劇場版「ダンまち」のゲストヒロイン、アルテミスは天然ポンコツ? それとも……? アルテミス役・坂本真綾インタビュー

2019年02月10日 12:000
劇場版「ダンまち」のゲストヒロイン、アルテミスは天然ポンコツ? それとも……? アルテミス役・坂本真綾インタビュー

水瀬いのりさんとの芝居のうえでの「会話のキャッチボール」


── 坂本さんから見た、ベルやヘスティアの印象をお聞かせください。

坂本 ベルはとても主人公らしい男の子なんですけど、あまり熱くなりすぎずというか自分からグイグイ行くというよりは、周りの状況に順応していくようなところがありますよね。懐の深い人物で……いろんなタイプの人を受け入れて、でも周りに流されるのではなくて自分の考えを持って、発信していける。そういうところに魅力を感じました。それ以上に、アルテミスとヘスティアとの関係が大事に描かれている気がしていて。ヘスティアに対してのアルテミスの感情もそうですし……、ヘスティアがとにかくアルテミスを大事に思っていると感じました。その2人の関係があるから、最後まで感動できるというか。ヘスティアの正義感、情の厚さ。そんな感情豊かなところがとても好きだし、こういう友だちがいるアルテミスはいいよねって思いながら演じてました。

── アフレコ現場でもヘスティア役の水瀬いのりさんとは、友だちっぽい感じで接していらしたんですか?

坂本 友だちというには、私はだいぶ年上過ぎるんですけど(笑)。ほかの作品の現場でお会いすることもあるんですが、いのりちゃんのことは私、すごく好きで。ヘスティアはテンションの高いキャラですけど、普段の彼女は割とニュートラルな印象なんですよ。でもヘスティアっぽいところもあるんです。私より年齢はだいぶ下なんですけど、すごく大人っぽいところもあればとても無邪気なところもあって、いろんな面を持ってます。私はこの劇場版ではじめて「ダンまち」に参加させてもらったんですけど、TVからのレギュラーのみなさんは作品の世界観がよくわかっていて、チームとしてしっかりまとまってもいるわけです。そこに後からポンと入るのはやっぱりすごく緊張もしますし、「なじまなきゃ」って思いもあるんですね。そのチームの中心にいるいのりちゃんやベル役の松岡禎丞くんが、うまくリードしてくれたのでお芝居しやすかったというか。誰に対してもいつも同じように接するいのりちゃんが中心にいるおかげで、私もあまり緊張することなくできた気がします。いのりちゃんとはアフレコ中はずっと隣の席だったんですよ。休憩中とかは場をなごませてくれるけれど、ひとたびマイクの前に立つとすごく演技に対してストイックな方なので、気迫も感じるし、ヘスティアという役をとても大事に演じているのもわかるし。だからヘスティアのキャラの熱量に負けないようにというか、いのりちゃんが投げて来た球をちゃんと打ち返せるように、私も頑張ろう!って思わせてくれました。そういうところも含めて、いのりちゃんを中心にまとまっているよいチームだなぁって。

── 水瀬さんとの「会話のキャッチボール」も大事にされたわけですね?

坂本 そうですね。いのりちゃんだからこそ、本当に本心でそういう気持ちのやりとりができたというか。いのりちゃんうわべだけでセリフを言っているんじゃないのがわかるので、一緒に演じたシーンは楽しかったです。で、ヘスティアはかわいいなって思いながらアフレコしてました(笑)。……アルテミスもかわいいんですけど。



「ダンまち」ファンはもちろん、ビギナーの人にも見てもらいたい


── 松岡さんとはどうでしたか?

坂本 あ、そうでした。彼のことも話題にしないとダメですよね! 松岡くんが主役ですもんね(笑)。普段、彼とは長い時間おしゃべりしたことはないんですけど、でも松岡くんも声優という仕事……演じることがものすごく好きなんだな!というのが背中を見ているだけでも伝わってくる役者さんなんですよ。主人公ってカッコよさを求められるし、決めなきゃいけないところはバシッと決める!っていうセオリーがあるじゃないですか。でも決めなきゃいけないときって、ただカッコいいだけでいいのなら、きっと誰でもできるんですよ。そういうときの松岡くんは、うわべの聴き心地のよさだけじゃなくて、キャラの内面を表現しようという気持ちが伝わってくるんです。今回でいえば、クライマックスでのバトルシーンでの彼の演技は鬼気迫るものがあって。カッコつけないカッコよさというか。そういうところがベルそのものだなって思います。



── 「ダンまち」の世界観で面白いと感じた部分というのはありますか?

