1800dpiで3千円代の光学式マウス!? ロジクール「MX518」登場

アキバ総研 | 2008年08月07日 22:00

ロジクール製光学マウス「MX518」が8日(金)に発売となる。






ロジクール「MX518」は、同社製光学式マウスの中で最大の解像度となる1800dpiに対応したUSB接続の有線式光学マウス。高解像度を実現しながらも安価に抑えたのがウリの製品で、画像編集やゲームなどの細かい作業に向いたモデルとなっている。


特徴は、最大1800dpiまでに対応する解像度で、本体のスクロールボタン上下についている「+」と「-」ボタンを使用することで400/800/1800dpiという具合に変更が可能。また、ボタンによる解像度の変更は、ハードウェア側で処理を行うので、オプションのソフトウェアをインストールせずとも実行可能。なお、付属ソフトウェア「SetPoint」を併用することで、より細かい解像度の変更も可能になるとのこと。

このほか、ボディは使いやすいとされる人間工学に基づいたデザインを採用し、ワンタッチで「進む」「戻る」の機能が実現するボタンを搭載している。


予価は、BLESS秋葉原本店で3,480円、T-ZONE PC DIY SHOPで3,680円。

20080807220000.jpg akiba20080806__4746.jpg akiba20080806__4745.jpg

  • 1800dpiで3千円代の光学式マウス!? ロジクール「MX518」登場

  • 1800dpiで3千円代の光学式マウス!? ロジクール「MX518」登場

  • 1800dpiで3千円代の光学式マウス!? ロジクール「MX518」登場