入力してもその世界へ行けるので、SNSを使って友達と世界を共有することも可能です。それでは不思議な世界へ。



不思議な世界へ入るとそこは「Poison」だった……。ひとつひとつの世界は小さいので探索はすぐに終わります。世界の端までいくと、ひとつ前後の電話番号の世界へ行くことも可能です。いろいろな世界を探索してみましょう。ぜひ、プレイしてみてくださいね。(ニュー侍)

画像一覧

  • 【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

  • 【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

  • 【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

  • 【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

  • 【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

  • 【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

  • 【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

  • 【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

  • 【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

  • 【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

  • 【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

  • 【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

  • 【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

  • 【ニンテンドースイッチ】2019年2019年ゲームライターが実際にプレイして面白かった、インディーズゲーム6選!

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。