坂本 神様というイメージを覆す姿(笑)。それが面白いんですけど、でもよく考えてみたら、そうだよなぁって。人間くさくていいんだよなぁって(笑)。そう思える世界観が面白かったです。

── では最後に、読者にメッセージをお願いします。

坂本 ストーリーの起伏が激しくて短い時間の中に何度も山場がある、とても見応えがある作品になってます。バトルシーンとかは、劇場版ならではの大きいスクリーンで見たときに迫力が出るものになっていると思いますし、音楽や効果音がつくとより立体的になるはずですから、劇場で見ると本当に「ダンまち」の世界に浸れると思います。また見てくださる方の多くは、きっと劇場版を心待ちにしている以前からの「ダンまち」ファンの方だと思います。アルテミスという新キャラは、みなさんの大好きな慣れ親しんだ世界観にいい意味で違和感を与えながら登場して、それがだんだんと世界観になじんでいって、みんなの仲間に入れてもらえる気がします。そのちょっとした変化といいますか、新しい要素を怖がらずに受け入れる感じで見てほしいですね。それから、TVシリーズや原作を知ってないと話について行けない作りではないので、「ダンまち」という作品自体を初めて見る方でも全然楽しめると思います。「タイトルは聞いたことはあるけど、見たことがなかった」という方も尻込みせずに、ここからでも見てもらえたらうれしいです。



(取材・文/ぽろり春草)
(C) 大森藤ノ・SBクリエイティブ/劇場版ダンまち製作委員会

画像一覧

  • 劇場版「ダンまち」のゲストヒロイン、アルテミスは天然ポンコツ? それとも……? アルテミス役・坂本真綾インタビュー

  • 劇場版「ダンまち」のゲストヒロイン、アルテミスは天然ポンコツ? それとも……? アルテミス役・坂本真綾インタビュー

  • 劇場版「ダンまち」のゲストヒロイン、アルテミスは天然ポンコツ? それとも……? アルテミス役・坂本真綾インタビュー

  • 劇場版「ダンまち」のゲストヒロイン、アルテミスは天然ポンコツ? それとも……? アルテミス役・坂本真綾インタビュー

  • 劇場版「ダンまち」のゲストヒロイン、アルテミスは天然ポンコツ? それとも……? アルテミス役・坂本真綾インタビュー

  • 劇場版「ダンまち」のゲストヒロイン、アルテミスは天然ポンコツ? それとも……? アルテミス役・坂本真綾インタビュー

関連作品

劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-

劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか -オリオンの矢-

上映開始日: 2019年2月15日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 松岡禎丞、水瀬いのり、坂本真綾、内田真礼、細谷佳正、斉藤壮馬、早見沙織、茅野愛衣、大西沙織、木村珠莉、石上静香、戸松遥、久保ユリカ、日笠陽子
(C) 大森藤ノ・SB クリエイティブ/劇場版ダンまち製作委員会

ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝

ソード・オラトリア ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝

放送日: 2017年4月14日~2017年6月30日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 大西沙織、木村珠莉、村川梨衣、高橋未奈美
(C) 大森藤ノ・SBクリエイティブ/ソード・オラトリア製作委員会

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか OVA

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか OVA

発売日: 2016年12月7日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 松岡禎丞、水瀬いのり、大西沙織、内田真礼、戸松遥、石上静香、日笠陽子、久保ユリカ、岡本信彦、早見沙織
(C) 大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち製作委員会

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

放送日: 2015年4月3日~2015年6月26日   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 松岡禎丞、水瀬いのり、大西沙織、内田真礼、戸松遥、石上静香、日笠陽子、久保ユリカ、岡本信彦、早見沙織
(C) 大森藤ノ・SBクリエイティブ/ダンまち製作委員会

関連声優

関連シリーズ

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!