「佐賀県にふるさと納税しました!」キャストも佐賀愛に目覚めるゾンビ×アイドル×佐賀アニメ「ゾンビランドサガ」! 田野アサミ×種田梨沙ぶっちゃけインタビュー!

2018年10月12日 12:000
「佐賀県にふるさと納税しました!」キャストも佐賀愛に目覚めるゾンビ×アイドル×佐賀アニメ「ゾンビランドサガ」! 田野アサミ×種田梨沙ぶっちゃけインタビュー!

放送開始前から、謎に満ちたプロモーション展開で注目を集めていたアニメ「ゾンビランドサガ」の放送がスタートした。

オリジナルTVアニメ「ゾンビランドサガ」は、アニメスタジオMAPPAが制作を手がける100%オリジナルアニメで、タイトルの通り、かつて体感したことがない【新感覚ゾンビ系アニメ】だ。
さまざまな時代、事情で命を落とした美少女たちが、ゾンビとして復活。死にかけの佐賀県を盛り上げるアイドルグループとして活躍するという、前代未聞のゾンビ系アイドルアニメだと放送後に判明するや、たちまち話題騒然となっている。

すでに第2話まで放送され、全ての情報が解禁となったということで、これまで緘口令が敷かれていたキャスト陣もひと安心。というわけで、改めて二階堂サキ役の田野アサミさん、水野愛役の種田梨沙さんのお2人に本作の見どころを語っていただいた。
ぜひ放送開始前インタビューとあわせて読み比べていただきたい!
「命を燃やすような絶叫」に注目!? 謎に満ちた秋アニメ「ゾンビランドサガ」は、過酷な現場!田野アサミ×種田梨沙、放送開始直前インタビュー!

出演者が一斉にゾンビ声を出すアフレコ現場!

――2話まで放送された今、驚く視聴者の方も全国に多々いるかと思いますが、改めて本作の企画を最初に聞いた時の感想を教えていただけますか?

種田梨紗(以下、種田) 「何、これ……」でした(笑)。

田野アサミ(以下、田野) あはははは(笑)。

種田 オーディション資料に「ゾンビがアイドルやります!」と書いてあって、「?」しかありませんでした。

田野 オーディションの時、私の二階堂サキちゃんは完全なる標準語キャラだったんです。それがいざ第1話のアフレコ台本を見たら、ばりばりの方言キャラで、「え?」「ちょっと待って」ってなりました。九州を制覇しているからやっぱり方言を使おうということで、アフレコでもけっこう佐賀弁を使うことになったんです。収録現場にはちゃんと佐賀出身の方言指導の方が入ってくださって、嘘じゃない佐賀弁になっているので、佐賀県の方がこれをどうとらえるんだろうというのが第一印象でした。佐賀県にとってどういう影響を与えるのか、逆に佐賀県の人から、私たちはどんな風に思われるのか気になりますね。


――自分は九州に近い西日本の出身なんですが、けっこうナチュラルだなと思いましたよ。

田野 本当ですか? 嬉しい!

種田 私はアイドルのライブを観に行くのも好きですし、声優がアイドルを演じている作品も好きなので、最初に資料をいただいた時から愛ちゃんをやりたいと思っていました。でも今までそれも言えなくて……。愛ちゃんは伝説のアイドルなんですが、放送前は公式ツイッターのコメントでも何も触れられないので、アフレコの段階からみんなでヤキモキしていました。「早く言いたいね」って。

田野 私は第1話が、ほぼ「ああ~」ってうなってるシーンしかなくて、これで本当に合ってるのかなって(笑)。いちおうゾンビの感じとかは、恐がりながらも映画とかを観て「こういう感じなんだ」って声の出し方を練習しました。たぶん出演者一同が一斉に「ああ~」しか言ってないアニメなんてなかなかないんじゃないかなと思います。

種田 1話まるまるほぼゾンビ声っていうのは新しいですよね。実はゾンビ声での歌のレコーディングもあったんですよ。

種田梨紗さん


――本作のヒロインたちは、みんな生まれた年代が別々ですよね。水野愛なんかはわりと現代の女の子なんですが、サキは……。

田野 私が生まれる前に誕生したキャラですからね。

――そのキャラを演じるうえで、当時のことを調べたりはしましたか?

