「マギアレコード」攻略「果てなしのミラーズ」で連勝する秘訣!【攻略日記】

2018年10月11日 18:300
「マギアレコード」攻略「果てなしのミラーズ」で連勝する秘訣!【攻略日記】

「果てなしのミラーズ」では、ほかのプレイヤーの魔法少女チームとバトルできます。

ミラーズに勝てばミラーズポイントやミラーズコインが大量に獲得できますが、負けるとほとんど何ももらえません。

さらに、連勝すればどんどんミラーズポイントのボーナスがつくのでお得です。

ミラーズで連勝するために、初心者の私が気をつけていることをまとめました!

相手の編成を見て選ぼう

ミラーズで勝つためには、まず対戦相手の選び方が大事になります。 みなさんは、次の3つの対戦相手からどれを選びますか?



対戦相手の中で格下の相手を選ぶ人が多いかと思います。
でも、格下の相手はランクが一番高いですね。
チーム力を見ると同格の相手が一番低いようです。
では、どうやって選べぶのが正解なんでしょう?



ミラーズの対戦相手を見るときに一番大事なのは、相手の編成を見ることです。
まずは、魔法少女のレベルを見ましょう。
格上の相手は、レベルが全て50前後です。



同格の相手です。
レベルは1、1、1、13、47とかなり低いようです!
これを選べば、かなり楽に攻略できそうですね。

 

格下の相手です。
レベルは100、80、60、73、41と全体的に高いです。
格下だと思って選んでいたら、ボコボコにされていました!

というわけで、対戦相手を選ぶときはしっかりと相手の編成を見極めるたほうがよいでしょう。
もうひとつ、要注意な編成を見てください。

 

 

5人フルに先頭におらず、3人しかいないタイプです。 3人しかいないなら、すぐ倒せるだろうという考えは間違いです。 この3人は、レベル80、80、100と高レベルで統一されているので、攻撃力がかなり高いです。
人数が少なくても攻撃力の高さは変わりませんので、なるべく魔法少女のレベルを見て選びましょう。

 

メモリアはスキルではなくアビリティタイプ! ミラーズ攻略では、どのメモリアを装備するのかも大事です。 私は、ミラーズではスキルタイプのメモリアではなくアビリティタイプのメモリアをつけることにしています。
その理由がこれです。



ミラーズでは、最初の3ターン、スキルが使えません。
3ターンはメモリアの効果を受けられないのです。




バトル終盤にさしかかってやっとスキルが使えるようになりました。
これでは意味がないです。







というわけで、常時効果が発揮されるアビリティタイプのメモリアがオススメです。 ちなみに筆者は火力が上がる「友達できた!」や「マイバイブル」をよく使っています。 持っているメモリアの中で相性がよさそうなものを使いましょう。



まとめ ミラーズは対戦相手の選び方とメモリアの選び方をこだわろう!

 

 

ミラーズで連勝するために私が気をつけていることは、2つです。

ひとつ目は対戦相手の選び方です。
相手の編成を比べ、全体的にもっとも魔法少女のレベルが低いものを選ぶのが安全です。
2つ目はメモリアの選び方です。
スキルタイプは最初の3ターンしか使えないので、常時効果が発揮されるアビリティタイプを使うのがいいでしょう。私は火力アップをメインに使っています。
それでは、どんどん果てなしのミラーズを進めていきましょう! (小林しょーん)

©Magica Quartet/Aniplex・Magia Record Partners

画像一覧

  • 「マギアレコード」攻略「果てなしのミラーズ」で連勝する秘訣!【攻略日記】

  • 「マギアレコード」攻略「果てなしのミラーズ」で連勝する秘訣!【攻略日記】

  • 「マギアレコード」攻略「果てなしのミラーズ」で連勝する秘訣!【攻略日記】

  • 「マギアレコード」攻略「果てなしのミラーズ」で連勝する秘訣!【攻略日記】

  • 「マギアレコード」攻略「果てなしのミラーズ」で連勝する秘訣!【攻略日記】

  • 「マギアレコード」攻略「果てなしのミラーズ」で連勝する秘訣!【攻略日記】

  • 「マギアレコード」攻略「果てなしのミラーズ」で連勝する秘訣!【攻略日記】

  • 「マギアレコード」攻略「果てなしのミラーズ」で連勝する秘訣!【攻略日記】

  • 「マギアレコード」攻略「果てなしのミラーズ」で連勝する秘訣!【攻略日記】

  • 「マギアレコード」攻略「果てなしのミラーズ」で連勝する秘訣!【攻略日記】

  • 「マギアレコード」攻略「果てなしのミラーズ」で連勝する秘訣!【攻略日記】

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

2018 夏アニメ 2018 秋アニメ 2018 冬アニメ