鈴木みのりの2ndシングルは、豪華ダブルタイアップによる両A面!

アキバ総研 | 2018年05月09日 12:00
鈴木みのりの2ndシングルは、豪華ダブルタイアップによる両A面!

TVアニメ「あまんちゅ!~あどばんす~」のオープニングテーマ「Crosswalk」と、「カードキャプターさくら クリアカード編」の新エンディングテーマ「リワインド」。現在オンエア中のTVアニメでは、“みのりんご”こと鈴木みのりの楽曲が2曲も、主題歌として使われている。そしてGW明けには、その2曲を収録した2ndシングルが、いよいよリリース。ソロアーティストとして、どんどん成長していくみのりんごに、話を聞いた!

あこがれのお2人にいただいた曲を、私がしっかり伝えていこうと思いました


── 今回のシングルは、TVアニメのダブルタイアップという強力盤ですね。先に歌うことが決まったのは、どちらの作品だったんですか?

鈴木 「あまんちゅ!~あどばんす~」です。去年(2017年)の夏くらいに、歌うことになりましたと伝えられました。アニメの収録も早い時期から始まっていたので、みなさんのお芝居を見学させていただいてから、レコーディングに臨みました。

── 第1話には、鈴木さんも出演されてましたよね。

鈴木 収録したのはかなり前なので、オンエアを見るのはちょっと恥ずかしかったです。

── もちろん、オープニングテーマの「Crosswalk」も、第1話から流れていました。

鈴木 すごくきれいなオープニング映像だったので、うれしくなりました。ぴかり役の鈴木絵理さんが、「タイトルクレジットが出るタイミングが絶妙!」とおっしゃっていたんですがその通りで、これから物語が始まるという感じが、すごく出ていたと思います。それに、てことぴかりの何気ない日常が描かれていて、楽曲とリンクしていたのもうれしかったです。

── 「Crosswalk」は坂本真綾さんの作詞、北川勝利さんの作曲・編曲による曲で、さらにストリングスアレンジを河野伸さんが手がけています。この曲の第一印象はいかがでしたか?

鈴木 最初に北川さんが作ってくださったメロディだけを聴かせていただきました。温かい曲なのにどこか切なくて、思わず涙がこぼれてしまいました。その後に真綾さんの詞が上がってきて、今度は号泣でした(笑)。

── 思いが溢れて?(笑)

鈴木 歌詞には、てことぴかりがお互いを思い合う気持ちが描かれていると感じました。それに新しい挑戦もテーマになっていて、愛知の実家を出て1人で東京に来た自分自身とも重ね合わせることができたんです。それで、泣けてしまいました。

── 坂本さんの印象的な歌詞と、北川さんのやさしいメロディが、見事にマッチした曲ですよね。

鈴木 真綾さんも北川さんも、デビューする前から大好きなアーティストさんで、お2人と一緒にお仕事するというのはひとつの夢でした。ワルキューレでそれがかなったんですけど、まさかソロでも、とうれしかったです。でも、あるとき、北川さんに「うれしい気持ちはわかるけど、そこから自分がどうしていくかが大事だよね」と、言葉をかけていただいて。喜んでばかりいるのではなく、お2人にいただいた曲をしっかり、「あまんちゅ!」のファンのみなさんに届ける責任が私にはある、と身が引き締まりました。

── 坂本さんとは、何かやり取りがあったんですか?

鈴木 3月31日のライブにお伺いして、終演後に少しお話しさせていただきました。たくさんの関係者がいる場所だったので、長くお話しできないなと思って、手紙を書いていったんです。真綾さんがなかったら、私もこの場所にはいないなって思うくらい、私にとっては大きな存在で、うれしいときもつらいときも真綾さんの曲がずっと私のそばにあったんです。そんな方から歌詞をいただいたので、「私はこういう気持ちで歌います」という思いをお伝えしたくて。手紙に書いたことが嘘にならないように、「Crosswalk」を歌っていきたいと思っています。

── 坂本さんは、作詞家としてもすばらしいと思います。

鈴木 真綾さんの歌詞は言葉をオブラートに包んでなくて、ダイレクトに心に響いてくるところが好きなんです。どの曲も、歌詞を見た瞬間に「ああ、そうだなあ」って共感できて、泣いちゃったりうれしくなったりします。

── 「Crosswalk」の歌詞について、鈴木さんはどう解釈しましたか?

鈴木 ディレクターさんを通してですが、真綾さんは、てことぴかりの会話を意識して作詞されたということをお聞きしました。特に印象に残っているのは、2番のAメロの「私にはないものばかり持っていて 羨ましいときもある」というところで、ここは、てこの気持ちだなって思いました。私も親しい人にそう感じてしまうことがあるので、すごく共感できた部分です。また、Dメロの「海のあるこの街が好き」という部分は、てことぴかり、2人の気持ちなのかなと思いました。

── Dメロはすごく印象的で、それまで2人の内面を描写していた歌詞が一気に俯瞰になって、街の景色が浮かび上がってくるんですよね。

鈴木 私も大好きなところで、本当にきれいな歌詞だなって思いました。

── レコーディングはいかがでしたか?

鈴木 北川さんが来てくださって、ディレクターさんと一緒に指示出しをしてくださいました。レコーディングでも意識したのは、「会話」ですね。北川さんからも、「もっと話をしているように、自然に歌って」というディレクションがありました。それから、サビは特になんですけど、幸せの中にあるちょっとした切なさを出したいなと思って歌いました。

── 「Crosswalk」は、2コーラス分のMusic VideoがYouTubeで公開されています。すごく爽やかな映像になっていますよね。

鈴木 伊東市と伊豆急行さんのご協力を得て、いいMVにすることができました。テーマは伊東市の日常です。観光名所を巡るのではなく、普通の住宅街にお邪魔して、撮影させていただきました。ロケをしていると、住人の方が「ここもいいけど、あっちももっといい場所があるよ」って教えてくださったりして、みなさん本当に温かいんです。監督は、前作「FEELING AROUND」と同じ東海広宜さんで、伊東の街並みを歩きながら、たくさんお話しできたのも楽しかったです。


── 伊東市のいろいろな風景が映っていますよね。

鈴木 朝から晩までかけて、たくさん撮影してきました。本当は温泉にお泊まりしたかったんですけど、残念ながら日帰りでした(笑)。

画像一覧

  • 鈴木みのりの2ndシングルは、豪華ダブルタイアップによる両A面!

関連作品

あまんちゅ!~あどばんす~

あまんちゅ!~あどばんす~

放送日: 2018年4月7日~   制作会社: J.C.STAFF
キャスト: 鈴木絵理、茅野愛衣、大西沙織、梅原裕一郎、伊藤静、久保ユリカ、井上喜久子、山本亜衣、加隈亜衣、洲崎綾
(C) 2018 天野こずえ/マッグガーデン・夢ヶ丘高校ダイビング部

カードキャプターさくら クリアカード編

カードキャプターさくら クリアカード編

放送日: 2018年1月7日~2018年6月10日   制作会社: マッドハウス
キャスト: 丹下桜、久川綾、岩男潤子、くまいもとこ、鈴木みのり、花江夏樹、田中秀幸、関智一、緒方恵美、佐々木望、篠原恵美、冬馬由美、柚木涼香、宮崎一成、松本美和、本井えみ
(C) CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD./講談社 (C) CLAMP・ST・講談社/NHK・NEP

2018 夏アニメ 2018 春アニメ 2018 秋アニメ