田野 私が小学校の頃に、たまごっちを持っていたんです。白いたまごっちで青い線が入ってる奴。確かサキちゃんも同じのを持っていたし、私も「うわー、おやじっちになっちゃった」っていう記憶があるから、たまごっちにハマったっていうのは似てるし、わかります。

種田 また最近リバイバルしてるから、「たまごっち」と「ゾンビランドサガ」でコラボとかしてみたいですよね。

田野 あとはこの二階堂サキを演じるうえで……という話を、監督がしてくださったんですが、「田野さんは……そのままで!」って言うんですよ。私、元ヤンキーじゃないのに!(笑)まあ、キャラと合っているっていうことで嬉しいんですけどね。

田野アサミさん


――演じる時は自然体ですか?

種田 はい。声を作らずに自然体でやってください、というディレクションをいただいていたので、自由にできて楽しかったです。

こだわりの楽曲&ライブシーン演出!

――毎回、さまざまなジャンルの音楽が登場するのもポイントですよね。

田野 1話だと、ラストに「うわ~!」って歌ってますよね。あの歌も、本当にみんなでシャウトしました。さくら役の本渡楓ちゃんも、あんなに「ぎゃーーー!」って叫ぶことなんてなかっただろうし。
サキちゃんは拡声器を持って「うわ~!」って叫んでいたんですが、私も拡声器を持ってレコーディングマイクの前に立って、その拡声器から出た声を収録しています。だからキャラクターと同じことをしてるんです。そういう経験も初めてでした。

――かなりこだわってアフレコされているんですね。

田野 境宗久監督のこだわりがかなり強いので、演じる側も「やるからには本格的にやろう!」という気持ちで臨んでいます。

――キャストもそれに応えなきゃみたいな意識になりますよね。

種田 とにかく監督を笑わせたら勝ちみたいなノリです(笑)。向こうのブースが笑顔じゃないと不安になるんです。特にゾンビじゃないところの芝居のほうが大変で、逆にゾンビのシーンは楽しかったです。いつかモンスターとか人間じゃない役をやりたいと思っていたので、この作品でその夢がかないました。


――第2話なんて皆さん、生き生きと演技しているのがひしひしと伝わってきました。特にラップバトルのシーンは、本当に圧巻でした。

田野 あのレコーディングもすごく面白くて、もともと入ってる仮歌を聴いて、「こういう感じで、あとはご自分の思う感じでやってください」って言われたんです。それで試しに1回歌ってみたら、「あ、そんな感じでいってください」って(笑)。「軽っ!」みたいな話をアフレコ現場でしたら、楓ちゃんが、「え? 私、すごく細かくディレクションしてもらいました」って言うんですよ。何その差!私は放任?って(笑)。

種田 最初から完成されていたんですね。ラップ感、出てましたよ。役的にもサキちゃんが「がなれるキャラ」っていうのもあっただろうし。

田野 そうかもしれないです。アニメって、アニメーターさんが1本1本を線を描いてくださって、ちょっと動くのにもものすごい枚数の絵を描いてくださるじゃないですか。それなのに、私が歌ったラップとサキの表情が合ってるし、私がレコーディングでやったような表情も出ているし、絵が付くことでさらにラップの意味が深くなっていたように思います。私はあのラップバトルを観て、感動してしまいました。

種田 笑わせにきてると思いきや、けっこういいことも言っているんですよね。「じいちゃん、ばあちゃん!」って。

田野 「何も変わりゃしねえよ」っていう心の叫びっていうのかな? 一生懸命やってるけど、何も変わらないんじゃないのっていう心の葛藤が描かれているような気がして、かっこよかったですね。

種田 女子チームのラップはかっこよかったのに、中盤で出てきた街中のナンパ男達のラップは面白すぎでしたね。何が面白いって絵がヌルヌル動くんですよ。「こっちに来る来る!」みたいな気持ちになりました(笑)。ゾンビよりも恐かったです。あれが第2話で一番恐いシーンでした。


――語り出したら止まらない本作ですが、第3話以降の見どころを教えていただけますか?

種田 まったく型にはまっていない作品なので、アイドルなのでアイドルっぽい曲をやるよね、とはか思わないほうがいいと思います。だって第1話でデスメタル、第2話でラップですから。あんまり王道はやらないので、そこは楽しみにしていてください。

――どんな曲が登場しますか?

種田 いろんなタイプのアイドルソングがあります。普通に平成っぽいアイドルソングもあれば、80年代っぽい曲、90年代っぽい曲。あとは今風のピコピコした曲もあって、本当に多彩です。

田野 基本的には全員で歌っているので、「あ、愛ちゃんがいる!」「リリィがいる」って嬉しくなっちゃうんです。早く皆さんにもこの気持ちを感じてもらいたいですね。だから3話以降も楽しみにしてもらえたら!

