GARNiDELiAらしさとは何か。4年間の集大成と現在の音をパッケージ 3rdアルバム「G.R.N.D.」インタビュー

2018年03月27日 12:000
GARNiDELiAらしさとは何か。4年間の集大成と現在の音をパッケージ 3rdアルバム「G.R.N.D.」インタビュー

「魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女」や、「Fate/Apocrypha」など、数々のアニメ主題歌を手がけ、さらに描き下ろし曲「踊っちゃってみた」シリーズで数千万単位の再生回数を誇るなど、海外からも爆発的な人気を誇るGARNiDELiAが3rdフルアルバム「G.R.N.D.」をリリース。今回のアルバムはみずからのユニットの名前から取ったタイトルをつけるほど彼女らにとって重要な1枚となった。その内容はシングルの経験を生かしつつ最新の音作りを模索し、自分たちのルーツに立ち返り、ファンとの関係性を歌う充実の仕上がりとなった。それぞれに込められた思いとこだわりをたっぷりと伺った。


── 前作から1年3か月のスパンでリリースされる3rdフルアルバム「G.R.N.D.」ですが、この間はシングル4枚、踊っちゃってみた3曲、その他国内外のライブが数多く詰め込まれていて、そんななか新曲が6曲も収録されていることにまず驚かされました。ストックなどがあったのか、制作のようすをお聴かせください。

メイリア 今までで一番キツイいスケジュールでしたね(笑)。6曲とも「Error」のシングル(2018年1月リリースの9thシングル)の後に取りかかったので、作り貯めていた曲は一切なく、すべて書き下ろしです。

toku 年末から作り出してほぼノンストップですね。「Error」では機材を含め、今まで自分がやりたかったことを時間かけて作って、僕がトラックダウンまで手がけた曲だったので、そこでの経験をアルバムに落とし込みたいという思いが強くありました。なので、ストック曲ではなくこのアルバム用に作った曲を収録したいなと。

メイリア アルバム制作に使えた期間は実質1か月ぐらいですね。イベントなどで、ほぼほぼ毎日動いているので、移動時間がミーティングになっているんです(笑)。待ち時間も歌詞を書いていたりとか、「ちょっとデモができたんで聴いてみて」って感じで、横から渡されたりと、時間の隙間を縫って作っていました。

── アルバムタイトルでありリードトラックでもある「G.R.N.D.」。ユニットご自身の名前を付けるところからして大きな意味が込められていると思いますが、いかがでしょうか?

メイリア かなり大きなものだと思っています。自分たちの名前を使ったタイトルのアルバムは、いつか出したいとは話していたんです。この間の4枚のシングルはジャケットも含め、振り幅が大きいものになっていて、皆さんにいろんな顔をお見せしてきていたので、改めて「私たちとは」ということについて考えを巡らすタイミングが今でした。それと、この3月で私たちはちょうど結成4周年を迎え、ここから5年目過ごすにあたり名刺代わりの1枚を作って、私たち2人が出会う前やデビューする前の活動、自分たちのルーツになっている音楽みたいなものを入れられるアルバムにしたいなと思って、自分たちの名前をつけたタイトルにしています。

── 活動が大忙しで回っている中、ご自身のルーツを見つめ直した曲を作るというのはどんな経験でしたか?

メイリア 回っている最中だったからこそ、一度原点に帰りたいと思っていたところがあって、自分が本当にやりたいことに戻ってきたみたいな感じです。シングルなどでいろんなカラーを出せてきたなかで、「Error」は、ビジュアル面も含めて「GARNiDELiAっていうのはこういうことだよね」と自分たちのやりたいことと見られ方が一致して、すごく納得できたシングルだったので、それを受けて迷いなく「自分たちって、これでいいんだよね」という思いで「G.R.N.D.」 の制作にあたることができたのかな思っています。

── お話を聞くとつくづく「Error」のシングルは大きな1枚になったことがわかります。ではリードトラックの「G.R.N.D.」についてお話を聞かせてください。

メイリア これは自分たちのテーマソングを作ろうと思って作りました。今までの歌詞で使ってきたフレーズやタイトルを入れたり、私が常に思っていることを書いたりして、クレジットを見なくても誰の曲かわかるような歌詞であることを心がけました。あと、ライブで絶対盛り上がるようにしたかったんですよね。うちらとみんなのテーマソングなので。

toku 「G.R.N.D.」の曲作りに関してはテンポ感のアイデアもメイリアからもらって作った感じですね。「Error」とか「踊っちゃってみた」のシリーズのラインの間で、それでいてみんなで盛り上がれるみたいな。かけ声だったりとかクラップの連打はマストだったり。

