「Zガンダム」の歌姫が名曲&ガンダム新曲を熱唱! 森口博子×鮎川麻弥「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」発売記念イベントレポート!

2019年11月03日 10:000
「Zガンダム」の歌姫が名曲&ガンダム新曲を熱唱! 森口博子×鮎川麻弥「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」発売記念イベントレポート!

2019年10月22日、『森口博子×鮎川麻弥「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」発売記念イベント』が開催された。会場となった池袋サンシャインシティ噴水広場には、大勢のファンや観客が来場。大盛況の中で行われたイベントの模様をお伝えしよう。

森口博子さんと鮎川麻弥さんといえば、ともにTVアニメ「機動戦士Zガンダム」(1985年〜86年)のオープニングテーマを担当したアーティスト同士だ。今回のイベントは、そんな2人がタッグを組んだ新曲「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」の発売を記念して行われたものとなる。この楽曲は、パチンコガンダムシリーズの第5作目「フィーバー機動戦士ガンダム逆襲のシャア」に搭載されており、ガンダムファンを中心に注目を集めている。

 

イベント当日は祝日ということもあってか、池袋サンシャインシティ噴水広場周辺は往年のファンはもちろんのこと、興味を持った往来の人々で足の踏み場もないほど。開演の時を今か今かと待ちわびていた。満を持して開演時間になると、スタッフによる呼び込みの後、森口博子さんと鮎川麻弥さんが登場! 

 

 

「いっぱい盛り上がりましょう!」と鮎川さんが言うと、早速、両者をつなぐ絆である「機動戦士Zガンダム」のオープニングテーマ「Z・刻をこえて」と「水の星へ愛をこめて」の2曲を、メドレーという形で披露。この2曲は、2018年にNHKにて放送された「発表!全ガンダム大投票」の中で発表されたガンダムソングランキングで、鮎川さんの歌う「Z・刻をこえて」が9位、森口さんの「水の星へ愛をこめて」が1位を獲得するなど、ガンダムシリーズ屈指の人気曲といえる。会場はのっけから大いに沸き立ち、観客は手拍子で2人を迎え入れる。

 

「Z・刻をこえて〜水の星へ愛をこめて」のメドレーが終了すると、2人のトークが展開。森口さんが「(「Z・刻をこえて〜水の星へ愛をこめて」は)34年前の曲です。(観客席を)見渡すとみんな、仕上がって……大人になりましたね(笑)」と話すと、観客席から笑い声が巻き起こる。また、この日はテレビをはじめとしたマスコミも多数詰めかけており、「みなさんの拍手と笑顔が全国放送に乗りますので、『ガンダム最高だ!』『鮎川麻弥、森口博子、最高だ!』という情熱を拍手でいっぱいぶつけてください!!」と、観客たちに呼びかけた。

 

 

続けて、それぞれがソロ曲を歌う場面へ。鮎川さんは自身の35周年アルバム「35th Anniversary Best 〜刻をこえて〜」を紹介した後、「機動戦士Zガンダム」エンディングテーマである「星空のBelieve」を歌い上げる。軽快なポップソングに、観る側も身体を横に揺らしていて手拍子も楽しそうに鳴り響く。

 

 

鮎川さんと交代する形で、今度は森口さんが登壇。歌唱前のミニトークの中では、先日リリースされた、森口さんがガンダム楽曲をセルフカバーしたアルバム「GUNDAM SONG COVERS」がオリコンウィークリー3位にランクインしたことを報告。日本の女性アーティストでのインターバル記録1位であることも明かされ、会場からは祝福の拍手が巻き起こる。森口さんは改めてファンに感謝を伝えた後、披露したのは「機動戦士ガンダムF91」の主題歌「ETERNAL WIND 〜ほほえみは光る風の中〜」。こちらは、先の「発表!全ガンダム大投票」ソングランキングでも3位につけた名曲だ。森口さん自身、オリコンシングルチャートでベスト10に初めて入った楽曲であり、この曲でNHKの「紅白歌合戦」に初出場を果たすなど、本人にとっても思い入れの深い楽曲なのだろう。一言一句を噛みしめるように情感たっぷりと歌い上げ、集まったファンや観客を魅了していた。

 

 

それぞれのソロ楽曲を歌唱し終えると、再び森口さんと鮎川さんの両名がステージに立つ。34年前に、森口さんが「水の星へ愛をこめて」でデビューする際に初めて出会ったという2人。以後、アニソンフェスティバルでは、毎年のように顔を合わせることになったのだそうだ。また、当時はアニソンがまだ市民権を得られていなかったこともあり、店頭で自分たちのレコードをアピールしようと必死だったといったエピソードなどを懐かしげに語られる。

