「フルメタル・パニック! Invisible Victory」第4話感想:アーバレスト大破

アキバ総研 | 2018年05月11日 10:00
「フルメタル・パニック! Invisible Victory」第4話感想:アーバレスト大破

アーバレストが木っ端微塵に! そんなことになってしまったのが第4話。

前回、千鳥かなめと相良宗介2人のクラスメイトである常盤恭子が、アマルガムにつかまり人質になってしまったわけですが、そんな常盤を救出するべく2人は動き出します。そして舞台は2人が通う陣代高校に。アーバレストの力や、千鳥を護衛するもうひとりのミスリルの諜報員・レイスの手助けもあって、敵のクラマから常盤を救出することに成功した相良ですが、そこに新型の黒いアーム・スレイブ(AS)が現れます。搭乗者はなんと第1話で登場したレナード。

ここからの展開がスゴかった。第4話の見どころは、この黒いAS「ベリアル」とアーバレストの一騎打ち。

輸送機から降下してあっという間にアーバレストの背後を取るベリアル。次のシーンではアーバレストの腕部が破壊されます。その動きは、とても巨大な人型兵器とは思えないもの。これだけでアーバレストやM9を圧倒しているのがよくわかります。この動きを見ていると、ASごとにモーションが若干違うような気がします。今回の絵コンテは京田知己さん(エウレカセブンなど)のようで、ベリアルの戦闘シーンのCGカット全般はフリーの笹原正揮さんが担当されたそうです。いやー、これまでで一番カッコいいASの戦闘シーンでした。


ベリアルの前になすすべなく大破したアーバレスト。そのコクピットから降りるときに相良が伝えた言葉が印象的でした。そんな絶体絶命の相良を助けるために、千鳥がレナードの元に向かいます。自分を好きにしていいから、相良を助けてほしいとお願いします。千鳥のヒロイン力が突き抜けた瞬間です(これまでの千鳥とはホントあらゆる意味で違う)。それを見ていることしかできない相良。もう見ていられてません。しかも、同級生にはいろいろとバレてしまい、救出した常盤にも大ケガを負わせてしまう。一瞬のうちにどん底に落ちた相良の運命はいかに。

これでようやく前置きが終わった感じです。次回はどんな展開が待っているのか。ストーリーが大きく動き出しそうな予感がします。

(編集部・新人1号)


【第4話「オン・マイ・オウン」】
敵アマルガムがメリダ島に上陸。いよいよ白兵戦に突入したテッサたちミスリルのメンバーは、デ・ダナンで脱出を試みる。いっぽうで常盤恭子を人質に取られた宗介とかなめは、恭子を助け出すため、クラマと取引をする。


(C)賀東招二・四季童子/KADOKAWA/FMP!4

画像一覧

  • 「フルメタル・パニック! Invisible Victory」第4話感想:アーバレスト大破

関連作品

フルメタル・パニック! Invisible Victory

フルメタル・パニック! Invisible Victory

放送日: 2018年4月13日~   制作会社: ジーベック
キャスト: 関智一、ゆきのさつき、木村郁絵、森川智之、夏樹リオ、ゆかな、三木眞一郎、根谷美智子、大塚明夫、西村知道、浪川大輔、山路和弘、杉田智和、てらそままさき、井上麻里奈、内田彩、茅原実里、津田健次郎、玄田哲章、速水奨、山口勝平、遠藤大智、斉藤次郎、代永翼、櫻井トオル
(C) 賀東招二・四季童子/KADOKAWA/FMP!4

関連シリーズ

「GODZILLA 決戦機動増殖都市」キャンペーン ウワサの音楽フォーマット「MQA」でアニソンを聴いてみた! 第4回 2018 夏アニメ 2018 春アニメ 2018 秋アニメ