── 「盛り上げる曲作り」のポイントはどんなところにありますか?

toku この曲というか、ダンスミュージックやループのすべてに言えることですが、繰り返しですね。手拍子にしてもかけ声にしても、わかりやすい繰り返しを作ると、2度目3度目で自然とそれに合わせて動いたりできます。あのエッセンスとこのエッセンスを連打してクレッシェンドしていくと、おのずと次は立ち上がって行く、みたいな。ただ、一番大きい要素は声のテンションだと思います。楽器のテンションは同じなのにメイリアの声と歌がループミュージックに乗っかってAメロBメロ、そしてサビとだんだん上がっていくと、段々と中毒性が出てくる。そういうふうに、歌が引っ張ってくれる曲という意味では、メイリアが歌う前提で書いた感じですね。

── メイリアさんは声のテンションを上げていくうえではどんなところを意識されましたか?

メイリア 意識したことはあまりなかったと思います。

toku そこに到達するまでの音符の譜面上の上がり方をサラッとこなしてしまうので。

メイリア 私は歌詞も自分で書いているので、その段階で自分でどういう風に歌うのかを思い浮かべていて、テンションの上がり下がりみたいなものは歌詞を書いている段階でもう終わっているんです。自分で流れを作っているから歌詞の中にセットリストがあるみたいな感じだから、レコーディングをする時はすんなり行けるのかなと。それにこの曲は視覚と聴覚で楽しんでもらいたいと思っていて、最初からダンスを付ける考えがありました。ダンスも自分に根付いている要素ですので、その楽しさをみんなに伝えたいなと。今まであまりダンスミュージックに触れてこなかった人たちも私たちがきっかけで踊ってみたいと思ってくれる人が増えたらうれしいです。


── MVのダンスはメイリアさんのほうからダンサーや振付師の方にイメージをお伝えして?

メイリア そうですね。いつも詞を汲んで作っていただいています。あと、わかりやすく派手でカッコいいものをとお願いしました。これはエンターテインメントとしてカッコいいものを見せるというコンセプトです。

画像一覧

  • GARNiDELiAらしさとは何か。4年間の集大成と現在の音をパッケージ 3rdアルバム「G.R.N.D.」インタビュー

関連作品

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女

上映開始日: 2017年6月17日   制作会社: エイトビット
キャスト: 中村悠一、早見沙織、内山夕実、寺島拓篤、佐藤聡美、田丸篤志、雨宮天、巽悠衣子、花澤香菜、井上麻里奈、諏訪部順一、日笠陽子、小原好美
(C) 2016 佐島 勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/劇場版魔法科高校製作委員会

Fate/Apocrypha

Fate/Apocrypha

放送日: 2017年7月1日~2017年12月30日   制作会社: A-1 Pictures
キャスト: 花江夏樹、坂本真綾、内山昂輝、沢城みゆき、早見沙織、遊佐浩二、古川慎、稲田徹、鶴岡聡、真堂圭、諏訪部順一、武内駿輔、置鮎龍太郎、大久保瑠美、宮本充、野中藍、丹下桜、乃村健次、檜山修之、赤﨑千夏、小林裕介、大川透、石上静香、加藤英美里、中原麻衣
(C) 東出祐一郎・TYPE-MOON / FAPC

アニメガタリズ

アニメガタリズ

放送日: 2017年10月8日~2017年12月24日   制作会社: ワオワールド
キャスト: 本渡楓、千本木彩花、東城日沙子、寺島惇太、伊藤節生、伊波杏樹、高橋李依、西明日香、高森奈津美、高木美佑、花澤香菜、古川慎、丸山ナオミ
(C) DMM.futureworks/JY Animation・咲鐘湖学園アニメ研究部

BEATLESS

BEATLESS

放送日: 2018年1月12日~   制作会社: ディオメディア
キャスト: 吉永拓斗、東山奈央、冨岡美沙子、五十嵐裕美、下地紫野、雨宮天
(C) 2018 長谷敏司・redjuice・monochrom/KADOKAWA/BEATLESS製作委員会

ログイン/会員登録をしてこのニュースにコメントしよう!

2018 夏アニメ 2018 秋アニメ 2018 冬アニメ