【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

2018年09月25日 18:200
【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

2018年9月20~22日にかけて開催された「東京ゲームショウ2018」(TGS2018)。その最終日に、ホール11の「e-Sports X(クロス)」で開催された「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」で、日本から出場したプロゲーマーのときど選手が優勝した。


PlayStation 4などで発売中の「ストリートファイターⅤ」で競われる同大会はダブルエリネーション形式を採用しており、2ライフ制のトーナメントとなっている。なお、予選は2セット先取、決勝は3セット先取のルールで行われた。


決勝大会はネモ選手(日本)、NuckleDu選手(アメリカ)、ふ~ど選手(日本)、Oil King選手(台湾)の4名が、無敗の「ウィナーズサイド」から進出。予選で一度負けたときど選手は、trashbox選手(日本)、NL選手(韓国)、ZJZ選手(台湾)らとともに、「ルーザーズサイド」に入った。

 

 

決勝トーナメントでしのぎを削るのは、8人の猛者たち


もう負けの許されない不利な状況の中、ときど選手は、昨日プロゲーマーになったばかりというtrashbox選手を初戦にてベテランの力を見せつけて下す。続く2戦目は、ふ~ど選手に敗れてルーザーズに回ったOil King選手に苦戦し、最終セットまでもつれる。


最終セットでは1ラウンドを先に取ったOil King選手の操るラシードに、体力残りわずかの状態で画面端まで追い込まれると、ガードをされても削り倒せるクリティカルアーツを繰り出され、敗退かと思われた。しかし、その瞬間、使用キャラ・豪鬼の特殊移動技「阿修羅閃空」で抜け出し逆転。そのまま次のラウンドも取り、死闘を制した。その後、ときど選手はNuckleDu選手、ネモ選手を、自身の操る豪鬼の強みである高い火力と多彩な攻め技で圧倒し、決勝まで進んだ。

 

 

2戦目であわや敗退の危機もあったが、その後は手堅い試合運びで、ときど選手が優勝


決勝では無敗のふ~ど選手が相手で、ときど選手は2試合分の計6セットを取らないと勝利できないという厳しい状況だったが、NuckleDu選手、ネモ選手相手にも見せた激しい攻めを駆使し、ふ~ど選手が操るレインボー・ミカに攻め手を与えず、2試合ともストレート勝利で優勝を勝ち取った。

 

 

 

 

今大会の優勝賞金は500万円。長くeスポーツに関わってきたときど選手は「ようやく環境が整ってきた気がします」と話していた


表彰式で、タレントの関根勤さんに優勝盾を授与されると「最高にハッピーです。こんな大観衆の中、自分でも納得のいくプレイができました」「この業界を背負えるくらいの器になりたい」と笑顔。今回の大会で一番追い詰められたOil King選手に、体力ほぼゼロの状態でクリティカルアーツを繰り出されたときの心境を聞かれると「あれはね、(豪鬼に)やっちゃいけないんですよ」と、抜け技があるので冷静に対処したと明かした。

 

 

ゲスト出演した、ゴールデンボンバーの歌広場淳さん(右)は、同ゲームのプレイヤーということでゲームに関する博識な知識で、また、格闘技好きの関根勤さん(中央)は、格闘家に負けない選手のハートの強さを賞賛し、会場を盛り上げた。左はMCとして登壇した椿彩奈さん


「CAPCOM Pro Tour」は、世界中で1年を通じて開催される大会群の総称で、賞金総額は60万ドル(約7000万円)。年末に行われる最終戦「CAPCOM CUP 2018」へは、各大会で上位に入賞することで獲得できるグローバルポイントの上位30人が出場権を得られる仕組みだ。

 

 

発売から約4年、ついにアーケードでの稼動が発表された!


なお会場では、「ストリートファイターⅤ」のプロデューサー・小野義徳氏から、同作のアーケード稼動が発表された。10月5日から早くも全国でロケテストが実施されるほか、筐体にはUSBポートも付いており、自分の使い慣れたアーケードスティックやパッドを持ち込んで使用することも可能だそう。

 

(斎藤雅道)

画像一覧

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

  • 【TGS2018】「CAPCOM Pro Tourジャパンプレミア」レポート。激闘を制したのは日本のときど選手

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

関連記事