なぜ今回FGOは炎上しなかったのか? 2018年、中国に衝撃を与えた日本のアニメは?【中国オタク事情新年編】

2019年01月01日 18:000
なぜ今回FGOは炎上しなかったのか? 2018年、中国に衝撃を与えた日本のアニメは?【中国オタク事情新年編】

外国人の描く中華要素、中華系キャラに対する反発


一昨年のFGOの中国での大炎上、そして昨年終わりの新シナリオ実装時などに注目された中国ネタの炎上リスクですが、そのゴタゴタに関しては、近年の中国で強まっている
「現在の中国の感覚で正しい中華要素、中華系キャラクターが描かれるべきだ」
という要求、そして
「外国人の描く中国、中華要素に対する厳しい基準」
といった事情の影響が少なからず存在しました。これはFGOに限らず日本のコンテンツ全般に対しても影響する要素となっています。

現在の中国では、「強い中国」「世界に名立たる強国」というイメージの元で育った世代が増え、その動きも活発となっています。
しかし近年、そんな彼らのイメージする中国像が描かれた作品がなかなか出てこないということによる不満の空気が蓄積しているそうで、国内国外問わずさまざまなコンテンツに出てくる中華要素に対して不満や批判の声が出るのも珍しくなくなってきているのだとか。

ここしばらくの間の現地の反応を見ていくと、中国のオタク層も含む、今の中国の若者が認識している中国や中国の歴史文化のイメージから求められる「中国要素の描写」と、日本における中国のイメージのズレが拡大している傾向が見て取れます。
また日本のイメージで安易に中国系キャラを出す、中華系要素を使うというのは、炎上リスクが高まったり、そこまでいかなくてもあまり歓迎されないことが多くなってきています。

たとえば、日本の過去の作品でも活躍したいわゆる「中華四千年の歴史」的な要素、日本的なノリでの中国拳法や気功などを使うキャラクターについても厳しいようですし、キャラクターデザインに関しても、お団子頭、チャイナドレス、パンダといったテンプレパーツ的なものにはあまり好意的な反応は出ない模様です。

最近の作品で言えば、「からくりサーカス」に関して、中国のオタク界隈ではストーリー面での評価は高いものの、作中に出てくる「拳法」や「気」のような日本の作品では定番の中華要素の活用や活躍についてはあまり話題になっていません。
ほかにも、FGOにおける始皇帝のデザインは各バージョン賛否両論あれど盛り上がりましたが、同時期に実装された秦良玉(しんりょうぎょく)は、テンプレ中華デザインであると見なされ、あまりよい評価にはならなかったそうです。

しかも、このあたりの「正しい中国要素の描写への要求」は、近年の中国国外作品の中華要素の描写と今の中国の若者の認識しているイメージのズレも合わさって、
「外国人は中国文化、歴史をわかっていない」
という認識、ある種の色眼鏡的な空気にもつながってしまっているそうです。

この流れでの批判に関しては断片的な情報で判断したり、重箱の隅をつつくような形で何かしら不満のポイントを見つけ出せてしまうようなところもあるので、最初から批判的な態度で受け止められた場合、どのように描写しても厳しいことになってしまうといった話も聞こえてきます。

これに加えて、複数の解釈の許容ではなく、「唯一の正解」がよいとする中国の政治的な面も含めた歴史、文化の扱いから、中国のオタク層も中華要素についての変わった解釈や予想外過ぎる展開を提示されるのは苦手で、反発が強くなる傾向もあるそうです。

中国のオタクな人によると、事前にある程度予想できる(と思うことのできる)範囲での面白さと驚きが中国向けではベターという話もあります。そしてFGOの秦シナリオに関しては評価がよい方向で固まっている虚淵玄先生が書いたシナリオであるという情報が、作中の中国関連描写に対する安心感、そして肯定的な空気の形成につながったところもあるのだとか。
こういった背景から考えていくと、改めてFGOの秦シナリオ周辺のやり方が、こと対中国という面ではベストに近いやり方だったようにも感じられますね。

画像一覧

  • なぜ今回FGOは炎上しなかったのか? 2018年、中国に衝撃を与えた日本のアニメは?【中国オタク事情新年編】

関連作品

Fate/Grand Order -First Order-

Fate/Grand Order -First Order-

放送日: 2016年12月31日   制作会社: レイ・デュース
キャスト: 島﨑信長、高橋李依、川澄綾子、米澤円、鈴村健一、杉田智和
(C) TYPE-MOON/FGO ANIME PROJECT

Fate/Grand Order -MOON LIGHT/LOST ROOM-

Fate/Grand Order -MOON LIGHT/LOST ROOM-

放送日: 2017年12月31日   制作会社: レイ・デュース

からくりサーカス

からくりサーカス

放送日: 2018年10月11日~   制作会社: studio VOLN
キャスト: 植田千尋、小山力也、林原めぐみ、櫻井孝宏、佐々木望、黒沢ともよ、井上麻里奈、江川央生、岩崎諒太、石川界人
(C) 藤田和日郎・小学館/ツインエンジン

ダーリン・イン・ザ・フランキス

ダーリン・イン・ザ・フランキス

放送日: 2018年1月13日~   制作会社: トリガー/A-1 Pictures
キャスト: 上村祐翔、戸松遥、梅原裕一郎、市ノ瀬加那、田村睦心、山下七海、後藤ヒロキ、早見沙織、市川蒼、石上静香、小西克幸、井上麻里奈、堀内賢雄
(C) ダーリン・イン・ザ・フランキス製作委員会

オーバーロード

オーバーロード

放送日: 2015年7月7日~2015年9月30日   制作会社: マッドハウス
キャスト: 日野聡、原由実、上坂すみれ、加藤英美里、内山夕実、加藤将之、三宅健太、千葉繁、沼倉愛美、白熊寛嗣、子安武人、M・A・O、五十嵐裕美、渡辺明乃、村瀬歩、悠木碧、稲葉実
(C) 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード製作委員会

オーバーロードII

オーバーロードII

放送日: 2018年1月9日~2018年4月3日   制作会社: マッドハウス
キャスト: 日野聡、原由実、上坂すみれ、加藤英美里、内山夕実、加藤将之、三宅健太、千葉繁、沼倉愛美、東地宏樹、楠見尚己、雨宮天、石井康嗣、安野希世乃、逢坂良太
(C) 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード2製作委員会

オーバーロードIII

オーバーロードIII

放送日: 2018年7月10日~2018年10月2日   制作会社: マッドハウス
キャスト: 日野聡、原由実、上坂すみれ、加藤英美里、内山夕実、加藤将之、三宅健太、千葉繁、東山奈央、五十嵐裕美、小松未可子、沼倉愛美、瀬戸麻沙美、佐倉綾音、真堂圭、東地宏樹、楠見尚己、雨宮天、石井康嗣、安野希世乃、逢坂良太、白熊寛嗣、遊佐浩二、小清水亜美、斉藤貴美子、花守ゆみり、石上静香、富田美憂、嶋村侑、櫻井孝宏、土師孝也
(C) 丸山くがね・KADOKAWA刊/オーバーロード3製作委員会

はたらく細胞

はたらく細胞

放送日: 2018年7月7日~2018年9月29日   制作会社: デイヴィッドプロダクション
キャスト: 花澤香菜、前野智昭、小野大輔、井上喜久子、長縄まりあ、櫻井孝宏、早見沙織、岡本信彦、M・A・O、千葉翔也、能登麻美子
(C) 清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

※記事中に記載の税込価格については記事掲載時のものとなります。税率の変更にともない、変更される場合がありますのでご注意ください。

関連記事