種田 毎回ライブシーンもありますしね。

田野 本当に作画スタッフさんすごいよね!

種田 私たちも、毎回完成を楽しみにしつつアフレコしています。


――それでは最後に、本作を楽しみに観ているファンの皆さんへのコメントをお願いします。

田野 この先もきっと皆さんの期待をいい意味で裏切るような、ハラハラドキドキがたくさん詰まっている作品ですので、ぜひぜひテレビの前で見守ってくれたら嬉しいです!

種田 本当にひと筋縄ではいかない作品なので、どんな展開がくるのか楽しみにしていただきつつ、全国の皆さんが佐賀に興味を持っていただけたらと思います。特に佐賀出身の方は、いろんなところに小ネタが潜んでいるので、顔をゾンビフェイスのようにして見ていただけると嬉しいです。私はこの作品が決まってから佐賀県にふるさと納税をしました! これをきっかけに佐賀県を推していきたいと思います!



【放送情報】
・AbemaTV:10月4日より毎週木曜日23:30~
視聴URL:https://abema.tv/channels/abema-anime/slots/BfBumUPXwi6WQX
・AT-X:10月4日より毎週木曜23:30~
・TOKYO MX:10月4日より毎週木曜日24:00~
・サンテレビ:10月4日より毎週木曜日24:00~
・BS11:10月4日より毎週木曜日24:30~
・サガテレビ:10月5日より毎週金曜日25:25~
・TVQ九州放送:10月5日より毎週金曜日26:58~

〇リピート放送
・AbemaTV:10月5日より毎週金曜日25:30?ほか
・AT-X:10月6日より毎週土曜日15:30~
10月7日より毎週日曜日22:30~
10月10日より毎週水 曜日7:30~

画像一覧

  • 「佐賀県にふるさと納税しました!」キャストも佐賀愛に目覚めるゾンビ×アイドル×佐賀アニメ「ゾンビランドサガ」! 田野アサミ×種田梨沙ぶっちゃけインタビュー!

  • 「佐賀県にふるさと納税しました!」キャストも佐賀愛に目覚めるゾンビ×アイドル×佐賀アニメ「ゾンビランドサガ」! 田野アサミ×種田梨沙ぶっちゃけインタビュー!

  • 「佐賀県にふるさと納税しました!」キャストも佐賀愛に目覚めるゾンビ×アイドル×佐賀アニメ「ゾンビランドサガ」! 田野アサミ×種田梨沙ぶっちゃけインタビュー!

  • 「佐賀県にふるさと納税しました!」キャストも佐賀愛に目覚めるゾンビ×アイドル×佐賀アニメ「ゾンビランドサガ」! 田野アサミ×種田梨沙ぶっちゃけインタビュー!

  • 「佐賀県にふるさと納税しました!」キャストも佐賀愛に目覚めるゾンビ×アイドル×佐賀アニメ「ゾンビランドサガ」! 田野アサミ×種田梨沙ぶっちゃけインタビュー!

  • 「佐賀県にふるさと納税しました!」キャストも佐賀愛に目覚めるゾンビ×アイドル×佐賀アニメ「ゾンビランドサガ」! 田野アサミ×種田梨沙ぶっちゃけインタビュー!

  • 「佐賀県にふるさと納税しました!」キャストも佐賀愛に目覚めるゾンビ×アイドル×佐賀アニメ「ゾンビランドサガ」! 田野アサミ×種田梨沙ぶっちゃけインタビュー!

  • 「佐賀県にふるさと納税しました!」キャストも佐賀愛に目覚めるゾンビ×アイドル×佐賀アニメ「ゾンビランドサガ」! 田野アサミ×種田梨沙ぶっちゃけインタビュー!

  • 「佐賀県にふるさと納税しました!」キャストも佐賀愛に目覚めるゾンビ×アイドル×佐賀アニメ「ゾンビランドサガ」! 田野アサミ×種田梨沙ぶっちゃけインタビュー!

関連作品

ゾンビランドサガ

ゾンビランドサガ

放送日: 2018年10月4日~   制作会社: MAPPA
キャスト: 宮野真守、本渡楓、田野アサミ、種田梨沙、河瀬茉希、衣川里佳、田中美海、吉野裕行、高戸靖広
(C) ゾンビランドサガ製作委員会 (C) ZOMBIE LAND SAGA PARTNERS

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

2018 夏アニメ 2018 秋アニメ 2018 冬アニメ