 

続けて話は、今回の新曲「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」にも及ぶ。この両曲は、2人が34年という月日で培ってきた絆を胸に、疾走感のあるスリリングな50代ロックに仕上がっているという。そしていよいよ、その新曲を生で披露する段階に。まず歌うのは「果てない宇宙へ」。鮎川さんによれば、「私たちのオリジナル楽曲の中でも、一番テンポが早い」というアッパーな楽曲だ。長年を共に歩んできた盟友というだけあって、見事なかけ合いやハーモニーを奏でて、会場のボルテージを最高潮へと導いていく。

 

 

本イベント最後を飾るのは、「追憶シンフォニア」。歌唱前のMCで2人は、手ずから観客たちに振り付けを伝授。情熱的なイメージを彷彿とさせる楽曲の中では、印象的なリフに合わせて観客たちと共に手振りを見事に決め、会場をひとつにまとめ上げていた。こうして、「追憶シンフォニア」を力強く歌いきった2人は歌唱後、会場に感謝を述べると、観客たちもそれに万雷の拍手で応えるのだった。

 

 

その後、CD販売&特典会が行われ、『「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」発売記念イベント』は幕を閉じた。34年という長い年月を経て、『機動戦士Zガンダム』によって結ばれた2人が新たに奏でるロックサウンドは、今後もガンダムファンに広く支持されることとなるだろう。

(取材・文・写真/須賀原みち)

 

【CD情報】

■追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ(森口博子×鮎川麻弥)

・発売中

・価格:1,200円(税別)

 

<収録内容>

01.追憶シンフォニア (作詞:六ツ見純代 / 作曲・編曲:あいあい)

02.果てないあの宇宙へ (作詞:藤原隆之 / 作曲・編曲:網野航平)

03.追憶シンフォニア -Instrumental-

04.果てないあの宇宙へ -Instrumental-

 

<封入特典>※初回製造分のみ

「フィーバー機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」キービジュアルステッカー

画像一覧

  • 「Zガンダム」の歌姫が名曲&ガンダム新曲を熱唱! 森口博子×鮎川麻弥「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」発売記念イベントレポート!

  • 「Zガンダム」の歌姫が名曲&ガンダム新曲を熱唱! 森口博子×鮎川麻弥「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」発売記念イベントレポート!

  • 「Zガンダム」の歌姫が名曲&ガンダム新曲を熱唱! 森口博子×鮎川麻弥「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」発売記念イベントレポート!

  • 「Zガンダム」の歌姫が名曲&ガンダム新曲を熱唱! 森口博子×鮎川麻弥「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」発売記念イベントレポート!

  • 「Zガンダム」の歌姫が名曲&ガンダム新曲を熱唱! 森口博子×鮎川麻弥「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」発売記念イベントレポート!

  • 「Zガンダム」の歌姫が名曲&ガンダム新曲を熱唱! 森口博子×鮎川麻弥「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」発売記念イベントレポート!

  • 「Zガンダム」の歌姫が名曲&ガンダム新曲を熱唱! 森口博子×鮎川麻弥「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」発売記念イベントレポート!

  • 「Zガンダム」の歌姫が名曲&ガンダム新曲を熱唱! 森口博子×鮎川麻弥「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」発売記念イベントレポート!

  • 「Zガンダム」の歌姫が名曲&ガンダム新曲を熱唱! 森口博子×鮎川麻弥「追憶シンフォニア/果てないあの宇宙へ」発売記念イベントレポート!

関連作品

機動戦士Zガンダム

機動戦士Zガンダム

放送日: 1985年3月2日~1986年2月22日   制作会社: サンライズ
キャスト: 飛田展男、池田秀一、松岡ミユキ、岡本麻弥、鈴置洋孝、井上和彦、島津冴子、藤代佳代子、郷里大輔、榊原良子、小杉十郎太
(C) 創通・サンライズ

劇場版 機動戦士ガンダムF91

劇場版 機動戦士ガンダムF91

上映開始日: 1991年3月16日   制作会社: サンライズ
キャスト: 辻谷耕史、冬馬由美、池本小百合、寺島幹夫、荘司美代子、高杉哲平、前田昌明、坪井章子、草尾毅、梁田清之
(C) 創通・サンライズ

劇場版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

劇場版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

上映開始日: 1988年3月12日   制作会社: サンライズ
キャスト: 古谷徹、池田秀一、鈴置洋孝、榊原良子、白石冬美、川村万梨阿、弥生みつき、佐々木望、山寺宏一、伊倉一恵、安達忍、潘恵子
(C) 創通・サンライズ

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。