情景作家・山田卓司、昭和~平成~令和をつらぬく“時代を見つめる視点”を語る【ホビー業界インサイド第48回】

2019年06月29日 12:001
情景作家・山田卓司、昭和~平成~令和をつらぬく“時代を見つめる視点”を語る【ホビー業界インサイド第48回】

「自分が一番」と思っていれば、趣味の世界は平和


山田 司馬遼太郎さんは、資料を読みこんで読みこんで、そこから立ちのぼる蒸気みたいものを小説にするんだと聞いたことがあります。なるほどな、と思いました。司馬さんの小説を読むと「空が青々として、風が吹いて……」とか書いてあるけど、まさか過去の出来事を自分の目で見てきたわけではないですよね。だけど、読んでいると大変な説得力がある。調べつくして考察したうえで、ああだったのかな、こうだったのかな……と、思いをめぐらせることのできるジオラマ作品をつくりたい。
ただね、僕は戦車や飛行機の現物には興味がなくて、手の中の模型が好きなんです。

── プラモデルという製品が好き、ということですか?

山田 僕がジオラマを作ろうと思った動機のひとつは、オーロラの古いキットなんです。

── オーロラ社の、クラシカルなモンスターシリーズですね?

山田 そう、トカゲとかコウモリとか、グロいものがいっぱい、わざわざプラスチックのパーツになっていて……。クモの巣なんかがていねいに成型してあるところがバカっぽいんだけど、キット自体がひとつのジオラマになっていて、製品としてすごく楽しい。オーロラは、僕の原点のひとつです。


── すると、オーロラのモンスターシリーズから人形改造コンテストへ移行したのですか?

山田 それが、僕は田舎育ちだったので、オーロラのプラモデルを実際に買ってもらえたわけじゃないんです。小学校時代、雑誌の広告でオーロラの存在を知って、「ケネディ大統領までプラモデルになってるのか~」と憧れていて、そのあとでミリタリーブームが起きたんです。だから、人形改造へいたるまでにミリタリーモデルというワンクッションが入ったわけだけど、ベースは飽くまでもオーロラのキットなんです。

── オーロラのほかに、好きなメーカーはありますか?

山田 イマイですね。50円のマスコットシリーズから「サンダーバード」まで……。僕はひとりっ子だったので、親にねだれば何でも買ってもらえたとは思います。だけど、「秘密基地」や「ゼロX号」のような大型アイテムは我慢しました。家庭に対して、変な遠慮があったんです。あとは、レベルのサターンVロケットに憧れていました。当時、6,600円だったのを覚えています。ずっと幻のプラモデルでしたが、最近、手に入れました。サターンVは、僕にとっての玉手箱です。中にはプラペーパーが入っていて、それを巻いて円筒部分を作るんだとか、すごい噂がある(笑)。開けると夢が壊れるので、ずっと開けないで置いてあります。

── 山田さんはTVチャンピオンで何度かグランプリに輝きましたが、他人より模型をうまくなるコツって何でしょう?

山田 TVチャンピオンに出たのは興味本位であって、チャンピオンになりたかったわけじゃないんです。渡辺誠君が誘ってくれたのと、スタッフが乗せるのがうまいんですよ。「チャンピオンになるぞ」と仕向けてくるんです。だから、「優勝していかがですか?」なんて聞かれても話すことなんかないわけです。そもそも、模型の世界って、あまり人と競うものではありませんよね。他人に勝とうなんて思うから、ややこしいことになる。みんな、自分が一番だと思っているのが平和なんじゃないかって気がします。僕は他人より秀でているなんて自覚はないけど、キットの紹介については、プロとしてしっかりやらなくちゃいけない。キットのよい部分を誉めるにしても、タミヤニュースに書いてあるようなことではなく、長いこと自分の手でプラモデルに接してきた視点から誉めてあげたいんです。普通にプラモデルを好きな一般人の視点だけは、忘れたくないと思っています。



(取材・文/廣田恵介)

画像一覧

  • 情景作家・山田卓司、昭和~平成~令和をつらぬく“時代を見つめる視点”を語る【ホビー業界インサイド第48回】

  • 情景作家・山田卓司、昭和~平成~令和をつらぬく“時代を見つめる視点”を語る【ホビー業界インサイド第48回】

  • 情景作家・山田卓司、昭和~平成~令和をつらぬく“時代を見つめる視点”を語る【ホビー業界インサイド第48回】

関連作品

機動戦士ガンダム

機動戦士ガンダム

放送日: 1979年4月7日~1980年1月26日   制作会社: サンライズ
キャスト: 古谷徹、池田秀一、鈴置洋孝、鵜飼るみ子、白石冬美、井上瑤、古川登志夫、鈴木清信、戸田恵子、潘恵子、永井一郎
(C) 創通・サンライズ

新世紀エヴァンゲリオン

新世紀エヴァンゲリオン

放送日: 1995年10月4日~1996年3月27日   制作会社: GAINAX
キャスト: 緒方恵美、三石琴乃、山口由里子、林原めぐみ、宮村優子、立木文彦、石田彰、清川元夢、優希比呂、長沢美樹、子安武人、関智一、岩永哲哉、岩男潤子、麦人
(C) GAINAX・カラー/Project Eva.

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

コメント(1)
エア金田エア金田2019/07/04 15:34

TVチャンピオン見てました、懐かしい!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事