ビックカメラグループでバッテリー持続時間が長くなった「Nintendo Switch」新モデルの販売を8月30日より開始!

2019年08月29日 17:000
ビックカメラグループでバッテリー持続時間が長くなった「Nintendo Switch」新モデルの販売を8月30日より開始!

人気ゲーム機「Nintendo Switch」のバッテリー持続時間が長くなった新モデルの販売が、ビックカメラグループのショップで明日8月30日(金)から販売開始される予定だ。

秋葉原エリアで販売が行われるのは、ビックカメラAKIBA、ソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館、ソフマップAKIBA④号店 アミューズメント館の3店舗。販売されるのは「グレー[HAD-S-KAAAA]」と「ネオンブルー/ネオンレッド[HAD-S-KABAA]」の2モデル。

今回発売される新モデルは、遊ぶタイトルによって持続時間は異なるが、現行モデルで「約2.5~6.5時間」だったのが、新モデルでは「約4.5~9.0時間」と大幅にバッテリー持続時間が伸びている。またパッケージのデザインも変更され、新モデルは「赤いパッケージ」が目印となっている。(※新モデルはNintendo Switchソフトなどのダウンロードに使える3000円クーポンプレゼントキャンペーンは対象外となります)

このほか9月20日(金)に発売予定の「Nintendo Switch Lite」も、8月30日より予約が開始される予定だ。

画像一覧

  • ビックカメラグループでバッテリー持続時間が長くなった「Nintendo Switch」新モデルの販売を8月30日より開始!

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。